*

コーヒー豆 粉 の保存方法

公開日: : coffee

寒くなってきましたね
お客様の心が暖かくなるように お店のBGMを
ハワイアンにしてみました

ゆるり流れるリズム 一人で作業していると
うとうとしてしまいそうな 笑 
時間を忘れてしまいそうな音楽 行きたいですねハワイ

さて コーヒー豆 粉 の保存方法のこと
知らない方が多いみたいですので
改めてご説明をしたいと思います

まずお買い上げになるときに鮮度がよい
焙煎してから日にちがたってないお店を選ぶことが重要です

コーヒー豆の保存は 1週間くらいで飲みきれる量なら常温でもOKです
1週間以上になる場合  お買い上げになられたその日から
島珈琲では冷凍保存をお願いしております

コーヒーの豆を粉にした場合は?
お買い上げになったその日から 冷凍保存をお願いしております

コーヒーも生鮮食品ですので 劣化します
粉の場合ですと挽くことによって表面積が増え
空気に触れる面が多くなり 酸化していきます

冷凍庫にいれて保存すると その酸化するスピードを弱めることができます

島珈琲でお持ち帰りいただく
コーヒー豆の豆袋は表面はクラフトですが
中側はアルミになっていますので しっかりとおいしさをキープ
してくれます(下 写真)

封を開けられたら
その袋のまま ピンのようなもので開封口を止めて頂いて
ジップロックにいれて冷凍庫で保存してください

コーヒー豆・粉は 冷凍することによって固まることがありませんので
常温に戻す必要がなく コーヒーを器具にセットしたら
すぐに冷凍庫にしまう この習慣をつけて頂けば
おいしさをながくキープできます

僕は家では粉に挽いた500gのコーヒーを持ち帰り
冷凍庫に保存して コーヒーメーカーで毎晩味わっています

僕の焙煎するコーヒーは
コーヒー豆の芯までしっかりと火が通っているので
薫りもおいしさもは長持ちします

もし 何か質問やわからないことがあればメールでかまいませんので
お気軽におたずねくださいね

メールアドレスはこちら info@shima-coffee.com

それでは 今日も一日よろしくお願いいたします

焙煎はアートだ!
焙煎アーティスト 島 規之

写真は 島珈琲が使っているお持ち帰り用のコーヒーの豆袋です

  

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コラボカフェ

 福祉施設とのコラボカフェ   福祉施設の名前が ぷれいすBeと言います

記事を読む

コーヒーミルの価格 高い、安いは差はなんだろう?

プロローグ コーヒーの味わいって、コーヒーミルの性能もかなり左右するのは事実です。 &nbs

記事を読む

ブラジル219 が美味しい

前号のブログで、娘の夏休み期間に琵琶湖へ行ってくる予定です、と書きましたが、改めて昨晩家族会議をしま

記事を読む

焙煎する前のコーヒー豆、コーヒー生豆の消費期限は?

プロローグ コーヒーを焙煎する前のコーヒー豆はこんな感じです。   はじめはグァ

記事を読む

no image

珈琲が深まる

 エスプレッソマシンを使い出して 約3ヶ月くらいが経つ エスプレッソに関しては今まで 経験

記事を読む

カフェ出店のご相談がありました 最近多いので参考点をちょい書きました

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   だいたい1年に数件 カフェや喫茶

記事を読む

コーヒーを飲んで美味しいと思う時、1つ言えること

昨日、電話がありました。 最近、売り込みの電話が多くて困っているのですが、またセールスの電話かなぁと

記事を読む

コーヒー豆袋がはちきれそうな現象

日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店に来て営業しております。 こちらのお店は変わらず、日曜日は通常営業

記事を読む

コーヒー豆の挽き方で一体何が変わるのか

ブログを書くときに僕なりに大切にしていることは、誰に目掛けて書いているか、ということです。 コーヒー

記事を読む

コーヒーはちょと冷めた時に美味しさの本質が見えるってどういうこと?

高槻店の喫茶コーナーのカウンターはこの9月より、利用時間が変更となります。   今まではオ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほ

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイ

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑