*

自家焙煎コーヒーとは、なんぞや

プロローグ

自家焙煎とは何か。
僕のお店も屋号には、自家焙煎がついており 自家焙煎 島珈琲 となっております。

 

自家焙煎とは、コーヒーロースターという呼び名もだいたい同じ意味になりますが、そのお店でコーヒーを焙煎しているお店のことを表す言葉になります。

 

それでは、もう少し詳しくお話を進めていきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_2467

 

自家焙煎、身近なことで例えると

街のパン屋さんを想像して下さい。
粉を計量し、成形、発酵、焼成とお店で全行程をし、パンが焼き上がるとお店に並びますよね。
平たく言うと自家焙煎コーヒー屋は、街のパン屋さんと同じような感じになります。

 

ある1カ所の工場で製造されたパンを配送車が各店舗を運ぶ、これは大手さんが行うシステムです。
こうしたシステムがあるからこそ、大手さんは安価な商品ができるわけですね。

 

コーヒー豆も工場で一括して焙煎し、各店舗に配送する、大手・中企業は基本こうしたシステムです。

 

ですので、大手と自家焙煎コーヒー店の違いは、分業にしているか、一から一括でその場所で製造から販売されているか、大きくそんな違いと思って下さい。

 

但し、島珈琲の委託でお受けしているカフェBeでは、自家焙煎コーヒーを看板にしていますが、自家焙煎コーヒー豆をカフェBeに持っていっている、という例もあるので、一概にそのお店で焙煎しているとは当てはまらないので、ちょっとややこしい場合もあります。

 

でも自家焙煎コーヒーとは概ね上に書いてあることと取ってくださいね。

 

自家焙煎コーヒー店の良いところ

鮮度管理ができている。
優しさや、愛情がいっぱい詰まっている。
コーヒーが大好きな人が焙煎している。

 

どんな美味しいコーヒーを焙煎してつくろうか、頭のなかはそればっかりな人が焙煎している。
焙煎している人の頭の中はコーヒー事でいっぱいである。
このコーヒーをどうやったら笑顔で飲んでもらえるかを、いつも考えて焙煎している。

 

コーヒーが好きすぎて、良い意味で病的な人が焙煎をしている。
お客様の「美味しいね」「良い香りだね」を生き甲斐にして焙煎している。

 

全部、僕自身の事を書いたので、自家焙煎のお店が全てこれに当てはまるかどうかはわかりません、島珈琲はこんな感じで愛情込めて自家焙煎しています。

 

自家焙煎コーヒーの良いところは愛が溢れている、ということですね。(島珈琲の場合)

 

エピローグ

自家焙煎コーヒー店の違い、などと題うって、実は僕がこんな気持ちで焙煎してます!アピールになりましたが、島珈琲の自家焙煎コーヒーには愛が溢れているのです、くどいですね(笑)

 

原料選びから、焙煎、袋詰め、抽出など1から10まで自分の目で確認し、お客様の笑顔を想像しながら、それを行う、これが自家焙煎コーヒー店です。

 

明日も愛情込めて焙煎します!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

昨日 新規出店のご相談を受けて思った事

プロローグ 昨日は夕方に新規出店のご相談を受けました。喫茶店をされたいということでご相談です。

記事を読む

ハニーフラッシュ!

 いくわよ ソーレ!ということで島珈琲といえばグァテマラ島珈琲といえばコスタリカこの二つの

記事を読む

南米!コロンビアコーヒーの魅力にせまる

コロンビアといえば何を思いだしますか?   コーヒーも有名ですが、僕は麻薬の存

記事を読む

お正月におすすめコーヒーと福袋のご案内

プロローグ 今日はご案内です。   まず年末年始の各店舗の営業について。

記事を読む

「旅館の朝ご飯」 「食後のコーヒー」 の共通点 ちょっとマーケティング的に

月曜日 火曜日 火曜日は高槻店の臨時休業を頂きまして エクスペリエンス マーケティング 通称 エクス

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

明日おいしくなーれ

昨日は焙煎機の掃除をしました 技術やテクニックや知識も焙煎には必要ですが 何より一番大事なのは掃除メ

記事を読む

焙煎を究めるアーティスト

たぶん本来なら 焙煎を究める ではなく 焙煎を究め続ける  だと自分では思ってます というのも 究め

記事を読む

ピンチです!あの芸能人のTANPANCOFFEE 間に合うことができるのか!

アクシデントやトラブルはいきなり背後からやってきますよね。 そっと忍びより、ドンっと肩を叩く。

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆 脂が少ないのはなぜ?

プロローグ 今回のご質問は、先日スコットブレンドを購入して頂いた僕のお友達で、お医者さんの佐々木み

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑