*

商売を大きくしようと思うなら

公開日: : coffee, 日々他愛のないこと

昨晩、お風呂に入っていた時にふと思いつき、考えてたこと。
僕自身、島珈琲を今以上にお商売を広げていこう、店舗展開していこうとは正直思ってません。

 

でも、これでいいとも思ってません。
これでいい、と現状維持に入ればそれは下りのエスカレータに乗ったことと考えます。
これでいい、は衰退を招くと考えてます。

 

成長というのはお店の規模を大きく、お店の数を増やすことだけではありません。
どれだけ多くのお客さんに喜んでもえるか、これもまた成長の一つで、それで自然に会社が大きくなったところもあるでしょう。
しかし、僕は喜ぶ人を増やすことは目指しますが、お店や会社を大きくするなんては望んでません。

 

焙煎してお店の掃除して、接客してお店の片づけをして、そんなことがしたくて職人になることとお店をするということを選択しました。
なので、お店の規模としてはこのままですが、でも成長は続けていきますからね。

 

それを前提として書いていきますね。
お風呂の中で考えてたお商売を大きくしようと思うなら。

 

 

ハードの容量を上げていく

 

ハードウエア、つまり島珈琲でいうと焙煎機の容量です。
島珈琲で使用する焙煎機は5キロタイプで、1回の焙煎で最大4キロのコーヒー生豆を焙煎することができます。

 

5キロって言ってますが、5キロ入れて焙煎すると焼きムラができるんです。
なので二割減の4キロ、これが丁度いい限度となります。

 

この焙煎機は、この上に10キロタイプや20キロタイプ、更には50キロタイプなどの大型もあります。
それなりの時期が来た時に、パッと現在の焙煎機の容量よりも大きなものに買い替えることで、より大きなお商売ができることになるんだろうなぁと。

 

容量が増えることは、最小の値も大きくなるかと考えます。
例えば僕の場合、この5キロタイプで少ない時は1キロの焙煎を行うことがあります。

 

容量が大きくなれば、最小の値も大きくなるのが常で、つまりそれにあわせたお商売を考えていくことになる。
量を販売するために、どうしたらお客さんは喜んでくれるだろうか。

 

考え考え抜くこと

 

そのことを考えて考えて、どうしたらいいかというのが常に頭にあるのですね、トライアンドエラーでそれで工夫をして、行動して少しずつその大きくしたハードに沿ったお商売の器が形成されて、そして大きくなっていくのかと。

 

器を大きくして、そしてその器にあるやり方を考え抜く、そうせざる得ない状況が火事場のくそ力となってお商売を大きくさせて行くんだろうなぁなんてお風呂に入って考えていたのです。

 

僕自身も開業当初は、最大1キロ焙煎できる焙煎機でのスタートで、半年してすぐに現在岡町本店の置いてある焙煎機の先代にあたる5キロの焙煎機を分割で購入して、少しづつお店で出来ることの規模を大きくしていきました。

 

3期の決算を得て、今期のことをどうするか、考えてた時にそんなことを沸々思っていたのですが、とりあえず島珈琲は僕のカミさんで手のまわる規模で運営していきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

そんな独り言ブログでした!
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

経営とは

 まさに 走りながら考え 考えながら走る そういうことなんだ ということを10年目にしてわ

記事を読む

no image

ギャラクシーエキスプレス

 ギャラクシーエキスプレス999 仕事を終え ほっと一息 ゴダイゴの歌を聴いた ほんとにこ

記事を読む

コーヒーはカロリーゼロ、しかし

最近ですね、100均で買ってきた筆と白の塗料で、高槻店の壁の汚れた箇所を塗っていくのが僕の中の流行り

記事を読む

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今この部分が「序」になるわけです

記事を読む

コーヒー豆も、個人よりチームで力を発揮する豆がある

プロローグ 今回の記事は個人で力を発揮できるコーヒー豆もあれば、チームいわゆるブレンドですね、ブレ

記事を読む

マンデリンが新豆になるよ!

昨日はお休みでした。 夜は家族でたこ焼きパーティ。   こんな様子でした。  

記事を読む

岡町本店の近くに、島珈琲のコーヒーが飲める古絵本屋さんが来年オープンします!

また娘自慢になってしまいますが、娘はよく笑う子で、一緒に遊んでいてもとにかくよく笑っています。 その

記事を読む

自家焙煎

 僕がコーヒー屋を開店したときは 「自家焙煎」という言葉が じぶんとこで焙煎してます!って

記事を読む

ご存じですか?コーヒー豆もお米のように脱穀しているのですよ

昨日、このようなツィートをしました。     コーヒー生豆を仕

記事を読む

no image

こんな日はベイベー

 今日は早く片づいたので 日記をお休みします! わかっていますよね フフフフ… そうです

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑