*

なんでそんなに種類があるの?コーヒー計量カップの種類

プロローグ

コーヒーを1杯淹れるのに必要なコーヒー豆、粉は島珈琲では10グラムとお伝えしています。
お好みの味わいの濃淡は、その10グラムを基準にしてコーヒーの豆・粉の量を調整してください、とお伝えしています。

 

さてその10グラム、どうしたらいちいち計らずにセットできるのか?
はい、コーヒー用の計量スプーンこれをメジャーカップと呼ばれいますが、こうした便利なものがあるのですね。

 

しかし、三角のがあったり、台形のがあったり、何が違うのか?
今回はそこをお伝えしますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

手元に3つのメジャーカップがあります

黒色が、ポダムのフレンチプレスに付属していたメジャーカップです、こちらは1杯で7グラムです。
真ん中、三角になったもの、こちらはメリタ社のメジャーカップで、1杯8グラムです。
銅ですがプラスチック製でもあります、こちらはカリタ社のメジャーカップ、1杯10グラムです。

 

IMG_0562

 

という感じで、メーカーによって実にバラバラです。
ポダムがなぜ7グラムなのか詳細は知りませんが、たぶん自社のフレンチプレスは1杯分7グラムで美味しく出来るよ、という裏付けなのだと思います。

 

メリタはドリッパーが1つ穴のため、お湯がゆっくりしたに落ちるので、8グラムで十分良い味わいになる、というメリタ社の考え方から1杯8グラムです。

 

カリタは10グラムが美味しいと言うことで、それぞれ自社の器具に対して適量と考える1杯の量を、メジャーカップのサイズにしてしまっているから、メーカーによってバラバラなんですね。

 

島珈琲はカリタ社のメジャーカップをオススメしています

10グラムだと例えば8グラムにしたい時、すくう量を8分目にすればいいわけで、目安の量が計りやすいからです。
それと中焙煎と深焙煎、同じ豆でも豆1粒の重量がやや違うのですね。

 

中焙煎は焙煎時間が短いので、熱に当たってる時間が短いです。
従って、熱に当たっている時間が長い深焙煎のコーヒー豆より1粒が重い事になります。

 

熱が当たるとコーヒー豆は膨らみます、中焙煎より深焙煎のものの方が膨らんでいる事になります。

つまり、 中焙煎=1粒が小さくて重い 深焙煎=1粒が大きくて軽い となります。

 

これを同じ様に、すり切れ1杯すくった場合、深焙煎のコーヒー豆の方を少し多く盛らないと10グラムにはならない事になります。

そういう事も含めて、10グラムのメジャーカップの方が区切りが良くてわかりやすく、使いやすいと僕は思ってます。

 

エピローグ

コーヒーって難しい、と思われる原因は器具やメーカーによる基準のまちまちさ、だと思っています。
器具やいろんな事によって色々違いがありますが、分からない時は僕に聞いて下さいね。

 

次回はペーパードリップのペーパー、最初に濡らすべきか否か、をお送りします。
お楽しみに!

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ネーミング

商品のネーミングはとても大事だ一発でイメージしてもらうそれが何なのかを伝えるそして覚えやすいなのかな

記事を読む

no image

珈琲が深まる

 エスプレッソマシンを使い出して 約3ヶ月くらいが経つ エスプレッソに関しては今まで 経験

記事を読む

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

産地によるコーヒーの味の違い

たまには コーヒー屋さんらしくコーヒーの記事を 書こうと思い みんなどんな事が知りたいのだろうか と

記事を読む

コーヒー豆を粉にした時の表面積のお話 ~だから粉の保存は冷凍庫~

先日、お客さんにコーヒー豆は1粒で何グラムですか?と聞かれ、頭の中の記憶の引き出しから、ダダッと探し

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

1杯のコーヒーで、3度味わいを楽しむ方法

岡町本店は日曜日だけが営業日。 実質の本店の機能は高槻店にあるのですが、島珈琲の出発点がこの岡町本

記事を読む

北海道・東北・沖縄のお客さんに吉報 全国送料一律290円 香りあふれる便スタートです!

以前にもお知らせしました、香りあふれる便スタートです。   なんだそれは!とい

記事を読む

汚れちまった悲しみに

 得てして僕の日記のタイトルは  日記の内容と関連性がないことのほうが はるかに多い 今日

記事を読む

どんなふうにできるの?コーヒーシロップ180リッター分、仕込みの流れとは!

プロローグ 今朝はコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎でした。 仕込み焙煎=コーヒー豆を工場で加

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑