*

どうして日曜日だけの営業なの?

公開日: : 感謝!!, 焙煎アーティスト ,

現在ではそんなに珍しくなくなった週○○日だけの営業。
島珈琲岡町本店が日曜日だけの営業になったのは、2005年。
開業してから3年目のことでした。

 

当時、週一の営業はちょっと珍しかったようです。

 

今でも日曜日だけの営業だと初めて知った方は、不思議に思われているご様子。
「趣味でされているのですか?」とは、初めてのお客さんにはよく聞かれる言葉。

 

若いときはその言葉を言われると、若干ムッとしていたのですが、まぁよく考えれば、趣味から始まったコーヒー焙煎が仕事になったわけで、趣味の延長といえば趣味になるわけです。

 

趣味みたいな仕事、仕事みたいな趣味。
どちらなのかは本人も定かではありませんが(笑)、今その「趣味でされているのですか?」と聞かれてもムッとするどころか、えっ趣味みたいに見えます?とそう見えることになんか嬉しくなったりしています。

 

これも年の功でしょうか。(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

どうして日曜日だけの営業なの?岡町本店のヒストリー

 

2002年 3月29日 島珈琲開業。
毎週月曜日を定休日にして週6日稼働。

 

2005年 4月 僕の努力が足らず、岡町本店の売上だけでは未来が見えなかったので、廃業しようかと考えたのを思いとどまり、開店してから3年を区切りにして日曜日だけの営業に変更する。

 

2009年 この間に資金を貯め、岡町本店をより広いお店に移転するために動き出すが、高槻にある障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeの委託依頼の話が舞い降りてきて、そちらのお話がまとまり移転を見送る。

 

2012年8月くらいまでカフェBeに在駐。
その間、月曜日から土曜日までカフェBeに在駐しながらも、岡町本店は日曜日だけの営業を続ける。

 

1,2011年に結婚して、住居が豊中市から高槻市に変わる。

 

2,障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeでの契約が一応、期間3年が一つの区切りだったのでしたが、引き続き委託の契約をお受けさせてもらうことになる。

 

3,カフェBeに在駐しているとき、高槻という土地に、島珈琲という「根」を少しずつに生やし広げていたことに気づく。

 

この3つの大きな理由から、島珈琲の新店舗の出店は高槻中心地への方向になる。

 

この時、岡町本店をどうするのか悩む。
高槻店へ岡町本店を統合するのか、それとも継続か、と。

 

島珈琲を一緒に育ててくれたのは、岡町本店のお客さんでもあるわけです。
そのお客さんに不義理はできない、という想いから、高槻店は火曜日から土曜日の週5日の営業。

 

2012年高槻店をオープンしてからも、日曜日は岡町本店の営業を継続 そして現在に至る。

 

島(珈琲)さんがなくなったら、どこでコーヒー豆買ったらいいの?

 

この言葉をお客さんにもらったからこそ、続けようと思い、廃業せずに日曜日だけの営業にして、継続を決めました。

その都度その都度、お客さんに励ましの言葉をもらいました、ほんとうに感謝です。

 

日曜日だけの営業の岡町本店と、火曜日から土曜日の営業の高槻店。
特殊な営業スタイルですが、続けて欲しいと思ってくださるお客さんの想いと、続けたいと想う僕の気持ちが合わさった結晶が現在の島珈琲。

 

今後もこのカタチで継続しますので、どうぞご心配なく。
特にこちらの岡町本店の方が「お店なくならんといてね」とご心配の声を頂くのでね、大丈夫です。

 

どうして日曜日だけの営業になったの?とご質問を頂いたので、今回はこんなお話になりました。

 

今年も日曜日だけの豊中岡町本店、よろしくお願いいたします!

 

継続は力なり、ですね 感謝。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

何が虜にするのか?

  僕の焙煎している風景を傍から見ていると  機械とにらめっこしているとしか見えないと思う

記事を読む

なぜ僕がカフェじゃなくて、コーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 岡町本店は2002年3月29日にオープンしました。 カフェを開業しようと思えば、設備

記事を読む

ブレンドについて考えた

今朝も自転車で受ける風は涼しく 長袖でもちょうど良い季候でした 今日から多くの方は3連休でしょう

記事を読む

僕の缶缶プロジェクト 島珈琲カン進めます!

僕はエクスマ=エクスペリエンスマーケティングを勉強しています。 このブログでも多く出てきている言葉

記事を読む

首都高に散った

  世界チャンプ を読み終えた 今日 これで3回目なんだけど 毎回 この本に吸い込まれる

記事を読む

僕が14年お商売をやってきて大切にしていること

    島珈琲のシールやパッケージに「2002」という数字を

記事を読む

沈丁花の香りと14周年

月並みな言葉でしか今の気持ちを表現できませんが、ここまでお店をさせてくれてありがとうございます、そん

記事を読む

コーヒーだってサクッサクッの方がいい

先日 お客様からあることで喜んで頂きました 「家でコーヒー豆を手挽きのミルで粉にしてい

記事を読む

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

カフェオレとカフェラテ、違いはそこだったのか

プロローグ 昨日の晩、僕がバイクで家に帰ると、その音で僕が帰ってきたのを気づいた4歳の娘が、ダダダ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑