*

本州でコーヒーの木を栽培できるの?

公開日: : coffee

ブログのネタは、お客さんとの会話から生まれることがしばしばで、今回も昨日、お客さんとその話で盛り上がったのですね。

 

本州でコーヒーの木を栽培できるのか。
実際に徳之島や沖縄で栽培されている(いた)ので、日本で出来ることは確かですね。

では、本州ではどうなのか。

 

実際、僕は日本で栽培している様子は見たことありませんが、ハワイ島では実際に栽培を手伝っていた過去がありますので、わりと栽培に関しては詳しい方かと思います。

 

日本でいわゆる商業ベースでの栽培はできるか、というとまだちょっと難しいのでは、と思います。
その辺も含めて、今回のお話すすめていきますね。

 

 

コーヒーの品種でも栽培はかわる

 

ロブスタ、リベリカ、アラビカ、とコーヒーにはこの三原種と呼ばれる品種があり、僕たちが口にするのはアラビカ種、もしくはロブスタ種。

 

ロブスタ種はアイスコーヒーやインスタントコーヒーなど、いわゆる工業用と呼ばれる大量生産でよく使われるコーヒー豆の品種です。

 

このロブスタ種は、低地でも育ち耐病性も強く、比べるとコストが低く生産できるのですね。
ですから、アラビカ種と比べ、取引されている価格も安くなっております。

 

アラビカ種は、味わいはこちらの方に軍配があがりますが、生産においてはデリケートです。
標高が高いところで、朝晩と日中の寒暖差があり、この寒暖差が甘みなどを育成するのですが、気温は確か24℃を超えるとコーヒーの木は光合成をしなくなるはず、だったと記憶しているのですが、ですから日中の気温帯はそのあたりがベストとなります。

 

コーヒーの木は、亜熱帯の植物のイメージなので、栽培されている場所は、あつーい所、と思いがちですが、ハワイ島の農園、それからブラジルの農園を視察した時は、わりと涼しい環境で栽培されていました。

 

本州で、となると

 

アラビカ種を育てるとして。

 

気候の変化は認めたくないですが、その影響で、今後はどうなっていくのか、僕にはわかりません。
ビニールハウスだとかでは、可能になってくるかもしれませんね。
バイオテクノロジーが発達して、えっと思う栽培が出てくるかもしれません。

 

もちろんコストも関係してくるので、商品としてどうするのか、というのは考えないといけないところですね。

 

ブラジルのコーヒー農園に視察に行った時の話ですが、その農園主が隣におられたので、あなたの農園はどこまでですか?という質問をすると、遠くの山を指さして、あそこの山までというとてつもないことを言ってました。

 

商業ベースでとなると、やっぱり広大な敷地が必要なので、日本で、本州でも、もし栽培したなら、貴重な1杯としての商品になり、その売り方になるでしょうね。

 

本州でもコーヒーの栽培ができないことはないでしょうが、まだまだやり方は未知数である、ということは確かです。

 

もっといろいろお話していたのですが、これ以上書けないので、今回はこの辺で。(ちょっと しり切れトンボですみません 笑)

 

それでは。

 

いつもありありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの水割りは邪道か

POSレジシステムのエアレジのセットアップが完了してしまいました。 ほんとうは徐々に慣れて、もう少し

記事を読む

コーヒーの挽き方と味わいとかの関係

コーヒーの挽き方には一般的に、粗挽き、中挽き、細挽きと呼ばれる挽き度合いがあります。 &nbs

記事を読む

冷めたコーヒーを美味しくする方法はあるのか

プロローグ まだ残暑厳しい高槻ですが、少しずつ秋の気配を見せてきたところもあります。 &nb

記事を読む

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていました。  

記事を読む

一歩譲る心を持てば そこに平和が訪れる

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です! 実は今 コーヒーの相場がかなり上がっている

記事を読む

焙煎じゃないよ冷却だよ!

   冷却機でぐるぐるしているところを よく焙煎していると思われている方が多

記事を読む

初心者必読!ペーパードリップで1杯淹れるのと2杯淹れるのとどっちが安定するか?

プロローグ 次の月曜日にコーヒーセミナーをしてほしいとご依頼がありまして、高槻上牧にあるイタリアン

記事を読む

焙煎の後にしている「味わい」において大事な作業とは

最近、お知らせばっかりですみません。   3月2日金曜日、この日は天神祭の代休

記事を読む

手回しミルはじめたい方必見!手挽きミルのすすめ

プロローグ お客様に相談されてお話した事なんですが、もう一度きちんと説明したくて記事にしました。

記事を読む

中煎りの魅力 深煎りの魅力

本日は僕自身の定休日。 朝、娘が学校へ行くのをお見送りし、その後パソコンに向かい、このブログを書いて

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

味わいつくりは煙突の先まで

連日、焙煎機のメンテナンスが続いております。   今までは一

香りの大切に 島珈琲は禁煙です

実はですね、僕は昔スモーカーでした。 岡町本店を開業した当時、たばこを

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑