*

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ

僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

 

コーヒーの生産国で育ち、輸出し、日本に輸入され倉庫からコーヒー生豆がトラックでお店に運ばれて、焙煎し、粉に挽いて、抽出され、飲む。

 

この過程の一つを前回の記事コーヒーのミルの性能についての中で、

 

野球でいったらコーチみたいなものですね。
その素性を開花させる、そんな役目がコーヒーミルだと思います。

 

と書きました。
それを読んでいて全体の流れ、コーヒーの生産地から、僕たちカップに注がれてくるまでを、人の成長で表現してみようかな、と思いました。
よろしくお付き合い下さいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_2398

 

 

コーヒーの生産地、それは親に育てられている期間

人間でいうところの、赤ちゃんから成人になるまでの期間が、コーヒー豆の生産地での時間と等しくなります。

 

コーヒーの木が育ち、赤い実を付けるまで、親はせっせと肥料を与えたり栄養を与えます。
人間も育つ環境に影響を受けるように、コーヒー豆もまた産地の気候、育てる親がどんな味わいのコーヒーにしたいのか、いろんな選択をし、いろんな精製の中からベストなものを選び、味わいは決められます。

 

そして実を収穫して精製して、成人になったコーヒー豆は親元を離れ、旅立つ時を迎えます。

 

脱穀されて一枚皮を剥かれて大人になった彼・彼女は、麻袋に詰められて世界に旅立ちます。

 

辿り着いた先で

船は港に着き、コーヒー豆達は倉庫に寝かされ、呼んでくれるお店を待ちます。
決まったら、トラックに積まれ全国各地のコーヒー屋さんへ、また旅が始まります。

 

着いた先、手にとってコーヒー豆と顔を合わせた人は、野球でいう監督。
イチローが仰木監督によって開花したように、焙煎士は監督。

 

焙煎でその子達、コーヒー豆の適正を見つけ、最大限のパフォーマンスが出来るようにします。

 

コーチはコーヒーミル。
コーヒーミルというコーチに、焙煎によって適正を見つけてもらったコーヒー豆は、更に持ち味を発揮できるように粉にしてもらいます。

 

コーヒーの抽出。
それはコーヒー豆達が活躍するグランド。
コーヒー豆達がカクテルライトを浴びる場所。
思い思いにプレーして、活躍する場所、それがコーヒーの抽出のという場。

 

そして最後のカップを手にする人、それはそのグランドを見守るあなた、それを観戦しているあなたです。
選手達のプレーを見ながら歓喜しているそんなイメージです。

 

エピローグ

こんな感じのイメージでしょうか。
コーヒー豆を主人公にして、どんな旅をしてきたのか。

 

ちょっと野球を交えて書いてみました。

 

長い旅路を経て、最後は貴方のお口の中へ。
その香りはどんな想いを持ち、あなたのお口に来たのでしょうか。

 

ちょっと考えてみると楽しくなりませんか、ふふふ。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

あの芸能人のコーヒーを作るために準備しておくこと~好みを知る~

プロローグ その方のオリジナルコーヒー、またオリジナルブレンドを作る時は、まずその方の好みの味わい

記事を読む

喫茶用のコーヒーの味、家庭用のコーヒーの味、実は微妙に変えています

プロローグ 何の事か?というと、喫茶で求める味わいと家庭用での求める味わいは微妙に違うと思っている

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

島珈琲の野望Ⅱ

プロローグ 以前にもこんなタイトルの記事を書いたので、今回はⅡになります。笑 こんにちは 焙煎ア

記事を読む

「いい加減」じゃなく 「良い加減」のいい加減

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 島珈琲の高槻店で近々「チー

記事を読む

アイスレモンコーヒーをつくったYO!

プロローグ 秋に出版するだろう僕のコーヒー本の、最終章の構成を練っていました。  

記事を読む

乾杯から愛を語る

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった

記事を読む

挽き方で味が変わるの?粗挽き・中挽き・細挽き 正解はどれ?

プロローグ お店でコーヒー豆を購入し、お店で粉に挽いて貰う方はお店の方にお任せになりますが、おうち

記事を読む

視点を変えればリーズナブル!コーヒー豆100gって何杯分?

プロローグ ご存じの方も、ご存じでない方もコーヒー豆100gって、さて何杯分でしょうか?

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

どうなる?週1回の営業でお店は出せるの

今までも沢山ご相談に乗りましたが、現在でも時々カフェ開業に関するご相談

ブレンドコーヒーの味わいは、どこに目を向けるともっと楽しくなるか

ブレンドコーヒーと言えば、皆さん何を想像しますか? いろんなコーヒー

焙煎機をメンテナンスをすると、コーヒーの味わいがどう変わるの?

昨日、一昨日と高槻店業務終了後、焙煎機のメンテナンスをしました。 1

ミルクと相性のいいコーヒーの焙煎度合いは、どれ?

コーヒーにミルクを入れて飲むなんて邪道ですよね、とよく聞かれるのですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑