*

商売を大きくしようと思うなら

公開日: : coffee, 日々他愛のないこと

昨晩、お風呂に入っていた時にふと思いつき、考えてたこと。
僕自身、島珈琲を今以上にお商売を広げていこう、店舗展開していこうとは正直思ってません。

 

でも、これでいいとも思ってません。
これでいい、と現状維持に入ればそれは下りのエスカレータに乗ったことと考えます。
これでいい、は衰退を招くと考えてます。

 

成長というのはお店の規模を大きく、お店の数を増やすことだけではありません。
どれだけ多くのお客さんに喜んでもえるか、これもまた成長の一つで、それで自然に会社が大きくなったところもあるでしょう。
しかし、僕は喜ぶ人を増やすことは目指しますが、お店や会社を大きくするなんては望んでません。

 

焙煎してお店の掃除して、接客してお店の片づけをして、そんなことがしたくて職人になることとお店をするということを選択しました。
なので、お店の規模としてはこのままですが、でも成長は続けていきますからね。

 

それを前提として書いていきますね。
お風呂の中で考えてたお商売を大きくしようと思うなら。

 

 

ハードの容量を上げていく

 

ハードウエア、つまり島珈琲でいうと焙煎機の容量です。
島珈琲で使用する焙煎機は5キロタイプで、1回の焙煎で最大4キロのコーヒー生豆を焙煎することができます。

 

5キロって言ってますが、5キロ入れて焙煎すると焼きムラができるんです。
なので二割減の4キロ、これが丁度いい限度となります。

 

この焙煎機は、この上に10キロタイプや20キロタイプ、更には50キロタイプなどの大型もあります。
それなりの時期が来た時に、パッと現在の焙煎機の容量よりも大きなものに買い替えることで、より大きなお商売ができることになるんだろうなぁと。

 

容量が増えることは、最小の値も大きくなるかと考えます。
例えば僕の場合、この5キロタイプで少ない時は1キロの焙煎を行うことがあります。

 

容量が大きくなれば、最小の値も大きくなるのが常で、つまりそれにあわせたお商売を考えていくことになる。
量を販売するために、どうしたらお客さんは喜んでくれるだろうか。

 

考え考え抜くこと

 

そのことを考えて考えて、どうしたらいいかというのが常に頭にあるのですね、トライアンドエラーでそれで工夫をして、行動して少しずつその大きくしたハードに沿ったお商売の器が形成されて、そして大きくなっていくのかと。

 

器を大きくして、そしてその器にあるやり方を考え抜く、そうせざる得ない状況が火事場のくそ力となってお商売を大きくさせて行くんだろうなぁなんてお風呂に入って考えていたのです。

 

僕自身も開業当初は、最大1キロ焙煎できる焙煎機でのスタートで、半年してすぐに現在岡町本店の置いてある焙煎機の先代にあたる5キロの焙煎機を分割で購入して、少しづつお店で出来ることの規模を大きくしていきました。

 

3期の決算を得て、今期のことをどうするか、考えてた時にそんなことを沸々思っていたのですが、とりあえず島珈琲は僕のカミさんで手のまわる規模で運営していきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

そんな独り言ブログでした!
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

のばそう!

背筋を伸ばしてピンと! 最近 とくに昼食後は眠た~いですね いかがお過ごしでしょうか?こんにちは さ

記事を読む

no image

ボディブロー

 親の意見と冷や酒は 後から効いてくる 昨日はとても忙しかった とてもしんどかった が 今

記事を読む

どうしてドリップするときに「蒸らし」をするのか

プロローグ だいたいブログのネタは前日までに用意、できなければ朝のうちに考えて、10時に高槻店をオ

記事を読む

no image

あの頃の話

 僕のあの頃ではないのですが 16年前の産経抄を集合させた本を よんでいるのでいます あの

記事を読む

書く意味

このブログを続けて 1256回目の投稿になりました 以前は違うところでやっていたので記事はそれ以上に

記事を読む

no image

探さないでください

 と 本来ならそういってこの3日間くらい旅にでも行ってこよう と思いましたが あいにく仕事

記事を読む

ブレンド

 昨日 四季菜フレンチ ソレイユのシェフとお話ししていまして シェフが「コーヒーはごまかし

記事を読む

20年前、コーヒーの情報は本から取っていた

写真は岡町本店の本棚です。 岡町本店は僕の書庫でもあり、コーヒー・紅茶・カクテルなど飲料関係の本、料

記事を読む

高槻店には以前、喫茶コーナーがありました

高槻店では以前まで喫茶コーナーがありました。 カウンター6席からスタートして、4席に減席、そして20

記事を読む

経時変化

僕は毎晩 ご飯のあとに家族でコーヒーメーカーでたてたコーヒーを飲んでいるのですが先日 あれっと思うこ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
テクニックの前にまず保管とか保存が重要なんです

本日、火曜日はYouTube自家焙煎島珈琲chの動画を撮る日です。 火

コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

→もっと見る

PAGE TOP ↑