*

怒という感情をできるだけ捨てる

本日、1月6日は僕自身のお休み。
昨年の12月23日の休みを最後に、ずっと休みなしで昨日まで。

 

沢山のお客さんがご来店、ほんとうに感謝です。
今日は娘にお正月らしいことをしてあげようと思ってます。

 

不思議に疲れはあまりなく、達成感と満足感に満ち、今日をしっかり遊んだら、また明日からやるぞーいという気持ちです。

 

連勤になると注意していることが、疲れからイライラそして怒の感情が敏感に触発されてしまうので、それをなんとか自分の心の中で処理すること、をこの期間は特に意識して考えていました。

 

 

恕を捨てる

 

叱ると怒るは違います。
叱るのは相手の為を思ってこと、怒るとは感情のままに表すこと、僕はそう解釈しています。

 

ですので、しつけのために娘を叱る、というのは怒るとはまた別のモノ。
叱ると怒るを混同させないように、意識しています。

 

人は疲れてくるとつまらないことで、イライラしてしまいます。
僕もそうです。

 

高槻店の場合、カミさんと二人でしていているので、疲れている時に発生するイライラの矛先がカミさんに向いてしまうこともあったり、ごめんなさい。

 

でもお店をしている二人が険悪であれば、その雰囲気をお客さんが察し、雰囲気の悪いお店と判断されお客さんが寄り付かない、悪い循環が起こります。

 

なので、カミさんとのいい関係を保つためにも、お客さんのためにも、島珈琲のためにもイライラしない怒らない、というのを意識するために、こういう考えを持ちました。

 

矛先を自分に向ける

 

例えばカミさんと比べ、僕の方がコーヒーの事、接客業の事、キャリアが長いのでその分野に関しては、よく見えるわけです。
こういう時こうしたらいい、とかいろいろ頭に入っているわけです。

 

でも、そうならない時あるじゃないですか、そういう時「なんでそうするねん」と言う必要がないことなら、やって欲しいことを言わない自分が悪いんじゃないか、と自分に矛先を向け、そやなと自分を納得させて終わるわけです。

 

例えば車に乗っていて、前から学生の自転車が道路で3台並列になり、運転してくるとします。
まぁすれ違うギリギリに縦列になるのですが、危ないなぁと怒るのではなく、この道が狭いからあかんねん、と矛先を違う方にもっていって、そやな、と納得するわけです。笑

 

将棋の羽生名人でも、勝負に一番いらない感情は「怒」と言っていることに共感、僕の過去からも、この感情からはいい結果を生みだすことはありませんでした。

 

これからも、今回のように出来る限りこの「怒」と言う感情を捨てれるように努力したい、とこの期間にできた自分を自分でちょっと褒めている僕です。笑

 

ということで、今日はゆっくり羽をのばしてきますね。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

最初から良いものを使うと 後でちょっと苦労した

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は2009年から3年半の間 障

記事を読む

お風呂でブログを書く意味を考えた

今朝は5時に起床して 自転車で高槻店まで通勤 朝の風は心地よく まさに「三文の得」を得た気分に なり

記事を読む

決戦は金曜日

 新しい物件の情報を頂きまして 今週の金曜日に物件の中を見せて 頂く予定になっております

記事を読む

商売に必要なもの それは「カラ元気」ではないだろうか

こんにちは! 唐揚げ大好き 焙煎アーティスト 島規之です 子供みたいでしょ 笑  

記事を読む

もっこす

  「頑固一徹で正義感が強く反骨精神が強い」人を熊本では 「もっこす」というらしい 先日 

記事を読む

実はスキがあった 僕がスキだらけだから 焙煎機にスキが見つかった

プロローグ 人は完璧よりもスキがあったほうが取っつきやすい 確かに僕もそう思いますし 自分を客観的

記事を読む

心技一体

確かこの言葉を見たのは、日本拳法で、だったお記憶してます。 日本拳法とは拳法で、大阪は吹田が発祥の地

記事を読む

楽しそうにしてるヤツ

昨晩は家族でゲーム大会。 小学生1年生の娘が、今、夢中なものはスーパーマリオオデッセイ、ニンテンドー

記事を読む

島珈琲の野望Ⅱ

プロローグ 以前にもこんなタイトルの記事を書いたので、今回はⅡになります。笑 こんにちは 焙煎ア

記事を読む

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見たい映画を姉とかわりばんこで観て

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑