*

焙煎する時間は1回どれくらいかかるんですか?

公開日: : coffee, 焙煎アーティスト

高槻店では営業中に焙煎をしていることは滅多にないのですが、岡町本店では午前中、朝10時を越して長いと11時くらいまで焙煎機を回しながら、営業している時が時折あります。

 

お客さんが焙煎している様子を見ることはあまりなく、珍しいので、皆さん興味深く見ておられること多いです。

 

豆が色づいていく様子、どんどんとコーヒーブラウンになって行く様子、見入っている方もしばしばです。

 

皆さん一様に言われることは、香りがいいですねーと。
ですが、ずっとその場所に居ると、ニオイがわからなくなるのですね、もったいない。
それを嗅覚疲労と言うのですが、だけど服には染み付いていて家に帰ると、焼き物の香ばしい香りが服からふわっと。

 

しあわせな気分になります。
そして、もうひとつよく聞かれることが、焙煎ってどれくらい時間かけているんですか?ということで、今回はそれについて書いていきます。

 

 

約15分間ほど熱に焙られて魂を吹き込まれます。

 

焙煎士さん、焙煎する人によって、いろんな考えがありますのでこれが正しいというわけではありませんが、僕は15分以内を目指して焙煎します。

 

熱量の調節と風量の調節、豆を投入する温度などなど、豆を焦がさないように、生焼けにならないように、芯までしっかり火を入れて、そして美味しく焼ける、その調節する全ての良いところの点を線でつながるようにして、美味しいコーヒー豆を焼き上げます。

 

もちろん焙煎する量によって、時間は前後しますが、15分以内を目指して焙煎をします。
15分以内であればいいのか、というとそうではなく、焙煎する量によってまちまちですが、一応10分以上15分以内の範囲で、ガス(熱量)や風を調節して、その時間内に終わるように調整しています。

 

お米をふんわりしっかり炊くときのようなイメージを持って

 

そんな感じに似てますね、イメージとして。
お米も炊いている間は、味見して、よしいいぞ、なんて言えないしできないじゃないですか。

 

コーヒー豆も一緒で、焙煎中はあくまでもイメージしかできません。
出来上がってから、粉にしてドリップして味見して、それから今回の焙煎はこうしたらよかったかな、というのが見えるのですね。

 

だから自分の中で蓄積したデータを基に、こうしたらこんな味に、こんな香りの出具合に、とかできる味わいをイメージして、熱量や風量を調節して焙煎を進めます。

 

時間も一つの物差しですが、いろんな物差しをもって、自分の美味しいを作り上げていくのですね。

 

焙煎機には温度計がついてますので、温度計と時間を見て、温度上昇と時間に大幅なズレはないかとか確認して、いつもの美味しいを再現しております。

 

ということで、僕は焙煎には15分以内というのをひとつ物差しにしております。
焙煎の後、コーヒー豆を冷却するのに3分~5分くらいかかるので、ワンクール20分くらい。

 

これを焙煎する銘柄の分だけ、繰り返す感じです。
今朝は7バッチでした。(焙煎は何回ではなく何バッチと言います)

 

ということで、年末も焙煎頑張ります!
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの99%は水なんです、というお話

昨日は箕面スパーガーデンに行って来ました。 奥さんのお母さんに、ゆっくりしてもらおうという企画。

記事を読む

コーヒー器具は銅製が良いの?

次の休みはもう3月になるんだなぁなんて思ったり。 次の休みはこの週末が終わった月曜日。  

記事を読む

コーヒー豆にも表作・裏作があるの?

表作、裏作というのは同じ畑などで、1年通じて二毛作したときの先の時期の収穫、後の時期の収穫のことを指

記事を読む

10年前より仕入れのコーヒー豆が2倍高くなった、この先をふと未来を思ってみる

超アナログの僕です、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。   今朝、僕のパ

記事を読む

コーヒーのプロの僕がコーヒーを淹れる器具で、一番だと思うもの

一時の事を思うと、随分とコーヒーの抽出器具も多くなったと感じております。 お客さんに教えてもらうこと

記事を読む

ドリップするとき、お湯をポタポタ点滴のように落とすとどうなるか?

プロローグ 前回の続きのような記事になりますね。 コーヒーをドリップするときにお湯を細めの線のよ

記事を読む

通販の発送で島珈琲が心がけていること

以前は通販の取り扱いは言うほどでもなかったのですが、エクスマ塾へ行き、マーケティングの師匠 藤村正宏

記事を読む

あなたはどう飲んでる?コーヒーの飲み方を考えてみた

喫茶とは喫煙の「喫」とお茶の「茶」を足して喫茶、喫茶店とは喫煙とお茶ができるところという意味ですが、

記事を読む

コーヒーの話

 一番自分の顔が輝いている時だと思う コーヒーの話をしているときが 昨日もお客様とコーヒー

記事を読む

陶器とプラスチック どっちのドリッパーがどうなのか?

次の月曜日は奥さんの誕生日です。 奥さんの大好きな焼き肉を御馳走しようと思ってます。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
目指すのは、安心して任せられるお店

ニュースはYahoo!ニュースをよく見ている僕です。 ニュースだけでは

紙の保管には気を付けて

気をつけて、という言葉を見て、いつもオフコースの歌を思い出すのは僕だけ

コーヒー計量スプーンは各メーカー違いがあるのでご注意を

この土日、大阪は4週間ぶりに晴れの予報。 日曜日がずっと雨でしたからね

テイクアウトドリンクは小窓から

ドリップコーヒーマシンを設置してから、はや3週間。 もらった説明書を見

今年2ロット目!コーヒーシロップ無糖が人気です

去年あたりから、人気赤丸急上昇になったコーヒーシロップ無糖。 それまで

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑