*

技術がモノになるとき

公開日: : 焙煎アーティスト

島珈琲高槻店は、2012年11月21日にオープン。
高槻店にも新調した焙煎機を設置。

 

実は、その当時の販売の実力では、焙煎機は1台あれば十分でした。
岡町本店にある焙煎機を高槻店に移動させることは、ひとつの手段でした。

 

ですが、岡町本店に焙煎機がないとなると、やっぱり迫力がかける。
自家焙煎と謳っていて、焙煎機がないのはいかがなものか。

 

そんなわけもあり、そして銀行さんから融資もして頂ける、ということもあり高槻店にはかなりの改良を施した焙煎機を投入しました。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

7年目でやっとモノになったと実感

 

この焙煎機は非常にピーキーで、

 

ピーキーとは、「挙動が神経質であり、ある限定的な範囲では非常に高い性能を発揮するが、その範囲外の場合は操縦性が低い」
とウィキで説明されています。

 

そう、操縦性が低いのですね。

 

シリンダーと呼ばれる焙煎機の釜の部分が、ステンレス製。
通常は鉄製を用います。

 

火力、パワーですね、これもノーマルタイプの2.2倍となっており、非常に強いパワーを操縦して、美味しいコーヒーを焦がさすに焙煎します。

 

はやい段階でコツはつかんだのですが、時と共に、なんというのか、二人三脚の足並みがそろってきた、そんな感じがしています。

 

非常にタイミングあってきた

 

今までがダメだった、という話ではありませんのでご安心くださいね。
更にタイミングがあってきた、という話です。

 

高槻店の焙煎機と向き合ってきて、こうかな、ああかなって繰り返しながら、その時の最高の状態を模索する。

 

それが、なんというか、今、合わさってきているのですね、自分が望む味わいの理想と。

 

この焙煎機で、こういう味わいを作りたい、と頭の中で描くのですが、そこへポンと合わすことが更に、例えばストライクゾーンの中のピンポイントへ投げられるようになった、そんな感じです。

 

やっぱりね、何が一番好きって、焙煎が好きで、思うように焙煎したいと独立したわけですからね、楽しいです。

 

こうして、楽しむことができるのもお客さん、それから島珈琲ファンの皆さんのおかげ様です。

 

経営も考えながら、美味しいコーヒーを作ることも深化していこうと、今年も胸に抱いております。

それはもちろん、お客さんの笑顔のために、です。

 

ということで、明日1/7は久しぶりのお休み。
娘にお正月らしいことをたくさんしてあげたいと思います。

 

それでは。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎とは、引き出す作業なんです

昨日は定休日。 家族でおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってきました。  

記事を読む

出版する僕のコーヒー本 校正が上がってきました!

このところいろんな良いことがあって、運がいいなぁって思っている僕です。 これも皆さんのおかげです、

記事を読む

実はスキがあった 僕がスキだらけだから 焙煎機にスキが見つかった

プロローグ 人は完璧よりもスキがあったほうが取っつきやすい 確かに僕もそう思いますし 自分を客観的

記事を読む

犬も歩けば・・・いや 歩かないと棒にもあたらない

昨日は業務終了後 急ぎ足で阪急電車に飛び乗り 大阪 本町へと向かいました そう島珈琲のコーヒー豆

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド鳥の味わいについて

秋が深まっていること肌で感じるくらいで 今朝は自転車の風が冷たく 街は衣替えが終わり 夕方は暗くなる

記事を読む

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

安定した味作り、その心がけは

実は人間ドックを受けた事ないのですね。 特定検診にしかり、受けとかなあかんなぁと思いつつ、先延

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

カフェオレとカフェラテ、違いはそこだったのか

プロローグ 昨日の晩、僕がバイクで家に帰ると、その音で僕が帰ってきたのを気づいた4歳の娘が、ダダダ

記事を読む

僕の缶缶プロジェクト 島珈琲カン進めます!

僕はエクスマ=エクスペリエンスマーケティングを勉強しています。 このブログでも多く出てきている言葉

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

コーヒーは新豆の時期が一番美味しいの?

急に春のような気候になった高槻です。 昨日までお店には暖房を入れていた

ぺーパードリップとフレンチプレス どっちがいいの?

昨日はお休みでした。 家族で娘が観たいという、プリキュアの映画を観に行

→もっと見る

PAGE TOP ↑