*

究めるコーヒー道!コーヒーを淹れるお湯の温度は何℃が良いのか。

プロローグ

仕事も大事ですが、最近は娘と遊ぶ時間をどう捻出するか、が僕の大きな課題になっています。
コーヒー本の出版の為、原稿もたまってるし(笑)って笑ってる場合じゃないね、ギャラクシーブックスのAさん、ご迷惑をおかけしてます。

 

でも娘の遊ぶ時間を、って考えると「どうやって仕事を効率よくしていくか」という事をめちゃめちゃ考えるから、それはそれで今までよりもいろんな事をスピーディにやっていける様に思ってます。

 

娘様々です。
感謝。

 

さて、コーヒーの質問の中で上位に必ず食い込む質問がこちら、コーヒーを淹れる時の温度は何℃が良いか?

 

今回はここを書いて行きますね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_0381

 

お湯の温度は94℃

コーヒーの本やコーヒー屋の店長さん、マスターなど、人によってバラバラです。
僕が94℃が良いと思っているのは、ドリップを終え出来上がった温度が温かくちょうど良いという点、沸かし直ししないで良い点、ヤカンからコーヒー用のドリップポットにお湯を移した時にだいたいそれぐらいになる点、そして自分が美味しいコーヒーと思うところで問題がなかった点、が挙げられます。

 

高槻店の喫茶コーナーでは、1杯ずつコーノ式のペーパードリップでお出ししておりますが、そのドリップする時も必ず温度計を入れて、確認をしています。

 

家ではどうか?

きちんと計って、きっちりコーヒーを淹れたい、コーヒー道を究めたい方にはオススメですが、そこまでして・・・と思う方、大丈夫です。

 

特にその温度にこだわらないと美味しくならない、という事はありません。

 

僕は家庭でコーヒーを淹れる時はこうだろうなぁと思って味見もしています。
例えばフレンチプレスや島珈琲のオリジナルコーヒーバッグ。
ほとんどの方が沸騰したお湯をそのまま入れていると思います。

 

僕もそうして飲んで見て、味わいを確認しているので、必ずしも94℃にしないといけない事ではありません。

 

何℃と聞かれれば、94℃とお答えします。

御家庭では沸騰した直後のお湯はヤカンが熱くなって、注ぐときに口から勢いよくお湯が飛び出してしまう事があり、やけどする恐れもあるので、沸騰して火を止め、しばらく置いてから、そうですねお湯の量にもよりますが1-2分経ってからドリップをはじめてください。

そこを気をつけてもらえば大丈夫です。

 

エピローグ

こんな事書くと怒られるかもしれませんが、家庭でコーヒーを淹れる場合、そんなにお湯の温度は気にしないでもいいかなぁと思ってます。

 

但し僕は、ぬるめのお湯でドリップして沸かし直す事はオススメしていません。
再加熱の時、そのコーヒーを沸騰させなければ良いですが、沸騰させてしまう恐れがあり、沸騰するとコーヒーにとげとげしい味わいが出てくるので、その事を考えると低温ドリップより高温ドリップの方が良い、と思ってます。

 

いろんなお湯の温度でドリップで試して見るのも、面白いですけどね。

 

今回はお湯の温度のお話でした!では、また。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

沖縄島珈琲

  緊急事態発生!緊急事態発生! 今日 高槻から豊中岡町にくる途中 車のバッテリーを充電す

記事を読む

コーヒー豆を売っているが、売っているのはコーヒー豆じゃない

プロローグ なんか禅問答みたいなブログタイトルになってしまいました。   昨

記事を読む

あなたはどう飲んでる?コーヒーの飲み方を考えてみた

喫茶とは喫煙の「喫」とお茶の「茶」を足して喫茶、喫茶店とは喫煙とお茶ができるところという意味ですが、

記事を読む

カンタンに淹れることができるコーヒー器具はどれ?

プロローグ 高槻は朝晩が涼しくなってきました。 今年の夏は暑く、けっこうこたえましたね。

記事を読む

今年出版する僕のコーヒー本

去年から動き出しました、僕のコーヒー本。   まえがき、第1章から第5章まで現

記事を読む

新豆さん!いらっしゃーい!

  いったい何人の人が 三枝ふうのイントネーションで読んでくれただろうか・・・? 先程 朝

記事を読む

どうしたらわかるの?コーヒー豆の鮮度の見分け方

プロローグ 先日、お客様とお話していていました。 今まではコーヒーは飲まず、紅茶しか飲んでいませ

記事を読む

ブレンドを合わせる美味しさの比率はどうやって決めるのか

プロローグ ブレンドとはそもそも何か? という所を簡単に書いてから本題に行きたいと思います。

記事を読む

「癒し」と「集中力」コーヒーの香りのち・か・ら

朝晩がだいぶと寒くなってきましたね 僕は自宅から高槻店まで いつも自転車で通っているのですが もう

記事を読む

濃い味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 昨日は胃腸炎をおこしてしまい、早朝から具合が悪くなり高槻店は急遽、臨時休業をいただきま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑