*

コーヒーのプロの僕がコーヒーを淹れる器具で、一番だと思うもの

一時の事を思うと、随分とコーヒーの抽出器具も多くなったと感じております。
お客さんに教えてもらうことも多くなりました。

 

自分でももちろん調べたりはしますが、いかんせん使う器具を名門コーノと決めてしまっているので、他の道具を使う機会が少なくなっています。
そうしているうちに、新しいことから遠のき、頭の柔軟性を失ってしまうので、新しいことやものにはチャレンジしようとはいつも思ってます。

 

これだ!というのは大事ですが、それ以外を受け付けない、というのは頭を固くしてしまいますし、進歩や新しい発見がありませんのでね。
いろいろ試しながら、コーヒーの味わいを今後も見て行こうと思っております。

 

さて僕の中で、コーヒーの抽出器具の中で一番と思うものは、ついて今回は書きます。

 

 

それはネルドリップです

 

基本的に普段はペーパードリップで淹れている僕ですが、どれが一番好きですか、と問われると間髪おかずネルドリップとお答えします。
ネルドリップで淹れた時のどくとくのコクと言うかとろみというか厚みというか。

 

他ではない、ネルドリップ独特の丸みを帯びた味わいになるのですね。
これで淹れるコーヒーが好きです。

 

ですが、僕はおうちでコーヒーを楽しむお客さんには、ネルドリップはあまりおすすめしておりません。
なぜか。

 

おうちでは管理が大変だから

 

ネルはまず、新しいものを使う前にコーヒーの出カスで煮込むのですね。
コーヒーをネルに浸透させるために。

 

それから、ネルは乾かしてはいけませんので、いつも水に漬けて冷蔵庫で保管することになります。
なぜか、乾くとコーヒーの脂分でネルがカピカピとなって異臭がでます。
その異臭がコーヒーを抽出する時に抽出液に移り、味わいにダメージを与えます。

 

なので、乾かしてはなりません。
水に漬けて冷蔵庫で保管することになるのですね。

 

使う時は、一度か固く絞ってからお湯を浸し、またその吸い込ましたお湯を固く絞ってから、粉をセットしてドリップします。
終わると、そのネルにある粉を捨ててネルを丁寧に水洗いし、その後は固く絞ってから水に漬けて保管となります。

 

ものすごい手間がかかるのですね、その手間がかかる分、コーヒーは美味しくできるのですが、ちょっと家では大変なのでオススメはしてません。

 

でも、どれが好きかと言われれば、迷わずネルドリップとは今後も言い続けます。
もし、その行程をわずらわしく思わないのであれば、ぜひチャレンジしてもらいたいですね。

 

ペーパードリップや金属フィルターなどで淹れるものとは、また違うネルドリップ。

今回は僕が一番好きなコーヒーの抽出器具、ネルドリップについて、でした。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップする時のポットの特徴を書いてみた件

プロローグ 明けましておめでとうございます。 本年も更なるコーヒー馬鹿を目指し、皆さまにコーヒー

記事を読む

中煎りと深煎りのコーヒーの粉の膨らみ方の違いはなんでなん?

次のお休みは、高槻店の雨漏り補修工事前の確認作業。 高槻店の雨樋や、地震が原因で倉庫の屋根とビルの間

記事を読む

コーヒーの濃いのは下に溜まるよ

本日は娘の最後の幼稚園の送迎でした。 卒園式は金曜日ですが、僕のお休みは月曜日だけですので、今日が最

記事を読む

ラッキーで、美味しいブラジルが入荷しました

普段の関係性って、いざって時に表に出ると思うのですね。   いざという時、友達

記事を読む

どんどんコーヒーシロップ

コーヒーシロップの人気がどんどんあがってきました! 今日もわざわざお店を探して来店して頂き ご購入し

記事を読む

超コーヒー引力の法則

準備が整いました! 昨日は無添加コーヒーシロップ(カフェオレベース)の焙煎を終え 今日はバックシー

記事を読む

タンザニアとキリマンジャロ

島珈琲株式会社は4月が決算月。 5月から新年度となります。   株式会社が何なのかはあまり

記事を読む

コーヒーシロップは圧倒的に無糖が人気ですが・・・

だいたい1年で計5回くらい、製造します。 コーヒーシロップ無糖と加糖。   どちらが良く売

記事を読む

春夏限定 コーヒーシロップ無糖2017販売スタートです!

島珈琲オリジナル、コーヒーシロップ無糖が今日から販売スタートです! よろしくお願いしまーす!

記事を読む

中煎りの魅力 深煎りの魅力

本日は僕自身の定休日。 朝、娘が学校へ行くのをお見送りし、その後パソコンに向かい、このブログを書いて

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
言葉は変化する

このブログは毎日更新してます。 ブログのネタは書く前に考えるか、前日の

テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

スタッフ同士のありがとうのやりとりは、お客さんの心を温める

昨日は2回目のワクチン接種からの1日目で、接種した側の左腕が痛かったの

→もっと見る

PAGE TOP ↑