*

美味しいコーヒーの器具はどっちだ、対決!ペーパードリップVSフレンチプレス

プロローグ

IMG_0630

 

両者リング中央へ。

 

WBCコーヒー級世界タイトルマッチ。
赤コーナー チャンピオンのペーパードリップ。
青コーナー 挑戦者 フレンチプレス。

 

テクニックでは文句なしのペーパードリップ、一発の破壊力はフレンチプレス、開始前のオッズはイーブン。
両者は1ラウンド開始のゴングと共に足を止め、激しく打ち合う。
ほぼ互角の闘い、観衆は彼らの一発一発に手に汗握り、歓喜をあげ、彼らの闘いを熱く見守った。

 

最終回、終了のゴングが鳴り、会場はため息と賞賛が交錯した空気が広がった。

 

レフリーは二人を中央へ呼んだ、そして彼らの腕をそれぞれに取り、判定の結果を待つ。
一瞬の長い時間。
勝利の女神はどちらの手を挙げるのか。

 

 

静まった会場内にレフリーの声が響いた。
「ドロー!」

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

最強のコーヒー器具は何か?

いやぁ激しい闘いでしたね。
さて、ペーパードリップとフレンチプレス、どちらが美味しく淹れられるの?というご質問がありました。

 

僕の考えですが、どちらにも良いところ、どちらにも弱点があり、どっちが良いかではなく、どっちが好きか、または楽しいと思うか、だと思います。

要のところは、お好みだという事になります。

 

特にご年配の方はフレンチプレスで淹れた時、コーヒーの液体が少しだけ粉っぽくなるのと、飲み終えたカップの底に粉が残るのを嫌がられます。
但し、一杯のコーヒーの作り方は至って簡単で技術を要さず、粉をセットして定量のお湯を注ぎ、3分経てば上のハンドルを底に向けて押して、カップに注げば出来上がり。

 

ペーパードリップの一長一短は?

液体が澄んでおり、さらりとしたなめらかな味わい。
透明感がありますね。

 

短所は、ドリップするのにテクニックがいるので慣れるまでちょっと時間がかかります。
淹れるためにペーパーを用意するので、淹れるためのランニングコストがかかる事です。

 

どちらの味わいがいいのか?
例えばお肉をフライパンで焼くのと、炭火の網焼きで焼くのと、同じお肉でも味わいは変わりますよね。
網焼きの方がなんかエキサイティングの味わいだし、比べるとフライパンだとじっくり火が通り優しい味わいだし、これって好みですよね。

 

どっちが良いか?ではなく、どっちが好きか?
どちらにも素晴らしい長所があるのですからね。

 

エピローグ

なので、この器具が一番いい!と言うのは好みの上で存在している、という事になります。

 

コーヒーは抽出する器具をどれにするか選ぶ事も、楽しさの一つ。
今の器具が慣れたら別の器具を使ってみる事も、楽しみの幅が増えて良いかと思います。

 

コーヒーって面白いですね。
それでは、また次回 お楽しみに!

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

ドリッパーは陶器製か プラスチック製か どっちがいいの?

さて 今日はペーパードリップにおいて使われるドリッパー 紙を敷いて濾すあの道具ですね それが陶器製の

記事を読む

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か (続き)

プロローグ さて、昨日の続きです。 昨日のブログで書いていくと長文になるので、2部にしました。

記事を読む

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみ

記事を読む

ドリップのスピードは、器具で変えられるのか?

プロローグ 昨日、娘が保育園で「桜餅」をつくったらしく、晩ご飯のあとコーヒーと一緒に食べた。 そ

記事を読む

濃い味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 昨日は胃腸炎をおこしてしまい、早朝から具合が悪くなり高槻店は急遽、臨時休業をいただきま

記事を読む

僕のオススメのコーヒードリッパーはコーノ式の名門 円すいタイプです

プロローグ 今やコーヒーの器具も様々なものがあって、正直どれがいいのか?わからない方も多いようです

記事を読む

コーヒーをドリップするのに時間はどれくらいがよいのかな

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのTANPAN COFFEEは昨日締め切られ3日間で沢山のオ

記事を読む

カンタンに淹れることができるコーヒー器具はどれ?

プロローグ 高槻は朝晩が涼しくなってきました。 今年の夏は暑く、けっこうこたえましたね。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑