*

送風の操作で味わいの微調整を

公開日: : coffee

昨日は1日に何回かパートをわけて、焙煎機のバーナー部分のメンテナンスをしました。
今回もバーナー内部に随分とコーヒーの皮のカスが入り込んでいて、ブロアでシュッと吹くとぱっーと内部から出てきて、舞っていました。

 

掃除も何の問題もなく終わり、時々バーナーの噴射部分にカスを逆に詰まらせてしまうことがあるんですが、そいうこともなく無事に完了しました。

 

だいたい月に一回ペースでやってます。
カスや灰を受ける、灰皿がきっちりしまらなくなればその合図で、ぼちぼちやらなと知らせてくれます。

 

次は12月の終わりくらいかな。
さて、焙煎機には送風を調節するダンパーという機能があるのですね。
その機能で味わいを調節してます、というお話を。

 

 

高槻店の焙煎機はデリケートで

 

ダンパーと呼ばれるその装置のちょっとした加減で、味わいがけっこう変わるのですね。
だいたい中焙煎のコーヒー豆はここ、深焙煎はここ、というダンパーの数値の定位置があるのですが、それを基準にしながら今年の豆はちょっと開けた方が良い、または閉めた方がいいというのがあって、都度調整しているのですね。

 

例えば、今年のブラジルのコーヒー豆。

 

味わいにちょっと気になるところがあるので、いつもダンパーの位置は4.5くらいなのですが、それを5の位置に開けて、その気になる味わいが表に出ないように調整したりしてます。

 

開け過ぎると味わいが飛んでしまいますので、かといって閉めると出て欲しくない味わいが目立ったりするので、培ってきただいたいの勘でこのへんやろな、というところで味わいを作りそして確認していきます。

 

野球でいう変化球を操れる

 

ストレートの直球勝負だけではなく、そうした変化球を上手く使いながら味わ作りと勝負する、というイメージでしょうか。

 

コーヒー豆のポテンシャルを引き出すのが焙煎ですが、その中で出て欲しくない味わい、目立って欲しくない味わいを上手くダンパーでコントロールするところが、ピッチャーの変化球に似た感覚を僕は持っています。

 

味わいつくりに対して、直球勝負だけで渡り歩くのではなく、変化球も織り交ぜて勝負と向き合う、そんな感じです。

 

微妙なコントロールですが、そこも焙煎の楽しいところでもありまして。
こんな駆け引きをしながら、毎日の焙煎を楽しませてもらってます。
おかげ様です、感謝感謝です。

 

それでは、どうぞ良い週末をお過ごしくださいね。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

おうちではリーズナブルパック「桜ふぶき」を飲んでいます

通信販売の発送はゆうパックと佐川急便を使い、お客さんのもとへお届けしております。 先日、佐川急便さん

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

焙煎する前のコーヒー生豆どれくらい日持ちするの?

大阪で行われるG20のサミット開催の前後は、配送がストップになり、その期間での最終便の商社さんへオー

記事を読む

ホンジュラス・テスト焙煎

毎晩、寝る前に焼酎のロックを飲むのが僕のルーティンなんですね。   お風呂から上がって、肩

記事を読む

自然写真家さんのドリップバッグ 東北海道の動物たち

来週の月曜日、9月19日は祝日ですが高槻店は定休日ですのでお休みです。   岡町本店は日曜

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

ミルの排出口に茶色い皮がいっぱいつく理由は

本日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店の店頭に立ちコーヒー豆の販売・接客をしております。 こちら岡

記事を読む

ブレンドとシングルと

昨日、先日行った献血の血液検査の結果が届きまして、その結果は良好でございました。 どれも危なげなく正

記事を読む

コーヒー豆の中にある欠点豆って何ですか?

欠点という字を見て、自分の過去のことを思いだした。   僕はですね、高校時代、

記事を読む

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、スタッフの6月のシフトを作成し

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーシロップ無糖2023 明日2月10日より販売です

次のお休みの月曜日の午前中に、カミさんと京都へ行き、お昼頃高槻に戻る予

当たり前が一番むずかしい

昨日は東京からコーヒー豆を仕入している商社の社長さんが、わざわざ高槻店

安心も買っている

昨日はお休みで、バイクで所用巡りでした。   用事の最後に、

素直さこそスピード論

月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 今日はバイクで所

この焙煎機たちと一生付き合っていきたい

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店にやってきまして、先ほ

→もっと見る

PAGE TOP ↑