*

アイスコーヒーを美味しくドリップする 総集編

プロローグ

芸能人が来たよーーーー!!!
昨日、芸能人の奥ノ谷短パン社長がなんと高槻店に来られました。

 

アパレルメーカーの社長だけど芸能人。
レギュラー番組を持っているほどのお方です。

 

大阪に居てはるのは知っていましたが、まさか来られるなんて。
動揺して、過呼吸状態でした。(芸能人 奥ノ谷短パン社長のツイッターでこんなツィートが!笑 バイセンは僕のニックネームなんですね。)

 


頭真っ白になりましたが、めちゃめちゃ嬉しかったです。
皆様、お忙しいところほんとうにありがとうございます。

IMG_3097

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

アイスコーヒーを美味しくドリップするためのまとめ

今回は部分部分で説明するのではなく、まとめて書いていきますね。

 

まずアイスコーヒーをドリップするとき、粉は出来るだけ細挽きにする方がオススメです。
冷たくなると味わいがぼけるので、濃い目に作ったほうが氷を入れて飲む場合、しっかりとした味わいになります。

 

細挽きのコーヒーの粉、一杯120ccあたり12グラム。

焙煎度合いは、アイスコーヒー用ですと極深焙煎が一般的です。
黒くテカテカと脂が浮いている豆。

 

冷やしたときに苦味が口の中ではじけた方が美味しく感じます。
ですので苦味のある深焙煎の方が良いですが、中焙煎の少し酸味のあるコーヒーもそれはそれで美味しいです。

 

フレッシュジュースのような味わいになり、それもまた美味しいです。

苦味の深焙煎、爽やかさの中焙煎、かでお選び下さい。

 

ドリップする時に

ドリップする時のお湯の温度は90℃くらいで大丈夫。
僕は94℃で淹れていますが、そんなびっくりする差はないと思います。

 

ティファールならお湯が沸き、フタを開けて2~3分経ってから。
お湯を沸かしドリップポットに移すなら、移した時点で94℃近くになっています。
それくらいでオーケーです。

 

アイスコーヒーは冷まして飲むので、ドリップはゆっくりした方が良いです。
コーヒーという濾過槽にお湯をゆっくり落とした方が、コーヒーの成分もよく出ることになります。

 

非常にゆっくりとドリップしてみてださい。

できればお湯の線、これを出来る限り細くして。

 

IMG_3110

 

で最後。
ドリップして出来上がったコーヒーを冷まします。

 

氷をいれたボールに水を張り、サーバー事ごと浸けて冷ます方法。
氷を入れたグラスにそのまま入れて急冷させる方法。

 

前者は手間がかかりませんが、味わいはもったりした感じです。
後者は手間はかかりますが、味わいがシャープで香りがある、ビールでいうキレがある味わいです。

 

どちらかは好みだと思います。

アイスコーヒーを美味しく出来るポイントが以上です。

IMG_3105

 

プロローグ

ドリップする時に、ホットコーヒーの場合よりもゆっくりゆっくりする、というのがだ最大のポイントです。
ドリップで濃厚なコーヒーを抽出すると、味わいはかなり違ってきます。

 

腱鞘炎にならない程度にやってみてくださいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どうしてドリップするときに「蒸らし」をするのか

プロローグ だいたいブログのネタは前日までに用意、できなければ朝のうちに考えて、10時に高槻店をオ

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

ハンドドリップでグルグル回しながら淹れるのはなぜか?

プロローグ ペーパードリップなど、ハンドドリップしてコーヒーを淹れる時「の」の字を書くようにお湯を

記事を読む

コーヒーポット(ドリップ用のポット)の選び方3つのポイント

プロローグ 昨日、お客さまからコーヒーをドリップするときに使うポット。これを選ぶときに何を気をつけ

記事を読む

ご存じですか?コーヒーは濃いのが底に溜まっていることを

プロローグ コーヒーを生業にしているプロなら超当たり前の事なんですが、案外知られていないのがコーヒ

記事を読む

陶器とプラスチック、どっちのドリッパーが良いの?

昨日はお休みで、家族で高槻天神さん 上宮天満宮へお詣りに行ってきました。 上宮天満宮の本殿は小高い

記事を読む

ペーパーフィルターの折り方にコツはあるのか

春眠暁を覚えず。 最近、身体はしんどくないのですが、ねむたい自分がいます。  

記事を読む

コーヒーをお湯や水で割るってどうなの?

プロローグ あなたはコーヒーをお湯やお水で割って、コーヒーを飲まれますか? 僕はあります。

記事を読む

美味しいコーヒーの器具はどっちだ、対決!ペーパードリップVSフレンチプレス

プロローグ   両者リング中央へ。   WBCコーヒ

記事を読む

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がお

毎月の季節のブレンド どんな感じでブレンド作っているの?

体調が芳しくありません。 連休前からのバタバタで疲れが出てしまったよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑