*

焙煎アーティストとは何なんだ!

公開日: : 焙煎アーティスト

昨日が今年の初売りでした。
思いもよらぬお客さんが来られびっくりしてたんです。

 

実は僕は20歳前後の頃、鉄工所で働いていたんですね。
鋳物を作る仕事で、銅を溶かして型に流し込んで製品を作るのですが、その時にお世話になった先輩が高槻店に訪ねてきてくれたのです。

 

感動して泣きそうになりました。
その訪れてくれた先輩ともうお一方先輩がおられ、そのお二人の先輩からその職場で職人とは何かを叩きこんでもらったと今でもめちゃくちゃ感謝しておりまして、たぶん今こうして僕があるのもそのお二方のおかげでもあるのです。

 

大げさじゃないんですよ、ほんとに。
仕事とは何かを僕に教えてもらったのです、それが今でも僕の仕事の考え基礎になっているんですね。
会いたいなぁ会いたいなぁと思っていたので、なおさら泣きそうになってしまいました。

 

いろんな出会いにほんとうに感謝ですね。
さて、今回は焙煎アーティストってなんなん?のお話です。

 

 

焙煎アーティストとは!

 

実は商標登録をしているんですね。
ですので日本で唯一人なんて言えるわけです。

 

なんというかね、おこがましいですよね。
焙煎アーティスト島規之です、なんて自分で名乗ちゃって。

 

僕自身も自分がアーティスト肌というより職人肌だと思っておりますので、焙煎アーティストって何ですか?とお客さんに直に聞かれるとちょっと照れるわけです。

 

そもそもなぜ名乗り始めたのか。
高槻店を出店して2年目に入ったくらいかなぁ。

 

お店の状況が苦しくて、そしてたまたま入っていた組合みたいなグループで、無料でコンサルタントを紹介してくれて5回だけ無料で指導してくれるコースがあったのです。

 

藁にも縋る思いで、それをお願いして、そしてその時のコンサルタントの先生が「焙煎アーティスト」というのを商標登録して、いろいろ考えていきましょうと提案してくれたのです。

 

必死のパッチで

 

とにかく、お店をもっと良くしなければ高槻店は存続できない、そんな焦りからとにかく何とかせねばとコンサルタント先生のその提案に賛同しまして、そして高いお金を支払い焙煎アーティストを商標登録しましてですね、パッケージやいろんなところで焙煎アーティストというのを、まぁ付加価値みたいな感じですよね、を付けて名乗って進めていったというところなんです。

 

その効果があったのかどうかは正直なところよくわかりませんが、商標登録しちゃっているのでもったいないから、今も名乗っているのですね。笑
なんか、大それた感じでごめんなさい。

 

でもその言葉に負けないように恥じないよう、これからもコーヒー焙煎を突き詰めて焙煎を究めていきます。
それはお客さんに美味しいコーヒーで、豊かな時間を過ごしてもうために、です。

 

ということで、焙煎アーティストとはなんぞやというお話でした。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

何を言われようが、自信を持って販売することが大事

長くやっていると経営の中でのご相談も、お受けすることしばしばです。 おかげ様で2022年3月に、島珈

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆の用途は、アイスコーヒーだけなのか

プロローグ 島珈琲のメニュー表に、アイスコーヒーのブレンドというブレンドがあります。 これはドリ

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

島珈琲の美味しさは、焙煎機にも隠されている

美味しさとはトータルのモノで、たとえすごい原料を使って、すごい技術で美味しく出来たとしても、食べる環

記事を読む

なぜ僕がカフェじゃなくて、コーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 岡町本店は2002年3月29日にオープンしました。 カフェを開業しようと思えば、設備

記事を読む

いつもコーヒーの味が違うんだけど、いれ方が悪いのかなぁと思うあなたへ

プロローグ 今年はほんとに気候が不安定ですね。 お身体の調子、崩されていませんか?朝晩まだまだ肌

記事を読む

お店の看板だって繋がりの時代になった

プロ野球が好きな方は、投手が分業制になっているのはご存じのことですね。 先発・中継ぎ・セットアッパ

記事を読む

僕の缶缶プロジェクト 島珈琲カン進めます!

僕はエクスマ=エクスペリエンスマーケティングを勉強しています。 このブログでも多く出てきている言葉

記事を読む

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒーを作るとき、今まで聞いたことな

記事を読む

焙煎したその日が一番美味しいの?

昨日からスタートしたあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー TANPANCOFFEE

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーメーカーではペーパーフィルターを使い分けてます

今日から7月、ですが7月とは思えぬ暑さとなっております。 いろんな方の

為替の行方

お店の掃除を終え、レジ締めなど一通りの閉店作業が済んだら、バイクで帰路

小学生からの友

6月でこの暑さは有り得ないですよね。 近畿でもまさかの梅雨明け宣言が昨

帰ってきたグラインダー

今朝、税理士さんが振込用紙を持ってきてくださいました。 そうです、決算

作る人に熱い思いがある

昨晩、岡町本店の業務終了後、ニューマシンを設置してきました。 とにかく

→もっと見る

PAGE TOP ↑