*

アイスコーヒーの豆は細挽きに

公開日: : coffee

今朝は娘と起床が一緒でした。
少し早めに起きた娘、自分から起きてきたのでシャキシャキしておりました。

 

娘はスイミングスクールに通っていまして、現在は平泳ぎの級。
今日は進級テストだと。

 

娘、ドキドキするのかな。
思い起こせば僕も小学生の頃は、スイミングスクールに両親が通わせえてくれていました。

 

想い出はいろいろあるけども、父が単車で迎えに来てくれたことが鮮明に記憶されています。
南海部品でヘルメットを買ってくれたこと、冬は寒いからとよくテレビで見る銀行強盗役がかぶるような、目と口の空いたあれなんて言うんだろ、かぶるやつを買ってくれて、それを身に付けるのが楽しみでした。

 

皆さんは小学生の頃の記憶、何が今でも鮮明に残っていますか?

 

さてさて、今回はアイスコーヒー用の粉についてのお話です。

 

 

アイスコーヒーの粉は細挽きをオススメしています

 

粉を細く挽けば挽くほど、同じ条件でコーヒーを淹れた時、味わいは濃くなります。
粉の表面積が増えることで、お湯に接せる部分が多くなるので、その分エキスもよくでるということですね。

 

島珈琲では、ペーパーフィルター用は中細挽きで挽いておりますが、アイスコーヒーを作る場合は中細挽きではちょっと味わいが薄い感じになるので、粉の量を多くする必要があります。

 

それでも作れますが、粉の量を多く消費してしまうので、経済的に効率よくするためにも粉は細挽きにして、少ない量でしっかりした味わいができるように細挽きを推奨しております。

 

味わいがホットコーヒーくらいの時にちょうどよくても、アイスコーヒーのようにキーンと冷ました時は味わいはボケてしまうので、細挽きでしっかり味わいが出るようにすると、清涼感があり爽やかでかつ深みのあるアイスコーヒーが出来上がります。

 

何点か注意するところがあるのですが、その中の1つ、細挽きにすると細挽きにしたぶん抵抗ができて、お湯が下に落ちにくくなります。
コーヒーメーカーなどでアイスコーヒーを淹れる時は、お湯が溢れないよう粉の量を気をつけてください。

 

水出しも細挽きにしてます

 

こちらに関しては賛否両論ありますが、僕は水出しコーヒーの時もアイスコーヒー用のブレンドを細挽きにして使っております。

 

細挽きだと作った水出しコーヒーに、粉が混ざってしまうのが気になりますが、中挽きでも混ざってしまうので、混ざる量の違いが多少の違いなら、濃いしっかりとした味わいができる方を優先したいので、僕は水出しコーヒーの場合でも細挽きにしてお客さんにお渡ししています。

 

もちろん、お客さんに確認をとって、ですからね。

 

コーヒーは豆を粉にする時の挽き方、粉の粒度によっても随分味わいが違ってきます。
コーヒーはいろんなところで味わいが変化してしまうので故に、奥が深いと言われる所以ですね。

 

難しく考えると深いですが、コーヒーは楽しむものですので、肩の力を抜いてより美味しく作ることを楽しんでもらえればと思ってます。

 

ということで、今回はここまで。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

良い味わいは、良い状態から

数日前から水耕栽培に関心を持つ僕です。 数日前当然に、ということもないのですが、前から水耕栽培には興

記事を読む

なぜコーヒー豆は購入する都度に挽くのか?

プロローグ コーヒー屋、コーヒー専門店にとって基本中の基本であり、その都度挽かないってどうなん?と

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半から焙煎をスタートしましたが、

記事を読む

スペシャリティコーヒーに、こだわりません宣言

スペシャリティコーヒーとは、世界で生産される全コーヒー量の約5パーセントくらいの生産量で、高品質コー

記事を読む

メンテナンス

昨日は夜な夜な 焙煎機の掃除 メンテナンスをしました ダクトをはずし 分解して掃除できるところはほぼ

記事を読む

甘いコーヒーは深焙煎か中焙煎か

昨日は定休日。 お昼はカミさんとランチデート。     カミさんが久し

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻

記事を読む

島珈琲は深焙煎軍が僅かに優勢でございます

昨日、ニュースを見ていると求人ポスターを映画のポスターみたいにすると、すごい反応があったという記事を

記事を読む

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お酒もそう。 見渡してみると、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーメーカーではペーパーフィルターを使い分けてます

今日から7月、ですが7月とは思えぬ暑さとなっております。 いろんな方の

為替の行方

お店の掃除を終え、レジ締めなど一通りの閉店作業が済んだら、バイクで帰路

小学生からの友

6月でこの暑さは有り得ないですよね。 近畿でもまさかの梅雨明け宣言が昨

帰ってきたグラインダー

今朝、税理士さんが振込用紙を持ってきてくださいました。 そうです、決算

作る人に熱い思いがある

昨晩、岡町本店の業務終了後、ニューマシンを設置してきました。 とにかく

→もっと見る

PAGE TOP ↑