*

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

公開日: : coffee ,

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。

 

豆と言っていますが、それは「コーヒーの実」の中にあるタネを精製したもので、生産国から輸出され、輸入したコーヒー生豆を各焙煎所で焙煎され、あのアロマとセピアのコーヒー豆になります。

 

当然、農作物ですから作られている量は限られているので、在庫がなくなれば次の年度の出来たモノを待つしかありません。

 

ブラジルへコーヒー農園の見学へ行った時、いくつかの農園を見学し、その農園主からいろいろ教えてもらったのですが、同じ農園内でも山の斜面で陽の当たる場所での違い、標高の違い、など同じ農園内でも条件が少し変われば、味わいもまた少し異なることを説明してもらいました。

 

正確に言うと、同じ農園でも栽培する場所がちょっと違えば、同じ味わいはないとなるのですが、僕たちプロはそれを踏まえた上で、同じというストライクゾーンに入る味わいを作るわけです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。
写真はブラジルに行った時のコーヒー農園の風景です。

いつもの豆が切れた時、プロってどうするの?

 

たまにあるのですね、商社さんがまだ在庫を持っていると思って、オーダーの電話をかけたらショートしていること。

ですので、来年はそういうことをできるだけ少なくするために、年間に使う量を取り置きしてもらいました。

 

もちろん取り置きしてもらのにはある程度の取引量が必要で、それからある期間を過ぎると倉庫代として、その料金を上乗せされます。

 

なのでリスクはあるのですが、切らすリスクのことを思えば、どちらのリスクをとるか、という話なんですね。

 

それで切らした時にどうするかですね。
似た味わいを探す、のが1番です。

 

いつも使っているブラジルを切らしてしまった。
似た様な味わいを探すのですが、取引している商社さんに似た味わいのブラジルがないとします、こんな場合はどうする?

 

変化球を使うしかない!

 

ストライクゾーンにボール投げるとき、直球だけがボールじゃないですよね、変化球でもストライクはとれますよね。

 

野球のピッチャーで例えてますが、ストライクゾーンに入れるために似た味わいがない時は、焙煎技術という変化球を用いてカバーします。

 

似た味わいに近づける、ストライクゾーンに入れにいく、こんな感じですね。

 

ですが、当然100パーセント同じモノはできません。

ですので、お客さんには変わることもお楽しみ頂けたら、とお伝えしています。

 

農作物ということもあって違いもありますし、体調や気分によってもコーヒーの味わいは変わってきます。
それを含めて楽しんでもらえたらなぁと思ってます。

 

とは言っても、まず僕がショートさせない、切らさないように在庫をしっかり持っておくことがまず重要ですよね。
来年度のコーヒー豆が輸入されるまでは、それぞれしっかりと確保しましたので、ご安心下さいね。

 

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか、のお話 完。

 

コーヒーの香りってなんだか優しい気持ちにさせてくれますね。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェで使える全自動コーヒーマシンを見てきました

昨日は月曜日ですので僕自身の定休日。 お休みの時間を利用して、なんと新潟からお客さんをお迎えし、ア

記事を読む

好みの味わいのコーヒーを探すにはどうしたらいいですか?

去年から沢山のオリジナルブレンドを作らせて頂いております、感謝です。   マー

記事を読む

コーヒーをドリップするときに大切な1つのこと

プロローグ     テクニックって練習すれば上手くなります

記事を読む

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあったときは同じ文章でも躍動感が

記事を読む

ブレンドコーヒーの味わいは、どこに目を向けるともっと楽しくなるか

ブレンドコーヒーと言えば、皆さん何を想像しますか? いろんなコーヒー豆を混ぜ合わせているコーヒーで

記事を読む

ラマルゾッコ GB-5

  今日 設置しました うっっほっほーい! じゃあねピース    

記事を読む

コーヒーを粉にして1年間冷凍保存したものをドリップした結果

プロローグ 島珈琲では、お客様が家で飲む為のコーヒー豆をご購入の際、都度計り、都度お聞きして粉にし

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆の用途は、アイスコーヒーだけなのか

プロローグ 島珈琲のメニュー表に、アイスコーヒーのブレンドというブレンドがあります。 これはドリ

記事を読む

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ 僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でし

記事を読む

今期 島珈琲使用分のグァテマラコーヒー豆、予約完了しました!

いよいよTANPAN COFFEE 2 の準備が始まります! 昨日はお休みでした。 お昼には島珈

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

→もっと見る

PAGE TOP ↑