*

知らなかった コーヒー豆にもグレードがあったのか!

プロローグ

コーヒー豆には各国の格付けがありまして、それがコーヒー豆の大きさだったり、採れた場所の標高だったり、欠点豆の混入比率であったり、と様々です。

 

もうひとつあるのが、コーヒー豆の味わいを点数にした評価、これのグレード分けです。
最近よく耳にされるスペシャリティコーヒーだとか、マイクロロット、高品質コーヒー、これらが所謂、「味わい」で高得点で評価されたものが多いです。

 

点数を付ける人は有資格者で、僕は持っていません。
でも何となく、これは何点くらいだろうなくらいは分かります、だってコーヒーのプロですもの。

 

というわけで、今回はこの事をかみ砕いて書いていきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒー豆の点数とは

ワインのテイスティングみたいな感じで、コーヒーを飲むというか、口に含む様な感じで、沢山のコーヒーの味を確認していきます。

 

僕がブラジルに行ったときは、こんな感じでズラッと並んだコーヒーをテイスティングしました。

 

IMG_0280

 

スプーンですくい、口に含んで甘みとか酸味はどうか、嫌な味わいがないかどうか、飲み終わった後の口に残る味わいはどんなものか、香りはどうか、こういった事をシートに得点を記入し、トータルの得点がそのコーヒーの評価となり、その評価がそのコーヒー豆の価格に直結していくわけです。

 

それは資格をもった鑑定士さんが基準に従って、評価をだします。
ただ僕がブラジルに行ってテイスティング勉強をしていた時もそうでしたが、人の好みによって意見が別れる事もあります。

 

欠点の風味か良質な風味か、そのギリギリのラインのところは人の好み味覚によって多少左右される事もあると思います。

 

80点以上がライン

高品質コーヒーというのが何点以上からそう呼ばれるのか僕は知りませんが、スペシャルティコーヒーは80点以上がその冠を付けることができます。

 

その下はプレミアムコーヒー、その下がコマーシャルコーヒーといって一般に沢山流通しているコーヒー豆、その下がインスタントコーヒーなどに使われる工業用と呼ばれるコーヒー豆、ピラミッドの形のように下に行くほど大きくなり生産量も多い、という図式になります。

 

プロローグ

島珈琲は全てスペシャルティコーヒーですが、全て点数の飛び抜けて良いものを使っているわけではありません。
良いものだけだと、価格があまりにも高価になりすぎてしまいます。

 

コーヒーは嗜好品、家庭で飲むのは高級品のような感じがありますが、毎日飲む人にとっては日常品です。
飲み続けていける価格設定が大事かなというのが、僕の考えです。

 

あっ安売りすることではありませんよ。

 

得点80点くらいのコーヒー豆を焙煎やブレンドなので創作し、それ以上の価値があるものにする事も僕の使命だと思っています。

 

何よりもお客様の笑顔が僕にとっての一番の宝ですからね。
頑張ります!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの計量スプーンは1杯△gは豆・粉用 どっち?

プロローグ コーヒーの計量スプーン、僕たちはメジャーカップと呼んでいます。 コーヒー豆や粉をいち

記事を読む

ハニーフラッシュ!

 いくわよ ソーレ!ということで島珈琲といえばグァテマラ島珈琲といえばコスタリカこの二つの

記事を読む

no image

一歩一歩

 カフェBeの実習生 一歩一歩 成長していく様子を見ていて こちらもすごく勉強させられてい

記事を読む

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と言って、中に進んでこられます。

記事を読む

カフェインは本当に刺激物だけなのか?

プロローグ 怒濤のゴールデンウィークが終わり、溜まった事務作業に追われている僕です。 こんにちは

記事を読む

心の中のドリームマシンを錆び付かせるな

今日の大阪は雨 高槻界隈では年に1度の高槻祭りが 開催されています せめてこの時間だけでもやんでくれ

記事を読む

数値通りではない

本日は月曜日で僕のお休みですが、早朝より岡町本店にてコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎をしております。

記事を読む

生豆のコントラスト 混合焙煎とはこういうことです

コーヒーのブレンドには、ブラジルならブラジル、グァテマラならグァテマラをそれぞれに焙煎し、その後ブレ

記事を読む

コーヒーの味わいの「フルーティ」を考える

コーヒーの味わいでフルーティと言われるとどう思う? 先日、ご近所のチーズ専門店のフロマジュリー&a

記事を読む

コーヒーの香りについて調べてみた

プロローグ 僕がこうして自家焙煎珈琲店をするまでは、所謂コーヒーオタクでした。 東京の有名店など

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーシロップ無糖2023 明日2月10日より販売です

次のお休みの月曜日の午前中に、カミさんと京都へ行き、お昼頃高槻に戻る予

当たり前が一番むずかしい

昨日は東京からコーヒー豆を仕入している商社の社長さんが、わざわざ高槻店

安心も買っている

昨日はお休みで、バイクで所用巡りでした。   用事の最後に、

素直さこそスピード論

月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 今日はバイクで所

この焙煎機たちと一生付き合っていきたい

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店にやってきまして、先ほ

→もっと見る

PAGE TOP ↑