*

コーヒー豆の脂ってナニ?というお話

長くブログを続けていると、ブログのタイトルを見つければその日のブログはもう書いたも同然、な感じになるのですね。

 

文の構成や内容は、ほとんど書きながら考えています。
とにかくタイトルが浮かび出れば僕の場合、その後のブログを書く時間さえキープすれば「ブログを書く」ということには問題ないのですね。(いくら考えてもタイトルが浮かばないときは苦しんでいますけどね 笑)

 

 

 

昨日は高槻にある障がい者支援サービス よつば放課後ディサービスさんのイベントで、コーヒー教室をお願いされ行ってきました。

 

お話をしていて、ブログを書いていることは、ははん、こういう時に役立つのか!と思ったのです。
というのも、引き出しはいっぱいあるので、話に困ることはないのですね。

 

質問や、その時にハッと副題が見つかれば話ができますからね。

 

ブログを書いていることが意外なシーンで役立つことに気づいた僕でした。
昨日はとりあえず喜んでもらえた様子、ほっとしております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

 

コーヒー豆の脂ってナニ?というお話

夏といえばアイスコーヒー。
アイスコーヒーの豆を見ると、黒くテカテカなものが多いかと思います。
テカテカは脂ですよね。

 

このコーヒーの脂はなんなのか、という今回のお話。

 

浅焙煎や中焙煎など煎りの浅い焙煎豆には、このコーヒーの脂はあまり見られません。
主にアイスコーヒーなどに使われる苦味のあるコーヒーに脂はよく見られます。

 

同じコーヒー豆なのに、脂が出たりでなかったり、なんなのか。

 

コーヒー豆は焙煎によってあのコーヒーブラウンの薫る豆になるわけですが、焙煎とは炎などによる熱に焙られてコーヒー豆に化学変化を起こし、香りのある豆に変える技術です。

 

熱に焙られて、コーヒー豆の繊維は伸びて行くのですね。

 

熱が当たる時間がポイント

浅・中・深と大きく焙煎度合いがあるのですが、焙煎時間は同じ条件なら、浅焙煎から中焙煎そして深焙煎の順に焙煎時間は長くなります。

 

深焙煎の豆は長く熱に焙られていることになります。

 

長く熱にあたるということは、コーヒー豆の繊維質がその熱によって浅焙煎や中焙煎のものよりも熱が長くあたっている分、もろくなっているのですね。

 

ですから、そのもろくなっている繊維を深焙煎の豆は自ら脂をだして、身を守りにかかっている、そう解釈してください。

 

脂がでているから古いということはありません。
焙煎して2日目くらいには出てきますからね。

 

深焙煎コーヒー豆が熱にあたることによりもろくなった繊維質を自衛するために、コーヒー豆は脂をだしたいる、これがコーヒー豆の脂の理由です。

 

自然というのはすごいですよね。
今回はそんなコーヒー豆の脂のお話でした。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェインゼロコーヒーで作るアイスコーヒーも美味しいYO!

プロローグ カフェインゼロコーヒー、デカフェやカフェインレスコーヒーと呼ばれるコーヒーと同じです。

記事を読む

no image

できてきたぞぉー!

新しいホームページがほぼ完成の段階に入った はやりプロに頼むといい仕事をしてくれはるもんだ! あと少

記事を読む

焙煎アーティストだって焙煎を失敗する時はある

プロローグ 島珈琲を開業したのが2002年ですので、14年が経ち15年目に入っています。 &

記事を読む

ドリップのやり方で味を濃くしたり、薄くしたりする方法があるらしい!

プロローグ ブログのタイトルは大事だ。 見出しのところで読もか、読むまいかを決める。(人も多いは

記事を読む

島珈琲の野望Ⅱ

プロローグ 以前にもこんなタイトルの記事を書いたので、今回はⅡになります。笑 こんにちは 焙煎ア

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

コーヒー豆の中に茶色い「皮」が入っていた。異物なの?

プロローグ 先日、岡町本店に友達が来てコーヒー豆をストックケースからビンに移し替えている時に、「何

記事を読む

ケニア深焙煎考

JUGEMテーマ:仕事のこと マサイの戦士で知られるケニア コーヒーよりも ウバなどの紅茶の方が有

記事を読む

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

ペーパーを濡らしてドリップするときに気をつけたいこと

プロローグ ペーパードリップの際、ペーパーを濡らす理由は以前に書きました。 そのブログはこちらで

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービス

→もっと見る

PAGE TOP ↑