*

産地の様子から

公開日: : coffee

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景が一面に、というようなことを書きました。
商社さんが資料とともに偶然、コーヒーの花の一斉開花の写真を送ってくれていたので、ちょっとご紹介したいと思います。

 

こちらがその光景です。

 

 

どうですか、すごいですよね。
この一斉開花で辺りは、ジャスミンの香りに似たコーヒーの花の香りが一帯に。
山下にもきっとその香りは届いていると想像できます。

 

花もすごいですけども、コーヒーはこうした山の斜面に植えられているのですね。
標高がある程度高いほど、美味しいコーヒーが出来るといいます。

 

コーヒーの木は確か24℃以上になると光合成をしなくなると、記憶しています。
ですので、日中は24℃以上にならない場所で、朝晩の寒暖差が大きいところが生育には良いかと。

 

寒暖差があるとコーヒーの実が引き締まり、タネであるコーヒー豆が甘くなると聞いています。
ですので、僕たちが飲む美味しいコーヒーは、こうした険しい自然の中で育まれ、生産者の方はほんとうに大変な思いをして作っている、そう思えば感謝しかないですね。

 

 

こちらの写真は、採れたコーヒーの実を果肉除去し、取り出したタネをコンクリートの上に平にし、乾かしている様子です。
写真の敷き詰められた黄色のものがコーヒーのタネです。
当然ながら雨に濡らしてはいけませんので、コーヒーの精製の過程には自然の乾季が必要となります。

 

もちろん植物の成長のためにも雨季が必要で、コーヒーの産地には雨季と乾季がある場所で栽培されています。

 

時々、トンボのようなもので、この乾かしているコーヒーのタネをかき、均一に乾くように人の手が加わっています。
コーヒーの栽培と精製には、広い土地が必要になることがわかりますね。

 

以前、僕がブラジルへ農園視察に行った時、農園主にこんなことを聞いたことがありました。
「あなたの農園はどこまでなんですか?」
すると農園主はかなり遠くの山を指し
「あそこまでだ。」と。

 

冗談かほんとかわからないお話ですが、冗談を言っている目ではありませんでした。

 

こうした険しいところで育ち、沢山の人たちの手が関わり、そして僕たちの元へ。
美味しいコーヒーが飲めるのも、こうして険しい所で頑張って栽培している人がいてくれるからこそ。

 

もう一度、深く感謝して美味しいコーヒーを一杯、また一杯と大事に味わって飲もう。
写真を見て思うのでした。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

なぜマンデリンコーヒーは愛されるのだろうか

昨日はお休みで、午前中は娘の幼稚園の送り迎え。 昼からは家族で公園へ行き、娘と電車ごっこ。 その

記事を読む

ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと香りを天秤にかけたときに香りの

記事を読む

中焙煎シングルオリジンで一番人気はどれ?

昨晩はお休みの日とあって、家族でクルクルたこ焼きパーティを開催しました。 たこ焼きは、ほんとうに楽し

記事を読む

新鮮をお届けしたい!通販の発送のコーヒー豆は、発送直前に用意してます!

昨晩、家に帰ってから娘に、父ちゃん体育参観、見に行くから、と伝えると、娘はわーいと喜び両手を伸ばして

記事を読む

コーヒーを粉にして1年間冷凍保存したものをドリップした結果

プロローグ 島珈琲では、お客様が家で飲む為のコーヒー豆をご購入の際、都度計り、都度お聞きして粉にし

記事を読む

僕を癒すのはあなた

  島珈琲オリジナルの コーヒーシロップの加糖 ものすごい勢いで売れてしまい 欠品してしま

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

無糖 無糖 無糖!!

さて 今季2度目のコーヒーシロップ無糖の新ロットが明日到着しますそうです 4倍の牛乳で割るととても美

記事を読む

豆売りの味 喫茶の味

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です ここのところ コーヒーの味の調整に苦悶している(笑)

記事を読む

店頭で一番聞かれるコーヒーのこと

日曜日は岡町本店の営業日でした。 初めてのお客さんは、なぜ日曜日だけなのかが不思議なようですね。 &

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
心の豊かさを考える

本日は月曜日なので、高槻店・岡町本店共に定休日ですが、今日は午前中焙煎

いいタンザニアのサンプルをもらいました

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中岡町本店にて営業してます。 高槻

高槻店・岡町本店はゴールデンウイーク期間中も通常営業です!

あっというまに桜のシーズンから、次は新緑が薫る季節へ。 もうすぐしたら

コーヒー豆袋がパンパンになっている現象

金曜日は一人営業の日です。   高槻店はカミさんと二人で営業

来週は焙煎機メンテナンス週間にはいります!

娘は小学3年生になりました。 ついこの間、幼稚園に通っていたと思ってい

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑