*

知っておくと便利、水だしコーヒーのあれこれ

プロローグ

コーヒーブームなのかな、最近よく店頭で水だしコーヒーについて聞かれることが多くなりました。

 

水だしコーヒー、これにもいろいろあってお水に直接コーヒーの粉を浸ける方法もあれば、水出し麦茶のお茶パックと同じ様なものにコーヒーの粉を入れ、浸けておく方法、皆さんよくご存じのポタッポタッと点滴のように落ちて、ゆっくりとコーヒーの粉を通りコーヒーが抽出されるダッチコーヒー、などがあります。

 

どの方法が美味しいのかは好みの問題で、点滴のように落ちるダッチコーヒーは装置、というか器具がなければ作れません。

 

となると御家庭で水出しコーヒーを作るには、直接浸ける方法か、パックに入れて浸けるかの方法に絞られると思います。
基本的なことを今回は説明していきますね。

 

IMG_2982
島珈琲では水だしコーヒー用のパックを使って、水だしコーヒーを作る方法をオススメしています。
写真は水だしコーヒー用のパック(粉を詰める前)です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

粉に対する水の量

島珈琲の基準では、コーヒーの細挽きの粉80グラムに対して1.3リットル、これで冷蔵庫に8時間程度浸けていると水だしアイスコーヒーが出来上がります。

 

80g=水1リットルが標準的ですが、島珈琲は水だしコーヒーをパックに入れていますので、これが300CCほど水を吸収しているようです。
ですので、1.3リットルにするとちょうど良い味わいでした。

 

その半分でも作れることはできますが、はやり粉の量が多い方が味わいも質感が増え、味に厚みができて美味しいのです。

 

ですので、この量をオススメしています。

 

直接浸ける方法

ガラスのサーバーなどに粉を入れ水を入れて、少しかき混ぜる、そして冷蔵庫で寝かす。
その後、取り出してペーパーで濾す。

 

これはオススメできません。
ペーパーが根詰まりを起こし、最後まで濾すことが出来ないはずです。

 

ですので、直接浸ける場合ハリオさんから水だしコーヒーを作る専用のポットが販売されています。

 

こちらは金属のメッシュになった漉し器にコーヒーの粉を入れ、出来上がったらその金属のフィルターを取り出す、そうして水だしコーヒーを作れるポットです。
使われている方も多いですね。

 

パックにしても専用のポットを使ったとしても、多少は微粉と呼ばれるコーヒーの細かい粉が底にたまります。(ドロッとしたのね)
これは致し方ありません。

 

このドロッとしたのを少なくしたい時は、コーヒー豆を粉にする時、中挽きにすると軽減されます。
島珈琲はコーヒーの粉の挽き目は、アイスコーヒー用の細挽きで水だしコーヒーを作ります。

 

細挽きの方がしっかりとして美味しい味わいになるんですね、但し上記のように底にドロッとしたのは残ります。

 

エピローグ

島珈琲の水出しコーヒーパックはこんな感じで販売しておりますので、よろしければこちらからどうぞ。

 

http://www.shima-coffee.com/qck-0008/

 

水だしコーヒーパックは直接、水にコーヒーパックを浸けるので香りがそのまま移るのですね。
だから香りがすっごく良いですよ。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

作る時の気持ちって大事

美味しく作る、最強のコツはそのことを楽しむこと。 美味しくなれ、と愛情を込めること。 &nb

記事を読む

僕のコーヒーの始まりは珈琲館でのアルバイトからでした

昨日、ブログをフェイスブックにリンクすると、高校の時から友達がコメントをいれてくれました。 目を通

記事を読む

ブレンドの作り方 考え方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 高槻店での喫茶部門 夏のナ

記事を読む

女子がドリップコーヒーを淹れるのに大事してほしい3つのこと

プロローグ 最近、嫁さんがペーパードリップの練習を始めました。 といっても高槻店のオーダーを任せ

記事を読む

ドリップが上手くなるということは、味を正すこと

プロローグ 昨日、お客様から質問があったことをお答えしながら、ふと気づいたこと。 それと質問があ

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆 脂が少ないのはなぜ?

プロローグ 今回のご質問は、先日スコットブレンドを購入して頂いた僕のお友達で、お医者さんの佐々木み

記事を読む

ペーパーはタッパーで

 ほんとは昨日書こうと思っていた記事なんですが僕はブログの記事の書きためすることはせずその

記事を読む

no image

プロ焙煎士から焙煎アーティストへ脱皮!

そうです 今まではプロ焙煎士 島 規之 と申していましたしかし AMMの岡田先生に15時間くらいのヒ

記事を読む

ハワイ島で過ごしたコーヒー農園を思ふ

時に香りと一緒に記憶を呼び起こすことってありますよね。 あ、この香り あの時の香りだ、記憶の一部分

記事を読む

初めてのコーヒーミル 何を買えばいい?

プロローグ 秋です。ホットコーヒーの美味しいシーズンがやってきました。 おうちで飲むコーヒー、一

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑