*

迫る、コロンビアコーヒーの魅力に

公開日: : coffee , ,

街のよってパターンがあると思うのですが、島珈琲高槻店は4月に入ると急に閑散なムードになります。

 

高槻に出店して6年目になりますが、出店した当初の頃はこの急な失速に何か僕、悪いことでもしたかなぁなんて不安に陥るほど、3月の後半のバタバタさとは打って変わって、4月早々のお店は静かなものとなります。

 

もう6年目になると、ある程度の季節のパターンが頭に刷り込まれているので、まぁこんな時期があったよなぁと、幾分心に余裕を持って過ごせます。

 

お店が暇なのは困るのですが、努力をした上で、自分にはどうにも出来ることと出来ないことがありますよね。
そういうときは焦らず、次の機会の為にツメを研いでおくことが大事かなと、そして心穏やかに。

 

そう思いながら、流れがゆっくりになると、ついつい睡魔に襲われてウトウトとしてしまいそうな僕です、春は気持ち良いですね。

 

 

 

 

迫る、コロンビアコーヒーの魅力に

 

さて今回はコロンビアコーヒーの魅力に迫りたいと思います。
コロンビアコーヒーの特徴はというと、コーヒーに甘みが多いこと、だと僕は感じています。

 

もちろんコロンビアでも栽培される多数の生産地区によっても、その甘みの出方に違いがありますが、基本的にコロンビアらしい味わいとは、甘みを伴ったものと僕は理解しています。

 

島珈琲ではコロンビアコーヒーはナリーニョ地区のものを使用しています。
ナリーニョはコロンビア国の南に位置してます。
こちらは、単一農園のものではなく、その地区で複数の農園でとれたコーヒー生豆をブレンドしたものとなります。

 

単一農園とは、○○さんの農園で取れたものだけを集めたコーヒーのことを指します。

 

価値としてこの 単一農園=シングルオリジン の方が基本的には上位になりますが、島珈琲ではコロンビアは地域モノ(単一農園ではないもの)を使っております。

 

なぜか、というと今使っているコロンビアコーヒーがあっさりとしていて、美味しいから。
僕の好みであったというのと、コロンビアコーヒーを島珈琲ではブレンドで多用するので、ブレンド使いやすい味わいだった、そしてお客さんがきっと喜んでくれる味わいだろうと思った、この3つの理由から選びました。

 

深焙煎・中焙煎 どちらでも力を発揮する

 

島珈琲では野球で言うところのユーリティプレイヤーみたいな存在で、ほんとうにあるゆるところで使いやすく、活躍しているコーヒーです。

 

ブレンドでもより甘みを出したいときはコロンビアを合わせることで、その甘みを表現できますし、そして邪魔な味わいをだすこともなく、全体をうまく仕上げてくれます。

 

コロンビア単体で飲む場合でも、中焙煎なら甘みと優しい酸味が口の中を支配し、深焙煎ならシャープだけど優しい苦味と甘みを口の中で競演してくれる、どちらも飲みやすいタイプのコーヒーです。

 

島珈琲でもしコロンビアコーヒーが使えなくなったとしたら、それはもう大打撃をこうむるくらいの存在なのです。
でも目立たないので、縁の下の力持ち的な存在かもしれませんね。

 

特に春の陽気な気候の時は、中焙煎の甘みが身も心も軽くするのでは、実際 僕が飲んでいてそんなことを感じています。

 

今年はこのコロンビアコーヒーをショートさせないように、島珈琲での年間使用量をきっちりとキープしました。

 

よろしければこの甘みを春の気候と一緒に愉しんでくださいね。

 

さて、コーヒータイムにしようかな。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

絵心

 時間を見つけては エスプレッソマシンと動作になれるために ラテを作っています ラテアート

記事を読む

コーヒーの粉、どうしてお店によって挽き目が違うの?

島珈琲の法人なりの各種変更手続き、屋上倉庫を借りて屋上への荷物の運搬、日常の業務、障がいのある方の働

記事を読む

ハンドドリップをするときに上手にできる立ち位置を考えた

あなたは右利きですか、左利きですか? 僕は右利きなんですが、たぶん左利きだと思うのです。 &

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド鳥の味わいについて

秋が深まっていること肌で感じるくらいで 今朝は自転車の風が冷たく 街は衣替えが終わり 夕方は暗くなる

記事を読む

カフェ出店のご相談がありました 最近多いので参考点をちょい書きました

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   だいたい1年に数件 カフェや喫茶

記事を読む

コーヒードリッパー メーカーによって何が違うのか?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回もコーヒードリッパーのはお話です。 コーヒードリッパーにもい

記事を読む

はなのしたがのびーーる!

 最近 日記がご無沙汰になっているいます こんばんは いかがお過ごしでしょうか? さてです

記事を読む

コーヒー焙煎に資格はあるのか、ないのか?

プロローグ 焙煎アーティスト島規之です、こんにちは。 焙煎アーティストのあの人ね、と最近どこかで

記事を読む

おまたせいたしました

島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 無糖タイプ 明日早朝 此花区にある工場へ 生豆48キロ相当のコー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
いつものドリップコーヒーを薄くしたり濃くしたりする方法

忘年会シーズンですね。 昨晩、僕も忘年会でした。   い

コーヒーのペーパーフィルター、白と茶色どっちを使うべき?

娘の最近の流行りは「おしり探偵」なるもの。   おしり探偵とはアニメで

意外と知られていないコーヒーを淹れるためのあれこれ

昨晩は家族でトランプを。   ババ抜きです、ババ抜き。   幼稚園の娘

店先の黒板の効果はどんなもん?

昨日は夜遅くに、東京から高槻に戻ってまいりました。エクスペリエンスマー

若さとは心の状態

本日は定休日ですが、明日、高槻店が臨時休業ですので、ブログを今日書くこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑