*

こんな事でもコーヒーの味わいが変わるんです!コーヒーの精製について

プロローグ

コーヒー豆はコーヒーチェリーというサクランボのようなコーヒーの実からタネを取り出し、それを精製してコーヒー生豆となって輸出されます。

 

コーヒー豆はサクランボでいうところのタネと思ってください。
これを精製するのですが、これは国によって変わってきます。

 

例えば水が豊富な国そうでない国、雨が多い国、雨季と乾季が別れている国、などの条件によって精製が変わります。
精製が変わればコーヒーの味わいもまた違ってきます。

 

これは購入されるとき、お客様がほぼ選択出来ないところではありますが、そんなので変わるんだっと予備知識的に持っていてもらえると、コーヒーが楽しくなるはずです。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

精製で変わる味の違いとは

国によって本当に色々な精製法があるので一括りに説明できないのですが、大きく天日式と水洗式の2つにわかれます。

 

天日式とは天日干しのことで、干し柿みたいにコーヒーチェリーを天日に干してしまい乾燥したところで、脱穀しコーヒー豆を取り出すとてもシンプルな方法です。
ブラジルなどが水が比較的少ない国や地域では、この方法が用いられてきました。

 

次に水洗式。
これはコーヒーチェリーの果肉を除去し、コーヒー豆を取り出します。
その豆にぬめりが付いているので、このぬめりを取るために1~2日間水に浸けて発酵させます。

その後、水でよく洗ってその豆を乾燥させていきます。

 

他にもこの2つの中間的なやり方や、インドネシアのスマトラ島(スマトラマンデリン・トラジャなど)などは独自の精製法がありますが、この説明をいれるややこしくなるのでここでは省きます。

 

近年SNSとスマートフォンの発達で農園主さんも、積極的に技術交換・情報交換が行われ、農園どうし技術向上のために切磋琢磨していると聞いています。

 

新たな精製法もどんどん試されているようです。

 

この2つの違いは何?

天日式はそのやり方から異物が混入しやすく、石や木の棒などがコーヒー生豆に混ざっている事があります。
水洗式は混入率は少なく、味わいにおける不良豆も精製するとき水に浮いてしまうので、その時点で除去できる点があります。

 

味わいにおいては、天日式は甘みがふくよかに感じます。
水洗式はクリーンな味わいですね。

 

コーヒー豆を見ると、目でわかる違いがあります。

写真のコーヒー豆の真ん中にあるセンターラインと呼ばれる真ん中の線を見て下さい。

 

IMG_1593

 

この線が白いものと、黒いもの違いがわかるでしょうか。

写真右・白い方が水洗式、写真左・黒っぽい方が天日式で精製されたものとなります。

 

エピローグ

先ほどにも書きましたように、これはお客様が購入時にあまり選択のできないところではありますが、たまにプライスカードに書かれてあるお店もあります。

 

島珈琲では僕に聞いてくださいね。
天日式と水洗式、ちょっと意識して味わうのも楽しいですよ。
以上、コーヒー豆の精製法の違いのお話でした、アディオース!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないのですが、コーヒーのなんらかの説明

記事を読む

クリーンアップ

 クリーンアップと書いていて 野球の3番バッターから5番バッターまでが なんでクリーンアッ

記事を読む

同じブラジルでも、焙煎度合いで味わいは変わるよというお話

プロローグ ブラジルというコーヒー豆は大変使いやすい豆で、コーヒー屋さんから愛されている豆です。

記事を読む

コーヒー好きな方へ贈りたい、コーヒーギフトに役立つちょっとしたヒント

プロローグ 島珈琲はコーヒーギフトにも力を入れています。 始めた頃は、折り紙が嫌いだったので包装

記事を読む

どんどんコーヒーシロップ

コーヒーシロップの人気がどんどんあがってきました! 今日もわざわざお店を探して来店して頂き ご購入し

記事を読む

中 とか 深 とか そもそもなんなのか?

 そもそもコーヒーの焙煎とは何なのか?コーヒーの焙煎とは コーヒー生豆を火であぶりコーヒー

記事を読む

エスプレッソ

エスプレッソマシンを使い出して 4年くらいになりますが やっとなんとなくわかってきました ドリップで

記事を読む

回帰して、そしてまた巡る

先日、島珈琲のホームページをスマホ対応のフレキシブルなんとかにする相談を、もう10年以上のお付き合い

記事を読む

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

厚手のカップ 薄手のカップ どっちがいいの?

プロローグ 寒いのが苦手の僕です こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 三寒四温の時季が近づ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

→もっと見る

PAGE TOP ↑