*

知らなかった コーヒー豆にもグレードがあったのか!

プロローグ

コーヒー豆には各国の格付けがありまして、それがコーヒー豆の大きさだったり、採れた場所の標高だったり、欠点豆の混入比率であったり、と様々です。

 

もうひとつあるのが、コーヒー豆の味わいを点数にした評価、これのグレード分けです。
最近よく耳にされるスペシャリティコーヒーだとか、マイクロロット、高品質コーヒー、これらが所謂、「味わい」で高得点で評価されたものが多いです。

 

点数を付ける人は有資格者で、僕は持っていません。
でも何となく、これは何点くらいだろうなくらいは分かります、だってコーヒーのプロですもの。

 

というわけで、今回はこの事をかみ砕いて書いていきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒー豆の点数とは

ワインのテイスティングみたいな感じで、コーヒーを飲むというか、口に含む様な感じで、沢山のコーヒーの味を確認していきます。

 

僕がブラジルに行ったときは、こんな感じでズラッと並んだコーヒーをテイスティングしました。

 

IMG_0280

 

スプーンですくい、口に含んで甘みとか酸味はどうか、嫌な味わいがないかどうか、飲み終わった後の口に残る味わいはどんなものか、香りはどうか、こういった事をシートに得点を記入し、トータルの得点がそのコーヒーの評価となり、その評価がそのコーヒー豆の価格に直結していくわけです。

 

それは資格をもった鑑定士さんが基準に従って、評価をだします。
ただ僕がブラジルに行ってテイスティング勉強をしていた時もそうでしたが、人の好みによって意見が別れる事もあります。

 

欠点の風味か良質な風味か、そのギリギリのラインのところは人の好み味覚によって多少左右される事もあると思います。

 

80点以上がライン

高品質コーヒーというのが何点以上からそう呼ばれるのか僕は知りませんが、スペシャルティコーヒーは80点以上がその冠を付けることができます。

 

その下はプレミアムコーヒー、その下がコマーシャルコーヒーといって一般に沢山流通しているコーヒー豆、その下がインスタントコーヒーなどに使われる工業用と呼ばれるコーヒー豆、ピラミッドの形のように下に行くほど大きくなり生産量も多い、という図式になります。

 

プロローグ

島珈琲は全てスペシャルティコーヒーですが、全て点数の飛び抜けて良いものを使っているわけではありません。
良いものだけだと、価格があまりにも高価になりすぎてしまいます。

 

コーヒーは嗜好品、家庭で飲むのは高級品のような感じがありますが、毎日飲む人にとっては日常品です。
飲み続けていける価格設定が大事かなというのが、僕の考えです。

 

あっ安売りすることではありませんよ。

 

得点80点くらいのコーヒー豆を焙煎やブレンドなので創作し、それ以上の価値があるものにする事も僕の使命だと思っています。

 

何よりもお客様の笑顔が僕にとっての一番の宝ですからね。
頑張ります!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

1杯のコーヒーで、3度味わいを楽しむ方法

岡町本店は日曜日だけが営業日。 実質の本店の機能は高槻店にあるのですが、島珈琲の出発点がこの岡町本

記事を読む

スコットブレンド ブレンド内容を変更します!

プロローグ 2016年1月20日にデビューしました、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナル

記事を読む

コーヒー豆を挽いてから、何日までに飲んだらいいの?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回も保存方法や鮮度の話を書きたいと思います。 コーヒーのたてか

記事を読む

美味しいコーヒーで味覚は磨かれる

歳を重ねるごとに、味覚は磨かれると思う。   僕は今年で43歳になりまして、目

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

店舗デザイン

  ありがとうございます 皆様からたくさんのお祝いのお言葉を頂きまして 感謝感謝です さて

記事を読む

五領公民館での僕のコーヒー講座の募集が開始されます!

先日、実家に遊びに行った時に、父が「規之が好きやから録画しといたで」と。 え、何?もしかして、北大

記事を読む

はじめてのコーヒーミル 手挽きと機械 どっちがいいの?

ある本を読んでいて、そこにはこうかかれていました。   ものがたくさんあること

記事を読む

ラマルゾッコ GB-5

  今日 設置しました うっっほっほーい! じゃあねピース    

記事を読む

チェンジ!新豆 今年のマンデリンが素晴らしい!

僕の日課は、糸井重里さんの「今日のダーリン」を読むこと。 文の構成や書き方が勉強になるし、書いてある

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎中にイメージしているのはこんなこと

僕の中ではコーヒーの焙煎って、皆さんに分かりやすく例えると野球のボール

コーヒー豆・粉を保存する時に注意すること

昨晩は友達と忘年会。 実は僕、牡蠣が食べられないのです、が、今回は牡蠣

まずはウェブから!価格を内税表示にします

最近、娘が将棋にハマっています。 昨晩も一局指しました。  

教えるとは教えられること

昨日は高槻芥川町にある食のセレクトショップ&カフェ テマヒマさんで、ワ

やっぱり質問が多いのはコーヒー豆、粉の保存方法

店頭で販売する楽しさは、お客さんと会話すること。 だいたい天気や気候の

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑