*

美味へのあくなき追求

公開日: : 焙煎アーティスト

先日、PayPayという、ヤフーとソフトバンクの合弁会社が運営する、スマホ決済、QRコード決済ができるシステムを島珈琲にも導入しました。

 

クレジットカードと連携したり、残高をチャージしたり、ペイペイのアプリをスマホにダウンロードして設定をするとすぐに使えます。

 

現に、島珈琲のお客さんもその場で直ぐにクレジットカードに連携して、お買い物をしてくださいました。

 

クレジットカードの連携は、まだ全部のカード会社とは行きませんが、来年3月にはほぼ連携できるようになる、と聞いてます。

 

使い方が簡単すぎて、僕にもすぐ理解できました。

レジでのやり取りがスマートすぎて、ちょっと物足りないくらいです 笑

 

アプリをダウンロードすると500円が進呈されますので、島珈琲だったら、コーヒー1杯分がサービスになりますね。

 

島珈琲のリアル店舗でクレジットカード決済をおのぞみの時は、ぜひペイペイを使ってお支払くださいね。

 

初めての方には登録でお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします!
こうしたシステムも出来るだけ、追求できるようにしていきたいです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

美味へのあくなき追求

 

ブログのネタを探していて、本を手に取ったのですが、その本に良い事が書いてあったので、そのまま抜粋します。

 

文化面 ー 絵画・陶芸など ー でも、優れた作品に接して感覚を養っているかどうかによって美意識や審美眼が変わってくる。

 

ほんとうに僕もそう思います。

コーヒーの味わいに文化や教養などの勉強が必要なのか、と聞かれればそれはイエスだと考えます。

 

ほんものには何か、どこか、共通しているところがあると思うのですね。
美味しいモノを作るには、美味しいモノだけを調べ勉強していればいい、というわけではなく、文化や芸術に触れることで、またその味わいを深く見つめることができると思うのです。

 

様々なものに触れる

 

コーヒーでも良いもの、上質なコーヒーを知る、飲むことも大事ですが、缶コーヒーやインスタントコーヒー、コンビニコーヒーを飲むことも必要。

 

なぜ、そして何が違うのか、をより知るためにいろいろなものを口にする必要があると思う、これが僕の考えです。

 

飲み物だけでなく、食べ物もそう。
口から入るモノ、耳から入るモノ、それから目から入るモノ、すべて大切なのです。

 

ただし、考えることが大事だと。

 

なぜ美味しいのか、なぜ口に合わないのか、なぜ綺麗なのか、なぜこれが芸術なのか、「なぜ」を持つことが大切で、そして考えること。

 

いや、僕もね、芸術のことなんてわかりません、詳しくなんてありません。

 

でもそれを見て何を感じるか、どうしてこれが本物と呼ばれるのか、それを自分になり考えることによって、心の審美眼を磨かれているのだと信じております。

 

そう心の審美眼を磨くこと。
それは一生をかけて、の追求していくわけです。

 

だから面白いのかなって思います、コーヒーって。
審美眼を磨きつつ、コーヒーの美味への追求も深めていきますね。

 

さぁ明日は定休日、心の審美眼を磨いてまいります!

 

それでは。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎アーティストとは一体なんなのか?

まず重要なお知らせから。 2月25日日曜日、26日月曜日、本来なら高槻店は日曜月曜が定休日です

記事を読む

良い香りをコーヒー豆から引き出すために

島珈琲高槻店には、特注の焙煎機があります。 コーヒー焙煎とは、コーヒー生豆に熱をあて、化学変化を起

記事を読む

お店の看板だって繋がりの時代になった

プロ野球が好きな方は、投手が分業制になっているのはご存じのことですね。 先発・中継ぎ・セットアッパ

記事を読む

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を浮かべて「美味しいね、ありがと

記事を読む

コーヒー豆をプレゼントしたい!でも先様の好みがわからない!そんな時のこの話

プロローグ コーヒー屋をはじめまして、この間の3月に15年目に入りました。 こうして続けていける

記事を読む

20年選手の僕だって焙煎に失敗することがある

昨日は東京からPansonicの荒川さんが御来店。    

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

犬も歩けば・・・いや 歩かないと棒にもあたらない

昨日は業務終了後 急ぎ足で阪急電車に飛び乗り 大阪 本町へと向かいました そう島珈琲のコーヒー豆

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
香りの良いコーヒーはどれですか?

カフェBeの玄関には沈丁花があるのです。 今、これが非常に良い香り。

ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

コーヒーは新豆の時期が一番美味しいの?

急に春のような気候になった高槻です。 昨日までお店には暖房を入れていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑