*

コーヒー豆 粉 の保存方法

公開日: : coffee

寒くなってきましたね
お客様の心が暖かくなるように お店のBGMを
ハワイアンにしてみました

ゆるり流れるリズム 一人で作業していると
うとうとしてしまいそうな 笑 
時間を忘れてしまいそうな音楽 行きたいですねハワイ

さて コーヒー豆 粉 の保存方法のこと
知らない方が多いみたいですので
改めてご説明をしたいと思います

まずお買い上げになるときに鮮度がよい
焙煎してから日にちがたってないお店を選ぶことが重要です

コーヒー豆の保存は 1週間くらいで飲みきれる量なら常温でもOKです
1週間以上になる場合  お買い上げになられたその日から
島珈琲では冷凍保存をお願いしております

コーヒーの豆を粉にした場合は?
お買い上げになったその日から 冷凍保存をお願いしております

コーヒーも生鮮食品ですので 劣化します
粉の場合ですと挽くことによって表面積が増え
空気に触れる面が多くなり 酸化していきます

冷凍庫にいれて保存すると その酸化するスピードを弱めることができます

島珈琲でお持ち帰りいただく
コーヒー豆の豆袋は表面はクラフトですが
中側はアルミになっていますので しっかりとおいしさをキープ
してくれます(下 写真)

封を開けられたら
その袋のまま ピンのようなもので開封口を止めて頂いて
ジップロックにいれて冷凍庫で保存してください

コーヒー豆・粉は 冷凍することによって固まることがありませんので
常温に戻す必要がなく コーヒーを器具にセットしたら
すぐに冷凍庫にしまう この習慣をつけて頂けば
おいしさをながくキープできます

僕は家では粉に挽いた500gのコーヒーを持ち帰り
冷凍庫に保存して コーヒーメーカーで毎晩味わっています

僕の焙煎するコーヒーは
コーヒー豆の芯までしっかりと火が通っているので
薫りもおいしさもは長持ちします

もし 何か質問やわからないことがあればメールでかまいませんので
お気軽におたずねくださいね

メールアドレスはこちら info@shima-coffee.com

それでは 今日も一日よろしくお願いいたします

焙煎はアートだ!
焙煎アーティスト 島 規之

写真は 島珈琲が使っているお持ち帰り用のコーヒーの豆袋です

  

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

疲れている時のコーヒーの味わいは、いつもと違う

先日、小学校からの友達がお店に来てくれて、少ししゃべっていました。   どう最近? で始ま

記事を読む

香りの大切に 島珈琲は禁煙です

実はですね、僕は昔スモーカーでした。 岡町本店を開業した当時、たばこを吸っていましたが、開業したその

記事を読む

ホットコーヒーがキュッと美味しくなる季節

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店へ行きます。 こちらのお店は、コーヒー豆の販売のみのお店

記事を読む

コーヒーを飲む事でダイエットはできるのですか

プロローグ さて、ダイエット。 大変申し訳ございませんが、僕にとってほんとに無縁なんです。

記事を読む

HOT用 ICE用 のコーヒー豆 どれがいい?

プロローグ これもコーヒーセミナーの時に受けた質問です。HOT用 ICE用 それぞれにあうコーヒー

記事を読む

一刀両断できない!切っても切れないコーヒーと水の関係

プロローグ コーヒーと水は切っても切れない関係です。 水に流して・・・と言いますが、コーヒーはそ

記事を読む

コーヒーの香りを閉じこめて・・・

 今日は平日の仕事がお休みなので ドリップバッグの仕込みをしまして パックにしてもらう工場

記事を読む

知ってますか?焙煎したてのコーヒー豆は100%の力でないことを

プロローグ 先日、ブログを見てくれたギャラクシーブックの担当者さんが商業出版で本を出しませんか?と

記事を読む

ご存じですか?コーヒーには偽物の苦味があることを

昨晩は、障がいのある方の働く場所を増やそうプロジェクトの個人的なミーティングでした。 &nbs

記事を読む

疲れているときは変わるコーヒーの味わい

大阪北部に地震があり、6月20日から7月15日までお休みなしのぶっ通しでお仕事でした。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
煎りが同じだからと言って、同じ色にはならない

今朝はドリップバッグの焙煎をしました。 ドリップバッグとは、器具がなく

BGMを川のせせらぎにして

昨日はお休みでしたが、半日を焙煎機のメンテナンスの時間にあて、焙煎機を

思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑