*

思いきることで成績が変わることがある

公開日: : 営業企画部, 焙煎アーティスト

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。
今まで使い慣れたものが、違う仕様になったりすると前の方が使いやすかったのになぁなんで変わるんだろ、なんて思ってしまいますよね。

 

ルーティンのところはいつ通りのパターンで、いわゆる自動思考でこなして、頭を使うべきところは頭を使う。
余計なことは考えたくないもの。

 

使い方に慣れるのが面倒だ、いやそもそもその新しいものの使い方がわからない、その使い事を勉強するのが億劫だ、今までのパターンが変わるのが嫌だ。
などなど、ありますよね。

 

でも思い切って変化を加えることで、お店の成績が変わる、思いきることも大事という今回のお話です。

 

 

去年の秋口に喫茶コーナーを12時に変更して

 

昨年の9月に高槻店の喫茶コーナーを12時に。
そのもうひとつ前、春にはカウンター6席から4席へ。

 

正直、お店の売上も少し落ち込むだろうなぁって思ってました。

 

喫茶を減席、時間を短縮したのは、発送業務や業務用卸の仕事が増えてきて、午前中に終わらないことが多くなり、身体への負担も大きくなったからです。

 

お店はどちらかというとお昼から動きがあるので、それまでに片づけて待つ体制に入りたいのですが、発送と業務卸の仕事が午後までかかってしまうことが多くなり、それで思い切って開店と同じ10時から喫茶コーナーも始めていたのを12時からに変更したのですね。

 

段階的に喫茶コーナーを縮小したのです。

 

喫茶コーナーのお客さんも多いので、その影響は必ずあると思い覚悟していたのですが・・・。

 

結果は逆だった

 

生々しいお話ですが、喫茶コーナーを縮小したら一旦は売り上げは落ちると覚悟していました。
が、どうでしょう、特に影響もなく変わりもなく、むしろ少しずつ上向いているのです。

 

その要因は何か、と考えたところ、喫茶コーナーを正午からすることにより、心身に余裕ができた。
以前は午前中に発送業務を終わらせないとー、と焦ってましたが、喫茶業務が午前中なくなるだけ、すんごいはかどって進むのですね。

 

それは心の余裕を生むことになり、接客も余裕を持ってできるようになったのです。
それが良い効果を招いているのでは、と推測しています。

 

変化することには足がすくみますが、でも「えいっ!」と進めば、また違う風景を見れることがある。
それが良い影響を生み出すものだってある。

 

そんなことを改めて気づかされました。
変化することに対して勇気を持つ、もちろん変えない勇気を持つことも必要。

 

そのどちらの変化において、見極める目を育てないと、とそんなことを考えていました。
さぁ、今日は焙煎機のメンテナンスです。
綺麗に内部を掃除してきますね!

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

島珈琲のコーヒーが飲みやすい理由は

本日は岡町本店・高槻店ともに定休日ですが、午前中は高槻店でドリップコーヒーマシンの豆タンクを増やす工

記事を読む

コーヒーシロップ無糖は来年1月後半から再販です!

今週は、業務用卸=BtoBですね、のオーダーがピークに。 年末年始の営業で必要なコーヒー豆の注文が、

記事を読む

何歳まで焙煎していられるだろうか

どうしたん?なんかあったん? いえいえ、特に何かあったわけではないんです。   今朝ね、ヤ

記事を読む

出版すれば本は売れるのか

最近よく聞かれます。 島さん、本はどうでしたか?と。   ふふふ、そうなんで

記事を読む

いよいよ来月、ドリップコーヒーマシン設置します!

この次の月曜日のお休みは、午前はCafe Beで月イチのミーティング。 その後は浄水器のカートリッジ

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

強運になるコツを考えた

さて本日はお休みですが、午前中は障がい者支援施設とコラボカフェ、cafeBeでミーティング。 その後

記事を読む

つき抜ける香り

昨日は、高槻店のご近所にあるカレー屋さん、ヴァスコダガマさんへカミさんとランチデートに。 本店はJR

記事を読む

そして挑戦

コロナウィルス影響で、高槻店の喫茶コーナーは4月上旬あたりから休止しておりました。 いろいろ考えた結

記事を読む

言葉が通じなくとも気持ちは通じる 

焙煎する前に焙煎機を暖機し 釜をじんわりと暖めてから 1回目(1バッチ目)を始めます 通常20分

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
忘れてしまいたいことや

忘れてしまいたいことや、どうしようもない悲しさに、包まれた時に男は酒を

言葉は変化する

このブログは毎日更新してます。 ブログのネタは書く前に考えるか、前日の

テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

→もっと見る

PAGE TOP ↑