*

苦みが少なくてコクがあるコーヒーは?

公開日: : coffee

餃子は大好きなんですが、いかんせん接客業ですのでやっぱり「ニンニク」は気になります。
ですので、これまでは次の日にお店の営業がある日は食べることを控えておりました。

 

しかしです、マスク着用となった今、気にせずにいられるので日に関わらず、食べたい時に食しております。
美味しいですよね。

 

マスクして仕事するなんて思いもよりませんでした。
接客業でマスク、ってなんとなく体調がよっぽどではない時くらいしかなかったので。
このままマスクが当たり前となるのでしょうか。

 

いずれにせよ今後今まで通りに戻ったとしても、餃子食べた次の日はマスクをすればいいなぁなんて思ってます。笑
さて、今回は島珈琲のラインナップにあるタンザニアコーヒーについて。

 

 

苦みが少なくてコクのあるコーヒー

 

タンザニアはキリマンジャロがそびえるアフリカの国。
キリマンジャロコーヒーはかねがね有名ですよね。

 

タンザニアの全地区のコーヒーがそう呼ばれるわけではないのですが、タンザニアのコーヒーは日本ではキリマンジャロにまとめられていたようにも思います。

 

お客さんにキリマンジャロはないのですか?と聞かれれば、細かいことはおいといて、タンザニアコーヒーがそれにあたります、とお伝えするようにしています。

 

さてそのタンザニアコーヒー、味わいの特徴は何と言ってもコク、ボディがあるとも言われます。
島珈琲ではタンザニアは中焙煎=中煎りで、どちらかというと酸味の感じる味わいのコーヒー。

 

酸味のある中焙煎のコーヒーでは、コクあるコーヒーは少なく、どちらかというとライトで軽快な味わいと僕は感じ、コクを持っているコーヒーは少数派で、その少数派にタンザニアコーヒーは入ると見ています。

 

ですので、お客さんに苦みはあまりなくてコクのあるコーヒーが欲しい、と聞かれましたら、酸味があっていいのかを確認して、よければ一番にタンザニアコーヒーをオススメしております。

 

タンザニアコーヒーの独特の味わいとは

 

コーヒーにはその国に共通する味わいがだいたいあるのですね。
中にはないものもありますが、何がしらブラジルらしさやコロンビアらしさなど、その国のらしい味わいを感じることができます。

 

タンザニアコーヒーにもそれがあり、味わいの表現がちょっと難しいのだけど、かすれたような感じの風味があるのですね。
伝わりにくい表現で申し訳ないのですが、かすれたような感じはかすれたような感じなんです。笑

 

島珈琲ではムベアという銘柄のタンザニアコーヒーを使用していますが、こちらにもそのかすれた感じが感じられます。

 

決してそれがマイナスの評価で言っているのではありませんが、ポジティブな言葉でのその表現が思いつかないのですね、すみません。
コーヒーの味わいの表現って、難しいですよね。

 

コクがあって心地よい酸味があって、パワフルさを感じ、そしてかすれたような感じを感じるコーヒー、タンザニア。
機会があればぜひお召し上がりくださいね。

 

それでは、今回はタンザニアコーヒーについて、でした。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

みんなの知ってるブラジルコーヒー 味わいの特徴ってどんな感じ?

コーヒーと言えば、ブラジルが有名ですよね。 コーヒー大国ブラジル、コーヒーの生産地として世界で1番

記事を読む

イエメン

 そうです 休日 主におうちで過ごすのが好きな男性を「イエメン」 というそうです それは嘘

記事を読む

カフェにおけるコーヒーマシンとハンドドリップの抽出、どっちが美味しいの?

最近、ありがたいことにカフェやレストランで使うコーヒーを島珈琲のコーヒー豆で、と言って下さるシェフや

記事を読む

ますます値上がりするの?今後のコーヒーの動向

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です さて今回は昨今多くなりました「コーヒーの値上げ」

記事を読む

コーヒー豆にも表作・裏作があるの?

表作、裏作というのは同じ畑などで、1年通じて二毛作したときの先の時期の収穫、後の時期の収穫のことを指

記事を読む

コーヒーの香りの一番強いときはどの状態のときなの?

コーヒーは香りのものですよね。 コーヒーの香りと聞いてあなたは何を想像しますか?  

記事を読む

ミルでもかわるコーヒーの味わい

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中岡町本店に来て焙煎を終え10時よりいつも通り営業開始しておりま

記事を読む

ドリップが上手くなるということは、味を正すこと

プロローグ 昨日、お客様から質問があったことをお答えしながら、ふと気づいたこと。 それと質問があ

記事を読む

冷めた時に見える味

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来まして今ブログを書いています。 ブログと言うのは書くと

記事を読む

一歩譲る心を持てば そこに平和が訪れる

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です! 実は今 コーヒーの相場がかなり上がっている

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑