*

焙煎する時間は1回どれくらいかかるんですか?

公開日: : coffee, 焙煎アーティスト

高槻店では営業中に焙煎をしていることは滅多にないのですが、岡町本店では午前中、朝10時を越して長いと11時くらいまで焙煎機を回しながら、営業している時が時折あります。

 

お客さんが焙煎している様子を見ることはあまりなく、珍しいので、皆さん興味深く見ておられること多いです。

 

豆が色づいていく様子、どんどんとコーヒーブラウンになって行く様子、見入っている方もしばしばです。

 

皆さん一様に言われることは、香りがいいですねーと。
ですが、ずっとその場所に居ると、ニオイがわからなくなるのですね、もったいない。
それを嗅覚疲労と言うのですが、だけど服には染み付いていて家に帰ると、焼き物の香ばしい香りが服からふわっと。

 

しあわせな気分になります。
そして、もうひとつよく聞かれることが、焙煎ってどれくらい時間かけているんですか?ということで、今回はそれについて書いていきます。

 

 

約15分間ほど熱に焙られて魂を吹き込まれます。

 

焙煎士さん、焙煎する人によって、いろんな考えがありますのでこれが正しいというわけではありませんが、僕は15分以内を目指して焙煎します。

 

熱量の調節と風量の調節、豆を投入する温度などなど、豆を焦がさないように、生焼けにならないように、芯までしっかり火を入れて、そして美味しく焼ける、その調節する全ての良いところの点を線でつながるようにして、美味しいコーヒー豆を焼き上げます。

 

もちろん焙煎する量によって、時間は前後しますが、15分以内を目指して焙煎をします。
15分以内であればいいのか、というとそうではなく、焙煎する量によってまちまちですが、一応10分以上15分以内の範囲で、ガス(熱量)や風を調節して、その時間内に終わるように調整しています。

 

お米をふんわりしっかり炊くときのようなイメージを持って

 

そんな感じに似てますね、イメージとして。
お米も炊いている間は、味見して、よしいいぞ、なんて言えないしできないじゃないですか。

 

コーヒー豆も一緒で、焙煎中はあくまでもイメージしかできません。
出来上がってから、粉にしてドリップして味見して、それから今回の焙煎はこうしたらよかったかな、というのが見えるのですね。

 

だから自分の中で蓄積したデータを基に、こうしたらこんな味に、こんな香りの出具合に、とかできる味わいをイメージして、熱量や風量を調節して焙煎を進めます。

 

時間も一つの物差しですが、いろんな物差しをもって、自分の美味しいを作り上げていくのですね。

 

焙煎機には温度計がついてますので、温度計と時間を見て、温度上昇と時間に大幅なズレはないかとか確認して、いつもの美味しいを再現しております。

 

ということで、僕は焙煎には15分以内というのをひとつ物差しにしております。
焙煎の後、コーヒー豆を冷却するのに3分~5分くらいかかるので、ワンクール20分くらい。

 

これを焙煎する銘柄の分だけ、繰り返す感じです。
今朝は7バッチでした。(焙煎は何回ではなく何バッチと言います)

 

ということで、年末も焙煎頑張ります!
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

島珈琲のホウシン

日本語って面白いなぁって思います。 ブログのタイトルを考えていて、やっぱりタイトルで読み手の人におぉ

記事を読む

お店によってコーヒーの味わいの違いがあるのは、焙煎機のせいでもあるのです

プロローグ コーヒーの味わいが違うのは、コーヒー豆の違いでブラジルとかコロンビアとかもありますが、

記事を読む

よく書いてある「アラビカ100%」ってどういう意味なの?

先日のお休みに娘がトイザらスに行きたいというので、車に乗って行ってきました。 何を買うと言う目的はな

記事を読む

イチバーン簡単なコーヒー器具、淹れ方はこれ

さて、あの芸能人 短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修 TANPANCOFFEEがいよいよ発送されました。

記事を読む

知ってますか?スペシャルティコーヒー

プロローグ 昨日 嫁さんと話していました 僕が晩ご飯を食べているときに たいてい9時からのニュー

記事を読む

ほんのわずかな差

最近、ふっと考えることは、親父何してるかなぁと。 脳梗塞で倒れ、入院してリハビリ中の父。  

記事を読む

焙煎機 焙煎人

コーヒー屋をやっているのは コーヒーの焙煎が楽しいから他ならない 仕事であり 楽しみであり 喜びであ

記事を読む

ブレンド桜ふぶき ネット販売開始です!

昨日はお休み。 家族で伊丹にあるプラネタリウムへ行き、その近所にある伊丹空港の展望台で、飛行機の離発

記事を読む

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。 こちらのカフェは2009年に

記事を読む

コーヒー豆を挽いてから、何日までに飲んだらいいの?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回も保存方法や鮮度の話を書きたいと思います。 コーヒーのたてか

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
数値通りではない

本日は月曜日で僕のお休みですが、早朝より岡町本店にてコーヒーシロップ無

口に長く残る甘い余韻

本日、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て朝に焙煎を終え、

続・情報収集

コーヒー生豆は麻袋に入って、海を渡ってきます。 最近では、全てではない

コーヒーメーカーではペーパーフィルターを使い分けてます

今日から7月、ですが7月とは思えぬ暑さとなっております。 いろんな方の

為替の行方

お店の掃除を終え、レジ締めなど一通りの閉店作業が済んだら、バイクで帰路

→もっと見る

PAGE TOP ↑