*

コーヒーを淹れるお湯の温度

公開日: : coffee

 たまにはコーヒー屋らしく コーヒーの記事を

今日は コーヒーを入れるお湯の温度はいったい何度がよいのか?
というところを島珈琲流に解説をしたいと思います
(今回はペーパードリップでのお話です)

島珈琲では ペーパードリップを採用しています
ドリッパーは名門 コーノ式円錐タイプです
これで淹れるコーヒーが 僕は一番美味しいと思っているので
こちらをずっと使い続けています

最初に答えから 島珈琲では
コーヒーを淹れる お湯の温度は90℃から93℃を
適温と考え そしてその温度が美味しいと思います
沸騰した直後のお湯を使うのは湯が跳ねて
入れにくいので少し冷ますことを基本とします

ヤカンからコーヒーを注ぐ鶴口のポットに沸騰したお湯を移すと
いろんな状況によって変化はありますが だいたい94~95℃に落ちますので
急いでいるときは軽く(ほんとにちょびっと)差し水をし まぜ
急いでないときはポットのふたを1~2分開けて放置していれば
だいたい93℃くらいにさがります

93℃くらいで1杯分を抽出するとできあがりが適温で
ちょうどいい飲み頃の温度と思います

次に80℃くらいのお湯で抽出するとどうなるか
93℃で淹れるときよりも味がまったりして より優しい味わいです

93℃で淹れるといい成分もよくでますが 
比べるとちょっとシャープな味わいになります 

しかし 82℃くらいのお湯で抽出すると
できあがりがぬるいので 熱い方が好きな方は沸かし直しを
しなければいけません
(その時 絶対にコーヒーを沸騰させてはいけません!まずくなります!)

どっちをとるかはお好みです

僕は沸かし直しが面倒なので 93℃で抽出をしております

しかし 家庭でもこの通りにやらなければいけないのか!
というと そうでもなく コーヒーポットをお持ちなら
コーヒーポットでお湯を沸かすのでなく 別のものでお湯を
わかして 移し替えればオッケーですし

ヤカンでされる方は お湯が沸騰すればガスを止め
数分ふたを開けて放置していれば 何度かは落ちますので
ちょっと冷めたかなぁ 程度で 抽出を開始してください

家庭でコーヒーを美味しく淹れるコツは

とにかく難しく考えないことです!

楽しいお茶の時間がはじまるんですから 楽しくいれましょうね

わからないことが あればメールでお聞きくださいね
info@shima-coffee.com 焙煎アーティスト 島規之

写真は高槻店で愛用している 鶴口のコーヒーポット
12年愛用してきました 銅がはげてきて使い込まれた感があり
いぶし銀の職人使用な感じでいいでしょ♪

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの99%は水なんです、というお話

昨日は箕面スパーガーデンに行って来ました。 奥さんのお母さんに、ゆっくりしてもらおうという企画。

記事を読む

コーヒーのプロの僕がコーヒーを淹れる器具で、一番だと思うもの

一時の事を思うと、随分とコーヒーの抽出器具も多くなったと感じております。 お客さんに教えてもらうこと

記事を読む

抽出でイメージする大事なこと コーヒーと粉の接触時間

昨日は定休日。 娘が春休みなので、おかげ様で娘とゆっくりした時間を過ごすことができました。

記事を読む

コーヒー好きな方へ贈りたい、コーヒーギフトに役立つちょっとしたヒント

プロローグ 島珈琲はコーヒーギフトにも力を入れています。 始めた頃は、折り紙が嫌いだったので包装

記事を読む

ブレンド花 ~味わいの構成~

高槻店での焙煎はいつも早朝に行っています。 朝、お店に来るとまず焙煎機のスイッチをオンに。 &nbs

記事を読む

ないよね 信用はお金で買えるのか?

今日はめまぐるしく、通販の発送、ご近所さんの配達、それから業務用卸のコーヒーとてんやわんやで、有難い

記事を読む

コーヒーとミルクの相性学

関西ではコーヒーに入れるミルクをフレッシュと言いまして、フレッシュと言って通じなかった時に???とな

記事を読む

お店で粉にしてもらうのと、家でするのと、どっちが美味しく挽けるの?

プロローグ コーヒーの味わいはコーヒーチェリーの精製から輸送、焙煎、保存、ミル、抽出方法などなど、

記事を読む

なんでアイスコーヒーの豆は黒くて脂がテカテカなのか?

プロローグ 夏ですね。 コーヒー屋で夏の話題と言えば、アイスコーヒーです。クールダウンするの

記事を読む

夏男

  で 暑さに強いと男と自称しておりましたが 最近 疲れがぬけずに 少しグロッキー気味な島

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑