*

お店によって違うコーヒー豆(粉)の袋、違いは何?

昨日は阪急宝塚線 中山観音駅 中山寺入り口のすぐにあるカフェ カフェ・ド・コクリコのマスターとママさんが御来店。

 

実はコクリコのマスターは小学校の時の友達の弟さんで、幼い時そのマスターである弟さんと一緒に遊んだこともある間柄なんです。
カフェ・ド・コクリコの経営を前オーナーから引き継ぎ、その弟さんが去年からカフェの経営をされています。

 

お兄さんからの紹介で、島珈琲のコーヒー豆をコクリコさんで使ってもらうことになりまして、昨日はマイルドタイプのコーヒー豆のご相談でした。

 

阪急電車のホームページでカフェ・ド・コクリコを紹介しております。
中山寺にお越しの際はぜひゆっくりと、こちらのカフェでくつろいぎ、美味しいコーヒーで癒されてくださいね。

 

サイトはこちらです。
http://www.hankyu.co.jp/area_info/spot/18235/

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

お店によって違うコーヒー豆(粉)の袋、違いは何?

 

コクリコのマスターとお話していて、お客さんから豆が欲しいとのニーズがあり、今後は豆の販売もしたいのでと言われていましたので、コーヒー豆の袋のお話をブログで説明もかねて書きたいと思います。

 

コーヒーのパッケージでよく利用するのが、こちらのニコノスさん。
近年は本当にいろんなタイプが増えましたので、コーヒー豆(粉)に関わらず、お菓子を入れる袋にも使えると思うので、サイトのリンクを貼り付けておきますね、参考にしてください。

 

ニコノス
https://www.niconos.co.jp/

 

TANPAN COFFEEのオリジナルパッケージを作る時にお世話になったのがこちら。
こちらはオリジナルパッケージを作る時に小ロットで対応してくれるので、オリジナルを作りたい人には参考になあるサイトです。

 

みんぱけ
https://www.minpake.com/

 

袋もいろいろ種類があって面白いでしょ。

 

その違いは何か、ですが基本的にはお店からおうちに持って帰るための袋です。
プラスその袋で保存をするときにどんな機能を持っているか、が違いになりますね。

 

袋の材質と機能について

 

だいたいアルミのタイプが多いように思いますが、紙のタイプもありますね。
裏側がアルミコーティングされている場合はオッケーですが、紙に近い場合はおうちに持って帰ったら、他の容器に移した方が良いですね。

 

以前、島珈琲ではコーヒー豆袋で紙のパッケージのものを使用していましたが、冷蔵庫に入れて保存していると破けた、とお客さんから教えてもらいました。

 

あと微妙に紙のニオイがコーヒーに移る場合があるので、紙製のパッケージは他の容器に移し替えた方が良いです。

 

 

 

現在、島珈琲のオリジナルコーヒー豆袋(上写真)はアルミ製で、アロマシールという通気口が付いています。
これはパッケージの中に炭酸ガス(悪いモノではないので安心してくださいね)が溜まるので、逃がす通気口が必要なのでそのためなのですね。

 

アロマシールは中からは出るが、外はからは入れないという、逆止弁ではありません。
両通で外気も入ることになりますので、パッケージのまま保存する時はジップロックなどで、二重にしてもらうとよりきっちり保存できます。

 

袋の話はほんとうまだまだあるのですが、きりがないのでこの辺でキーボードを打つ手を止めますね。
コーヒーのパッケージはデザインも含めて、ほんとにいろいろです。

 

今回はじゃっかん尻切れトンボになってしまいましたが(笑)、コーヒーパッケージのちょっとしたお話でした。
それではまた次回、お楽しみに。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

変化

 高槻店のオープンと同時に 焙煎機を新しいタイプしました この焙煎機でつくるコーヒーは か

記事を読む

クリスマスケーキにあうコーヒーは何?

プロローグ 月曜日は島珈琲のお休みになりますので、一足お先にクリスマスパーティを家族でしました。

記事を読む

今後コーヒー豆の価格はどうなるの?

今後コーヒー豆の価格はどうなるのか、とまぁ僕も聞きたいところですが、今僕が知っていることを今回は綴っ

記事を読む

コロンビアの雑貨

 島珈琲高槻店の向かいのビルの2階では姉妹で経営されているCKオフィスさんが食育セミナーを

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

コーヒーポットの選び方

今日の大阪は曇り 朝の風は涼しく 日の光がないぶん暑さは少しマシな気がしますが 今年は湿度が高いよう

記事を読む

経時変化

僕は毎晩 ご飯のあとに家族でコーヒーメーカーでたてたコーヒーを飲んでいるのですが先日 あれっと思うこ

記事を読む

大手コーヒーメーカーと島珈琲はいったい何が違うのか

今、この問題と向き合っています。   問題というと、質問に対する答えという問題

記事を読む

コーヒーを飲み方にマナーはあるの?

マナーという言葉を見て、ドキッとするのは僕だでしょうか。   僕ね、ナイフ・フ

記事を読む

no image

珈琲が深まる

 エスプレッソマシンを使い出して 約3ヶ月くらいが経つ エスプレッソに関しては今まで 経験

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑