*

エキサイト!ボクシングでマンデリンの味わいを表現する

セコナウト セコナウト (セコンドアウト セコンドアウト)
ラウンード・エイト。

 

東洋太平洋コーヒー級タイトルマッチ、現在8ラウンドのゴングがなりました。
解説の浜田さん、ここまでの展開をお願いします。

 

チャンピオンのマンデリン、挑戦者ともに一進一退、ポイントもほぼ互角の展開ですね。
スタミナが十分なチャンピオンのマンデリンには有利な展開になっています。
はやりこのラウンドで挑戦者は、ポイントを取りに積極的な攻撃を見せてほしいものです。

 

ありがとうございます。
さぁ、挑戦者はジャブから入りました。
チャンピオンのマンデリンはパンチが見えていますね、よくかわしてしています。
浜田さん、チャンピオンのテクニックはいかがですか?

 

チャンピオンには特に繊細なテクニックがあり、容易に崩せない牙城ですね。

 

おっ-ーと、挑戦者の右がチャンピオンにクリーンヒット!
さぁ挑戦者、ここで勢いを付けて貰いたいところ、すかさずボディ、決まった!
挑戦者のボディがヒット、浜田さんチャンピオンが今、嫌な顔をしましたね。

 

はい、チャンピオンは明らかにボディを嫌がっていますね。
ここは挑戦者、チャンスですよ。

 

またボディが決まった!さぁ波にのる挑戦者ここは攻めていきたい。
ワンツー、右ストレートがクリーンヒット!どうしたチャンピオン!
浜田さん、チャンピオンの様子がおかしいですね。

 

はい、いつもの様子とはちょっと違いますね、おかしいですね。
挑戦者は腕がちょっと大振りになっているので、気をつけたいですね。
 

更に挑戦者が追い打ちをかける。
どうした?チャンピオン!今日はおかしいぞ!
また挑戦者のボディが決まったー!
チャンピオンが後退する、追いかける挑戦者ワンツーフック、コンビネーションは空振り、更に続けて右ストレート!決まった!
チャンピオンのマンデリン、ロープに追い込まれた。
挑戦者、渾身の右ストレート!危ないチャンピオン!

 

 

決まったーーー!

 

 

 

 

チャンピオンが決めた!決めました!
挑戦者の渾身の右ストレートに合わせて、痛烈なカウンターパンチ!
挑戦者、膝を折ってマット倒れたー。
レフリーはカウントを・・・取りません!
今、カクテルライトに向けて高く腕を上げクロスさせました、試合終了ーー!
会場には試合終了のテンゴングが鳴り響きます!
一体、何が起こったのでしょうか、浜田さん。

 

チャンピオンは打たれたふりをし、ダメージをある様子を見せながら、大振りになる挑戦者へカウンターを狙うチャンスを待っていた。
つまり演技していたのですね。
カウンターは例えると、動いている車の正面衝突のようなもので、通常のパンチよりも力は2倍以上。
この8ラウンドで決めるつもりだった様です。
まさに、王者のテクニックの神髄をみた、そんな試合でした。

 

いやぁ素晴らしい試合でした、浜田さん。
浜田さん、ここで王者マンデリンの特徴をもう一度お願いします。

 

はい、マンデリンはカウンターパンチのような味わいがあり、コクと繊細さを持っている、非常にバランスのとれた選手ですね。
まさにコーヒーの王者と言って過言ではないのでしょうか。

 

浜田さん、ありがとうございました。
次は世界を狙って欲しいですね。

 

東洋太平洋コーヒー級タイトルマッチ、8ラウンド2分ちょうど、王者マンデリンの見事なKO劇で試合は決着しました。
ここ島珈琲高槻店スタジアムより、実況は焙煎アーティスト島規之、解説は浜田つよしさんにお越し頂いてお送りしました。
それでは次回、エキサイティングボクシングコーヒーの時間まで。
浜田さん、今日は解説ありがとうございました。

 

どうも、ありがとうございました。

 

この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りしました。

 
IMG_0850
 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

僕がハワイ島のコーヒー農園で得た大事なこころ

プロローグ 僕がハワイ島のコーヒー農園へ働きに行ったのは、2001年1月のこと。 ボランティアと

記事を読む

なぜ僕がカフェじゃなくて、コーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 岡町本店は2002年3月29日にオープンしました。 カフェを開業しようと思えば、設備

記事を読む

焙煎アーティスト流 フレンチプレスの美味しい使い方

プロローグ たまに自分のコーヒーを淹れるのに、ハンドドリップするのが面倒くさいなぁと思う僕です。笑

記事を読む

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

個人のお店は人間性が大事というお話

もう10年以上前になりますが、船井総研のコーヒー経営セミナーに行った時に聞かしてもらったことです。

記事を読む

白色のコーヒーペーパーフィルターと色つきの違いは何?

プロローグ コーヒーペーパーフィルターの白色と色つきの違いは何か? 色つきはそのほとんどが茶色だ

記事を読む

モカ、モカって何でいろんな種類があるの?

少し肌寒くなって来た、ここ高槻です。 いかがお過ごしでしょうか。   少し寒

記事を読む

もっとはやく気づいていれば・・・

プロローグ 僕がコーヒーのことをブログの記事として書くわけは、僕がコーヒーことが大好きなことと、ま

記事を読む

最初から良いものを使うと 後でちょっと苦労した

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は2009年から3年半の間 障

記事を読む

1+1=2以上になる 経営とか結婚とかブレンドとか 相乗効果の話

プロローグ 島珈琲を立ち上げた当初は一人で経営をしていました 一人で長く経営していると一人の力は所

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
影で力を発揮しているヤツがいる

実は近畿の梅雨入りがまだなのです。 四国、中国、九州の北部、そして近畿

店頭でコーヒーミルを展示、販売してない理由

終わりました。 父の日ギフトの発送。   間違えないように、

工務店や蕎麦屋がコーヒーを販売?あずブレンド、そばっこブレンドめっちゃ売れてます!

    しかしすごいです、お二人とも。

コーヒー豆の裏作とか表作とかの話

まずはご連絡から。 6月の末に大阪の北港か南港かで、サミットが開催され

父の日ギフトの発送 まだ間に合います!

お客さんからお電話でお問い合わせがあったので、こちらからもご連絡させて

→もっと見る

PAGE TOP ↑