*

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ

コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

 

どうしてか?というと、コーヒーは保存食品と思っている方が大半だからです。
コーヒーは保存食品ではないの?はい、コーヒーにも鮮度があります。

 

その鮮度を最大限保つために、保存方法は重要になります。
どれだけドリップの技術が優れていても、この保存方法がちゃんとできていなければ、その技術は半分も発揮できないでしょう。

 

どうして保存食品と思ってしまうのか、というと劣化が目に見えて分からないから、が一番だと僕は考えます。

 

このコーヒーがどれだけ劣化している、と目から入る情報だけで判断出来る人は、おそらくプロでもなかなか少ないと思います。
コーヒーは生鮮食品と同じです。

 

ですので、保存が重要になります。
それではそのお話に移っていきましょう、こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_3589

 

保存方法は

まず島珈琲がオススメしている保存方法は、冷凍保存。
だいたいの方は、購入してきたコーヒー豆、粉を2週間から1ヶ月くらいで飲みきれる量を買われることが多いと肌で感じています。

 

ですので、初めから冷凍保存をオススメしています。
島珈琲のコーヒーの豆袋ですと、アルミで出来ているのでこれの口を開け、開けた口の部分をクリップなどで止め、ジップロックなどのチャック付き袋にそれを入れて二重にして冷凍庫へ。

 

冷凍庫から取り出し、豆、粉を使うときは常温に戻さずにそのままセットして使ってください。
セットしたら直ぐに冷凍庫に戻すことを忘れないで下さいね。

 

保管で気をつけること

食品の取り扱いと一緒なのですが、説明すると、まず直射日光はさけるのは当然ですよね。
冷凍庫にいれてれば当たりませんけどね。

 

湿度にも注意です。
湿度やニオイをコーヒー豆は吸い込むので、そういう意味で二重にしてくださいとお伝えしています。

 

冷凍保管の場合、くどいですが粉や豆をセットしたら直ぐに冷凍庫に戻すこと、これに気をつけていたらニオイや湿度、それから直射日光の問題も気にしなくてオッケーです。

 

冷凍保存の場合、とりあえず最大3ヶ月を目安に、消費できると良いでしょう。

 

エピローグ

コーヒー豆はほんとうにデリケートで、些細なことでも味わいに大きく影響することがあります。

 

ペーパーにしても、コーヒー豆(粉)にしても、湿気やニオイ、そして保存、保管、これらのことでちょっと気をつけて、知識を身につけておくだけで、美味しいコーヒーと楽しい時間をもっと楽しく過ごすことができます。

 

なので、コーヒー豆(粉)の保存方法にはぜひ気を遣ってもらえるといいなぁと、コーヒーの親心としてそんなことを思っております。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーをお湯や水で割るってどうなの?

プロローグ あなたはコーヒーをお湯やお水で割って、コーヒーを飲まれますか? 僕はあります。

記事を読む

no image

コーヒートーク

 日曜日 岡町のお店で営業をしているときは お客様との距離も近く 時間もとれるので お客様

記事を読む

マグボトルで飲むコーヒー、味わいが変わるのはなぜ?Ⅱ

前号で、マグボトル飲むコーヒー、味わいが変わるのはなぜ? というタイトルで、マグボトルで持ち歩き、飲

記事を読む

ソロかバンドか  ストレートかブレンドか

最近 コーヒー生豆 焙煎する前のコーヒー豆ですね こちらを販売していますか? とお問い合わせが多くな

記事を読む

新豆さん!いらっしゃーい!

  いったい何人の人が 三枝ふうのイントネーションで読んでくれただろうか・・・? 先程 朝

記事を読む

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

これを守れば美味しい コーヒーと一番相性の悪いものはこれ

プロローグ 昨日はエクスマ新春セミナーに出席し、沢山の気付きがあり、そしていろいろ勉強をしてきまし

記事を読む

焙煎アーティストとは一体なんなのか?

まず重要なお知らせから。 2月25日日曜日、26日月曜日、本来なら高槻店は日曜月曜が定休日です

記事を読む

アイスコーヒーを作ったが氷を入れたら薄くなる。どうするしまこーひー?

プロローグ さて、今回の記事はお客様から頂いた質問についてお答えする記事です。 こんにちは 焙煎

記事を読む

ガッツしまこーひー

 昨晩 お酒を飲みながら 次に出店する(といっても1年以上先の話ですが)ことを考えていたの

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
煎りが同じだからと言って、同じ色にはならない

今朝はドリップバッグの焙煎をしました。 ドリップバッグとは、器具がなく

BGMを川のせせらぎにして

昨日はお休みでしたが、半日を焙煎機のメンテナンスの時間にあて、焙煎機を

思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑