*

目立てへんけど、すごいヤツ

公開日: : 焙煎アーティスト

昨日の井上尚弥選手のボクシングの試合、観ました?
すごかったですね、テレビの前で何度も身震いしました。

 

さすがバンダム級の頂上決戦、高度な技術と技術がぶつかりあい、そして技術だけでなく精神と精神のぶつかりあい、ドキドキしながらずっと観てました。

 

浅いラウンドで井上選手は目の上を、ドネアのパンチでカットしてしまいました。
あの1発で雰囲気がガラッと変わってしまい、その後流れがあっちいったりこっちいったり。

 

言いたいことは山ほどあるのですが(格闘技をやっていましたので 笑)、これ以上書くとマニアックになるので、本題にいきます。

 

そのカットした井上尚弥選手を見ていて。

 

セコンドにはカットマンがいる

 

ボクシングのセコンドにはカットマンと言われる人がいます。
カットマンは、今回のように流血したときにワセリンなどで止血する処置を施す人、なのですが、井上尚弥選手のセコンドのカットマンは、たぶんすごい腕のいい人なんだと思うのです。

 

ボクシングにはラウンドとラウンドの間に1分間のインターバルがあるのですが、カットマンはその間にその流血を止めるための処置をするのです。

 

流血がひどいとドクターストップで試合が終わってしまいます、仮に続行していても、流血している方はかなり不利な状況になっていきます、精神的にも。

 

それを食い止めるのがカットマンの役目ですが、今回見ていると、次のラウンドに進む時にはピタッと止めてました、井上尚弥選手の傷から流れる血を。

 

このカットマンすげなぁ、と見ていたのです。
井上尚弥選手の選手としての素晴らしさも当然ですが、試合に勝つというのは、こうした縁の下の力持ち、のような素晴らしい存在もあってこそ。
僕は毎回、インターバルは井上尚弥選手のセコンドのカットマンに目を奪われていました。

 

僕自身の目指すところ

 

僕自身も目立たないけど、僕は目立たなくていいのです、そうしたスペシャリストでありたいと思ってます。

 

それはお客さんのちょっとしあわせになるような生活を演出できる、目立たないスペシャリスト。
もちろんコーヒーのです。

 

そうした日々のちょっとしたお客さんのしあわせを支える、縁の下の力持ちとして。

 

それを改めて目指そうと、井上尚弥選手のセコンドのカットマンを見て思ったことはそんなことでした。

 

いや、ほんとう、素晴らしい試合でした!

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

最初から良いものを使うと 後でちょっと苦労した

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は2009年から3年半の間 障

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

コーヒーの苦味には2種類あって、焦げた苦味も存在する

プロローグ ブリュレのキャラメリゼ つまり焦がしアメですね、これを作っている時にふとコーヒーに置き

記事を読む

モノも人も大事な事は「聞く」こと

プロローグ 最近、ツイッターをめちゃめちゃ楽しんでいます。 文字数が140字と決まってい

記事を読む

技術がモノになるとき

島珈琲高槻店は、2012年11月21日にオープン。 高槻店にも新調した焙煎機を設置。  

記事を読む

コーヒーの未来はどうなる!?これからのコーヒーのこと

プロローグ 最近、お客様とこれからのコーヒーついてのお話をすることが多い僕です。 こんにちは 焙

記事を読む

そもそもコーヒー豆の焙煎とはなんなのか?

昨日は久しぶりの休日を頂きまして 気力体力ともに回復してきました   娘とも

記事を読む

教えることで気づく 気づきのパワー

カミさんの風邪が、おかげさまでほぼ回復しました。 おかげさまでって、いい言葉だなぁって思うのです。

記事を読む

最初はモノマネ そしてオリジナルティを完成させていく

僕がこうしてブログを書くのは、実は書くのが好きだから。 半分仕事で、半分趣味です。   も

記事を読む

エキサイト!ボクシングでマンデリンの味わいを表現する

セコナウト セコナウト (セコンドアウト セコンドアウト) ラウンード・エイト。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒー豆・粉を保存する時に注意すること

昨晩は友達と忘年会。 実は僕、牡蠣が食べられないのです、が、今回は牡蠣

まずはウェブから!価格を内税表示にします

最近、娘が将棋にハマっています。 昨晩も一局指しました。  

教えるとは教えられること

昨日は高槻芥川町にある食のセレクトショップ&カフェ テマヒマさんで、ワ

やっぱり質問が多いのはコーヒー豆、粉の保存方法

店頭で販売する楽しさは、お客さんと会話すること。 だいたい天気や気候の

ミルの相談も喜んで!

こう見えて岡町本店、行列が出来たりするお店なんです。 というのも、お店

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑