*

自家焙煎コーヒーとは、なんぞや

プロローグ

自家焙煎とは何か。
僕のお店も屋号には、自家焙煎がついており 自家焙煎 島珈琲 となっております。

 

自家焙煎とは、コーヒーロースターという呼び名もだいたい同じ意味になりますが、そのお店でコーヒーを焙煎しているお店のことを表す言葉になります。

 

それでは、もう少し詳しくお話を進めていきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_2467

 

自家焙煎、身近なことで例えると

街のパン屋さんを想像して下さい。
粉を計量し、成形、発酵、焼成とお店で全行程をし、パンが焼き上がるとお店に並びますよね。
平たく言うと自家焙煎コーヒー屋は、街のパン屋さんと同じような感じになります。

 

ある1カ所の工場で製造されたパンを配送車が各店舗を運ぶ、これは大手さんが行うシステムです。
こうしたシステムがあるからこそ、大手さんは安価な商品ができるわけですね。

 

コーヒー豆も工場で一括して焙煎し、各店舗に配送する、大手・中企業は基本こうしたシステムです。

 

ですので、大手と自家焙煎コーヒー店の違いは、分業にしているか、一から一括でその場所で製造から販売されているか、大きくそんな違いと思って下さい。

 

但し、島珈琲の委託でお受けしているカフェBeでは、自家焙煎コーヒーを看板にしていますが、自家焙煎コーヒー豆をカフェBeに持っていっている、という例もあるので、一概にそのお店で焙煎しているとは当てはまらないので、ちょっとややこしい場合もあります。

 

でも自家焙煎コーヒーとは概ね上に書いてあることと取ってくださいね。

 

自家焙煎コーヒー店の良いところ

鮮度管理ができている。
優しさや、愛情がいっぱい詰まっている。
コーヒーが大好きな人が焙煎している。

 

どんな美味しいコーヒーを焙煎してつくろうか、頭のなかはそればっかりな人が焙煎している。
焙煎している人の頭の中はコーヒー事でいっぱいである。
このコーヒーをどうやったら笑顔で飲んでもらえるかを、いつも考えて焙煎している。

 

コーヒーが好きすぎて、良い意味で病的な人が焙煎をしている。
お客様の「美味しいね」「良い香りだね」を生き甲斐にして焙煎している。

 

全部、僕自身の事を書いたので、自家焙煎のお店が全てこれに当てはまるかどうかはわかりません、島珈琲はこんな感じで愛情込めて自家焙煎しています。

 

自家焙煎コーヒーの良いところは愛が溢れている、ということですね。(島珈琲の場合)

 

エピローグ

自家焙煎コーヒー店の違い、などと題うって、実は僕がこんな気持ちで焙煎してます!アピールになりましたが、島珈琲の自家焙煎コーヒーには愛が溢れているのです、くどいですね(笑)

 

原料選びから、焙煎、袋詰め、抽出など1から10まで自分の目で確認し、お客様の笑顔を想像しながら、それを行う、これが自家焙煎コーヒー店です。

 

明日も愛情込めて焙煎します!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップ純情物語

プロローグ 明日、今年2回目のコーヒーシロップ無糖の252本分の仕込み焙煎をします。それがどうやっ

記事を読む

no image

ナックルボールを風に

 山際淳司のそのタイトルの本を 今日読んだ 代表作は「江夏の21球」 実況中継を見ている気

記事を読む

次世代の作り方でミルクコーヒーを淹れてみた

プロローグ フレンチプレスを眺めていて、ふと思った。 これお湯の代わりに温めたミルクを入れて、同

記事を読む

コーヒーの味覚を鍛えるにはどうしたらよいのか?

プロローグ 時々、僕のイメージが家でワインとチーズを食べているような、そんな高級なイメージをお持ち

記事を読む

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

いつ混ぜてるの?コーヒーのブレンドはいつ行われるか

プロローグ ご存じですか?ブレンドのルールを。   例えばモカブレンドやブル

記事を読む

しげき

  昨日は神戸 マツモトコーヒーさんへ  イエメンセミナーに行って参りました いやぁ よか

記事を読む

コーヒーの木

 すくすく育ってます! 実をつけるのはいつの日だろうか 今日はお疲れなので日記はこれまで

記事を読む

どうしてドリップするときに「蒸らし」をするのか

プロローグ だいたいブログのネタは前日までに用意、できなければ朝のうちに考えて、10時に高槻店をオ

記事を読む

アイスクリームプロジェクト

 今日は休養を頂きまして 見たいものがあったので あちこちいってきました そうです 厨房中

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑