*

コーヒーのプロの僕がコーヒーを淹れる器具で、一番だと思うもの

一時の事を思うと、随分とコーヒーの抽出器具も多くなったと感じております。
お客さんに教えてもらうことも多くなりました。

 

自分でももちろん調べたりはしますが、いかんせん使う器具を名門コーノと決めてしまっているので、他の道具を使う機会が少なくなっています。
そうしているうちに、新しいことから遠のき、頭の柔軟性を失ってしまうので、新しいことやものにはチャレンジしようとはいつも思ってます。

 

これだ!というのは大事ですが、それ以外を受け付けない、というのは頭を固くしてしまいますし、進歩や新しい発見がありませんのでね。
いろいろ試しながら、コーヒーの味わいを今後も見て行こうと思っております。

 

さて僕の中で、コーヒーの抽出器具の中で一番と思うものは、ついて今回は書きます。

 

 

それはネルドリップです

 

基本的に普段はペーパードリップで淹れている僕ですが、どれが一番好きですか、と問われると間髪おかずネルドリップとお答えします。
ネルドリップで淹れた時のどくとくのコクと言うかとろみというか厚みというか。

 

他ではない、ネルドリップ独特の丸みを帯びた味わいになるのですね。
これで淹れるコーヒーが好きです。

 

ですが、僕はおうちでコーヒーを楽しむお客さんには、ネルドリップはあまりおすすめしておりません。
なぜか。

 

おうちでは管理が大変だから

 

ネルはまず、新しいものを使う前にコーヒーの出カスで煮込むのですね。
コーヒーをネルに浸透させるために。

 

それから、ネルは乾かしてはいけませんので、いつも水に漬けて冷蔵庫で保管することになります。
なぜか、乾くとコーヒーの脂分でネルがカピカピとなって異臭がでます。
その異臭がコーヒーを抽出する時に抽出液に移り、味わいにダメージを与えます。

 

なので、乾かしてはなりません。
水に漬けて冷蔵庫で保管することになるのですね。

 

使う時は、一度か固く絞ってからお湯を浸し、またその吸い込ましたお湯を固く絞ってから、粉をセットしてドリップします。
終わると、そのネルにある粉を捨ててネルを丁寧に水洗いし、その後は固く絞ってから水に漬けて保管となります。

 

ものすごい手間がかかるのですね、その手間がかかる分、コーヒーは美味しくできるのですが、ちょっと家では大変なのでオススメはしてません。

 

でも、どれが好きかと言われれば、迷わずネルドリップとは今後も言い続けます。
もし、その行程をわずらわしく思わないのであれば、ぜひチャレンジしてもらいたいですね。

 

ペーパードリップや金属フィルターなどで淹れるものとは、また違うネルドリップ。

今回は僕が一番好きなコーヒーの抽出器具、ネルドリップについて、でした。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

帰ったらすぐ冷凍庫!袋の口を閉じているだけです

日曜日は日曜日だけが営業のお店、岡町本店へ来て、店頭に立ち焙煎、営業をしております。 島珈琲は本店は

記事を読む

なぜ、コーヒーの粉は冷凍保存なのか

プロローグ 見た目でそのコーヒーの鮮度ってわかりますか?   わかりませんよ

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

なんでコーヒー豆から脂が出るのか

最近は高槻店に通勤するのに、バイクと自転車と併用しています。 自転車の日は、先日購入した折りたたみ自

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあった

プロローグ もちろんカプチーノに入るエスプレッソも美味しいからカプチーノが美味しいわけですが、今回

記事を読む

コーヒーシロップの新しい使い方。お湯で割ってホットコーヒーができる!

プロローグ 先日、お客さまから電話がありました。 「島さんところのコーヒーシロップ、お湯で割って

記事を読む

コーヒーの基本はなんなのか、考えた

昨日は入院している父との面会に。 コロナウィルスの影響で、面会は15分、しかも週一回、家族の方のみ、

記事を読む

2022年12月の季節のブレンドはコチラです

昨日、予約をしてしまいました。 毎年、成人の日に大阪・池田にある「不死王閣」という温泉旅館で、日帰り

記事を読む

ブレンド花の魅力、から考えていたこと

寝る前、僕は居間で一人で焼酎のロックをチビチビ飲みながら、YouTubeのニュースなどをチェックして

記事を読む

粉にする時、中煎りの豆は深煎りより少し粗く挽いてます

しっかり睡眠もとり、食事もとり、そこそこの運動もしているはずなのに(お店まで自転車通勤)、身体がだる

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
分水嶺 (5021)

今日7月15日月曜日は海の日で祝日、祝日ではありますが、島珈琲岡町本店

ブレンド花が美味しく (5020)

くどくなりますが、明日7月15日月曜日は海の日で祝日ではありますが、岡

アイスコーヒーの粉は細挽きで (5019)

7月15日は祝日の月曜日ではありますが、岡町本店も高槻店も祝日でも関係

来期のグァテマラ 決めました (5018)

そうなんです、来月に僕は49歳となり40代最後の歳となるのです。 &n

コスタリカ ちょっと濃厚に (5017)

昨日、商社さんから向こう1年分使用するグァテマラのサンプルが到着しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑