*

どうして日曜日だけの営業なの?

公開日: : 感謝!!, 焙煎アーティスト ,

現在ではそんなに珍しくなくなった週○○日だけの営業。
島珈琲岡町本店が日曜日だけの営業になったのは、2005年。
開業してから3年目のことでした。

 

当時、週一の営業はちょっと珍しかったようです。

 

今でも日曜日だけの営業だと初めて知った方は、不思議に思われているご様子。
「趣味でされているのですか?」とは、初めてのお客さんにはよく聞かれる言葉。

 

若いときはその言葉を言われると、若干ムッとしていたのですが、まぁよく考えれば、趣味から始まったコーヒー焙煎が仕事になったわけで、趣味の延長といえば趣味になるわけです。

 

趣味みたいな仕事、仕事みたいな趣味。
どちらなのかは本人も定かではありませんが(笑)、今その「趣味でされているのですか?」と聞かれてもムッとするどころか、えっ趣味みたいに見えます?とそう見えることになんか嬉しくなったりしています。

 

これも年の功でしょうか。(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

どうして日曜日だけの営業なの?岡町本店のヒストリー

 

2002年 3月29日 島珈琲開業。
毎週月曜日を定休日にして週6日稼働。

 

2005年 4月 僕の努力が足らず、岡町本店の売上だけでは未来が見えなかったので、廃業しようかと考えたのを思いとどまり、開店してから3年を区切りにして日曜日だけの営業に変更する。

 

2009年 この間に資金を貯め、岡町本店をより広いお店に移転するために動き出すが、高槻にある障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeの委託依頼の話が舞い降りてきて、そちらのお話がまとまり移転を見送る。

 

2012年8月くらいまでカフェBeに在駐。
その間、月曜日から土曜日までカフェBeに在駐しながらも、岡町本店は日曜日だけの営業を続ける。

 

1,2011年に結婚して、住居が豊中市から高槻市に変わる。

 

2,障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeでの契約が一応、期間3年が一つの区切りだったのでしたが、引き続き委託の契約をお受けさせてもらうことになる。

 

3,カフェBeに在駐しているとき、高槻という土地に、島珈琲という「根」を少しずつに生やし広げていたことに気づく。

 

この3つの大きな理由から、島珈琲の新店舗の出店は高槻中心地への方向になる。

 

この時、岡町本店をどうするのか悩む。
高槻店へ岡町本店を統合するのか、それとも継続か、と。

 

島珈琲を一緒に育ててくれたのは、岡町本店のお客さんでもあるわけです。
そのお客さんに不義理はできない、という想いから、高槻店は火曜日から土曜日の週5日の営業。

 

2012年高槻店をオープンしてからも、日曜日は岡町本店の営業を継続 そして現在に至る。

 

島(珈琲)さんがなくなったら、どこでコーヒー豆買ったらいいの?

 

この言葉をお客さんにもらったからこそ、続けようと思い、廃業せずに日曜日だけの営業にして、継続を決めました。

その都度その都度、お客さんに励ましの言葉をもらいました、ほんとうに感謝です。

 

日曜日だけの営業の岡町本店と、火曜日から土曜日の営業の高槻店。
特殊な営業スタイルですが、続けて欲しいと思ってくださるお客さんの想いと、続けたいと想う僕の気持ちが合わさった結晶が現在の島珈琲。

 

今後もこのカタチで継続しますので、どうぞご心配なく。
特にこちらの岡町本店の方が「お店なくならんといてね」とご心配の声を頂くのでね、大丈夫です。

 

どうして日曜日だけの営業になったの?とご質問を頂いたので、今回はこんなお話になりました。

 

今年も日曜日だけの豊中岡町本店、よろしくお願いいたします!

 

継続は力なり、ですね 感謝。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

素晴らしき才能

 何度も書いていますが 月曜から土曜まで 運営を任され契約している法人のカフェ カフェBe

記事を読む

no image

1杯のコーヒー

 今日 幼なじみの実家へ 朝市で売っているお米をもっていったら 幼なじみのお父さんお母さん

記事を読む

no image

コーヒー教室

 いやいやいやいや 自分では80点のできばえでしたが 手伝ってもらったスタッフとお客様から

記事を読む

僕のコーヒー本 もうそろそろです

だいたい僕の感覚では、お店がバタバタするときは通販が閑古鳥で、逆に通販がバタバタな時はお店が閑古鳥で

記事を読む

消える光の泡

エメラルドのカクテルに消える光りの泡 飲み干して、You say,I love you 聞こえない

記事を読む

味覚の仕事をしている方にオススメ!シャボン玉せっけんハミガキがいい!

実は僕、9年前くらいになると思うのですが、下顎に腫瘍ができて取り除く手術をしたのです。 &nb

記事を読む

迷えば、その「迷い」はモノに移る

プロローグ 今まで結構迷って生きてきました。笑 特に焙煎のことは何度となく迷っては負のスパイラルに

記事を読む

僕はどうしてコーヒー焙煎屋を選んだのか

先日、娘に「お父ちゃんはなんでコーヒー屋さんになったの?」と聞かれました。 もうそんな質問をしてく

記事を読む

有終の美

 今日で本年度のカフェbeの営業は終了致しました 少しずつコーヒー豆のお客様も増え カフェ

記事を読む

no image

端的に

 先日 取材を受けた「きつつき」さんから 早速今日 原稿案をおくってくださいました 話した

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

開業は2002年 コーヒー周辺の価格の移り変わり

昨日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店で1日を過ごしました。 週1日

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑