*

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か

プロローグ

ペーパードリップの種類、そして器具やメーカー、その違いは何か?色々あってよく分かりませんよね。
今回はそこのところを簡単にざくっざくっと違いをご説明したいと思います。

 

何回か書いているのでリライトになりますが、1から書き直していますので、よろしければ読んでくださいね。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒーブームもあって器具の種類も増えた

近年、コーヒーブームが起き僕も知らない器具がありまして、お客様に教えて貰う事も多くなりました。
布ドリップ、ペーパードリップ、サイフォン、金属系のフィルターなどなど、いろんなメーカーそして種類が増え、僕でさえ把握しきれていない状況でもあります。

 

その中でも多い思われるペーパードリップ。
よくご存じなのは、メリタ、カリタだと思います。
ここ最近は円すい形のドリッパーも、一般に浸透してきたかなぁと思います。

 

写真 上が円すい  左 カリタ  右 メリタ

IMG_0539

 

メリタ、カリタ、円すい(コーノ式)、この3つをピックアップして違いを説明しますね。

まずメリタ式。
メリタは台形のペーパーを使用します。
カリタも同じ台形ですが、メリタは穴が一つ、カリタは3つとなります。

 

この違いは何かというと、メリタはドリッパーやペーパーが「1×1」や「1×2」などと表記されています。
これは、1×1のドリッパーを使用した場合、1杯分なら粉をセットして蒸らしをし、そのあとドリッパーの頂上ギリギリでお湯を1回注いだら1杯分の定量ができる様に作られています。

 

1×2の場合は、2杯分の粉をセットし、同じように上に書いた事を1回したら定量の2杯分が出来る、そうなっています。
簡単に言うと、1杯分は1回注げばでき、2杯分1×2のドリッパーを使えば1回注げばできる、そんなふうにできています。
メリタの1×1とか1×2とか1×4とかの表記は、後の数字が1回注いで、何杯分ができるかという数字を表しています。

4人分の粉を入れ、1回ドリッパーを満タンになるお湯を注げば4人分ができます、という事を言っています、1回お湯を注いで4杯分=1×4と言うことですね。

IMG_0537

 

カリタの3つ穴

メリタと違って穴が3つあるのが特徴です。
ドリップというのは、お湯を注ぐことにより重さが増え重力によって下に落ちるわけで、お湯を注げば注ぐほど重くなり落ちるスピードが上がるわけです。

 

メリタの場合は穴が1つだけ、つまり出口が1つなのでお湯を注いでもスピードの変化は3つ穴に比べると小さいです。
カリタは3つなので、メリタよりはお湯を注ぐ量で落ちるスピードが変化し、味わいの変化も起きやすい。
つまりですね、ドリップを初めてする方はメリタの方が良いのかも知れません。

 

メリタとカリタの味わいの違いは、それほど差が無いように僕は思っています。
ただ先ほども書きましたが、初めての方にはメリタの方が優しいかと思います。

 

続いて、円すいに行きたいのですが、長くなったので次回、明日に持ち越しますね。

 

エピローグ

次の円すいタイプのドリッパーはメリタ、カリタで慣れた後に使うと違いがよくわかります。
その辺も含めて、次回に説明そしてまとめたいと思います。

 

続きお楽しみに!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

コロンビア

 しばらく 焙煎のポイントが少しだけずれていた 火力やら排気ダンパーの微調整と 焙煎時間の

記事を読む

焙煎したその日が一番美味しいの?

昨日からスタートしたあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー TANPANCOFFEE

記事を読む

アイスコーヒーは淹れて直ぐ飲むべきか、寝かすべきか

食品学でいうと、コーヒーも淹れてからできるだけ早く飲む方が良いとされています。  

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあった

プロローグ もちろんカプチーノに入るエスプレッソも美味しいからカプチーノが美味しいわけですが、今回

記事を読む

最初から道具なんて揃えなくていい!

プロローグ 高槻は桜が咲きとっても綺麗な季節になりました。 道ばたには花がところどころで顔をだし

記事を読む

改めて店舗紹介 なぜならあまり知られてないから 笑

プロローグ 昨日はお休みを頂き 梅田までセミナーを受講してきました マーケティングのセミナーでし

記事を読む

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ 僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でし

記事を読む

お店における、ブレンドの立場とはなんでしょうか?

エピローグ コーヒーのブレンドとはそもそも何なのか? 例えばブラジルだけでは甘みが足りない、その

記事を読む

SNSのおかげで通販は昨年より270%の成績になりました

SNSのおかげ、エクスマのおかげ、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のおかげ、なんです。 エクスペ

記事を読む

薫るアイスコーヒーを作ろう!

プロローグ アイスコーヒーが薫るというと、「ん?」ってなりますよね。 コーヒーの香りはどちらかと

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑