*

ちょっと知ってるとコーヒーが面白くなる!焙煎のお話

昨日は定休日で、家族でキッズランドに行き娘とひたすら遊んできました。
汗だくになって遊ぶ娘。

 

エアーマットで跳ねる遊具があるのですが、そこに何度も何度も行こうと僕たちを誘い、ひたすら跳ねる。

 

子供たちがくたくたになるまで遊ぶ姿を見ると、「仕事」に「遊び」の要素を混ぜると必死になれるので、仕事でも成果がでるのは当然だなぁなんて、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のエクスマの名言を思いだしたり。

 

遊びのように仕事に夢中になる、それができたら仕事はもっともっと楽しくなるね。
娘の姿を見てそんなことを思っておりました。

 

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

焙煎でこんなことが起こっているんですね

皆さん、ポップコーンって作ったことありますか?
コンロの上でシャカシャカして何分間していると、ポンッポンッってはじけますよね。

 

実はコーヒーも同じ様にポンポン!と爆ぜて、そしてコーヒー豆は大きくなるのですね。
ポップコーンのように中身がはじけ出てくるわけではないのですが、コーヒー豆は1回だけではなく、2回あります。

 

爆ぜと書いて「はぜ」と読むのですが、1回目の爆ぜを1ハゼ、2回目を2ハゼと読んでいて、1ハゼはパンッ!パンッ!単発の音が焙煎しているコーヒー豆のぶんだけ音がします。

 

2ハゼは1ハゼと違って、パチパチパチパチと連続して音がなります。

 

鉄砲で例えるなら、小型のピストルが1ハゼ、マシンガンが2ハゼ、単発でなる1ハゼと連続でなる2ハゼ音は同じコーヒー豆なのにまったく違うものなんですね。

 

1ハゼと2ハゼは合図

ハゼはコーヒー豆が熱によって化学変化する途中、細胞破壊が起こるために爆ぜる、と何かの本で読んだことがあります。

 

コーヒーのあの香りやあの味わいもハゼが起こるから、と聞いています。

 

こうしたことは科学ではまだ証明しきれれていないこともたくさんあるようで、コーヒーがまだまだ不思議な飲み物とされているのは、そのあたりに原因がありそうですね。

 

そしてハゼを起こすとコーヒー豆は大きくなり、深焙煎のコーヒー豆と焙煎前の豆を比べると2倍くらいの大きさになっているんです。

 

この2回のハゼは焙煎にとってはありがたい音なんです。
ブラジルだからこんな音とか、産地によってハゼが起きない、ということはありませんので、どのコーヒー豆も音もハゼも同じ様に起こりますので、合図になるのですね。

 

1ハゼからしばらく経ち2ハゼに入る直前が島珈琲の中焙煎。

2ハゼに入ってしばらく経ち2ハゼのピークのちょっと手前が、島珈琲の深焙煎。

 

こうして焙煎のチェックポイントとしてハゼは活躍してくれています。

皆さんはこの音を聞くことはほとんどないと思いますので、次は動画に収めて皆さんにお聞きしてもらいますね。

 

今回のお話は豆知識で役には立たないことですが、コーヒーを飲むときの会話になんかにしてもらえたら嬉しいです。

 

それでは。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ブレンドコーヒーの味わいは、どこに目を向けるともっと楽しくなるか

ブレンドコーヒーと言えば、皆さん何を想像しますか? いろんなコーヒー豆を混ぜ合わせているコーヒーで

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあった

プロローグ もちろんカプチーノに入るエスプレッソも美味しいからカプチーノが美味しいわけですが、今回

記事を読む

ミルクに合うコーヒーの作り方

プロローグ ミルクに合うコーヒー。 コーヒーを軸にしてミルクを入れるのか、ミルクを軸にしてコーヒ

記事を読む

厚手のカップ 薄手のカップ どっちがいいの?

プロローグ 寒いのが苦手の僕です こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 三寒四温の時季が近づ

記事を読む

コーヒー豆を粉にする時、コーヒーメーカー用の挽き方があるの?

プロローグ たぶん秋頃になると思います。 出版する、僕のコーヒー本がの原稿が佳境に入りました。

記事を読む

コーヒーを淹れる時、濃さの調節はどうしたらいい?

寒くなるとホットコーヒーがグッと美味しく感じますね。 身も心も温まりますね。  

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

あの芸能人のTANPAN COFFEE の品質はほんまにすごいぞ!

    あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんから、「TA

記事を読む

no image

冬の味覚

人間の味覚は夏と冬と つまり気温の差で 感じる味覚がちゃうらしい 夏は酸味を感じやすく 冬は苦味を感

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ

コーヒーの「美味しい」には 何が隠されているのか

ありがとうございます。 19日から21日まで僕の両親と家族、合わせて

6/20(火)21(水) 通販業務・高槻店臨時休業のお知らせ

      い

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えてい

ドリップしたあとの粉が、綺麗なスリ鉢になるためのコツとは

さて、いよいよです。 いよいよ家族旅行です、って皆さんには関係ないで

→もっと見る

PAGE TOP ↑