*

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ

ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。
昨日はツイッターで繋がる、神戸のお客さまがわざわざ来られ、コーヒーについてお話をしていました。

 

そんな中でいろんな質問を受けて、それにお答えしていたのですが、ふと僕の発した言葉に、そのお客さまが「ブレンドは生演奏なんですね」と言われて、そうそれ!

 

探していた言葉を見つけた、そんな一コマでした。

ブレンドは生演奏、とはどういうことか。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_3501

 

ブレンドとは変わるモノ

ブレンドは味わいは常に一定しているのか、というお話をしていたのですね。
それについて僕はブレンドの味わいは常に変化しています、ただ大きい変化ではなく、小さい変化をしながら、できるだけ元の味わいに近づけながら調節しています、とおこたえしました。

 

なぜ変化するのかというと、ブレンドの元になるコーヒー豆。
いつも同じ国の同じ産地の同じ地区のコーヒーを用意できたとしても、農産物なのでその年によって味わいも変わります。

 

野菜でもお米でもそうですよね。

 

焙煎でも季節により味わいは多少変わっています。
ブレンドは数種類のコーヒー豆を混ぜ合わせて、新しい味を創造します。

 

ただし毎年同じ味わいの原料を確保できるかというと、僕のような小規模のお店ではなかなか難しいです。

ですので、同じ味わいを目指さずに、変化があるのがブレンドコーヒーです、と説明しています。

 

CDで例えると

昔、吉川晃司が好きでよく聞いたのですが(昔のCDは今でもたまに聞きます)、ライブで収録したCDと、CDの為に収録したCDの吉川晃司の声って違うじゃないですか、これはどんなアーティストでもそうですよね。

 

同じ歌でも、今日のライブと明日のライブでは、同じじゃありませんよね。
微妙に違いますよね。

 

島珈琲のブレンドもそんな感じなんです。

微妙に違います、同じを味わいを狙っていません、但し完成度の高さには意識しています。
変化を楽しむのがブレンドの醍醐味だと僕は思っています。

 

大手メーカーは同じ味わいを作りますが、僕は同じ様な味わいの中で毎日に少し変化をつけながらブレンドを作ります。

 

大きい味わいのブレはないですけどね。
音楽でいうところの同じ歌、同じ曲がベースにありながら日々少しの変化がある、というところです。

 

エピローグ

変わることを楽しむ。
人だって昨日と今日では違っていますよね。

 

微妙な変化を楽しむ、これもコーヒーを飲む楽しみに追加してもらえると「コーヒーを愉しむ」という幅が広がって、より楽しく飲んでもらえるのではと、これを読む皆さんに期待したいです。

 

ブレンドは生演奏という話から、コーヒーの楽しみ方へ繋げたお話でした。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

水だしコーヒー用のコーヒー豆はどれがいいの?

プロローグ 最近、娘が甘えてくるのが嬉しい僕です。 娘と遊んでいて、その笑う声、笑う顔に癒されて

記事を読む

粉の量をいつもと同じで濃い味を作るドリップ方法

プロローグ 今日は1月2日、明日は1月3日日曜日ですが、岡町本店はお休みしまして高槻店を営業します

記事を読む

ブレンドコーヒーはチーム力だ!

シングルオリジンというのは、単一農園産のコーヒーを指します。   もし僕がブラ

記事を読む

カッピングスプーン

                                             カッピング

記事を読む

お正月におすすめコーヒーと福袋のご案内

プロローグ 今日はご案内です。   まず年末年始の各店舗の営業について。

記事を読む

コーヒーを焙煎する焙煎機による味の違い 

プロローグ 今年の夏はちょっと違う。大阪は通年以上に湿度を感じ、同じ温度でも重く苦しい暑さになって

記事を読む

迷えば、その「迷い」はモノに移る

プロローグ 今まで結構迷って生きてきました。笑 特に焙煎のことは何度となく迷っては負のスパイラルに

記事を読む

コーヒーはどんなときに飲みますか?

プロローグ 島さんはいつブログを更新しているのですか? と、先日お客様に聞かれました。だいたい朝

記事を読む

お店で粉にしてもらうのと、家でするのと、どっちが美味しく挽けるの?

プロローグ コーヒーの味わいはコーヒーチェリーの精製から輸送、焙煎、保存、ミル、抽出方法などなど、

記事を読む

なぜ 円すいのコーノ式を選んだの?

島珈琲では、ペーパードリップのドリッパーはコーノ式をオススメしております。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑