*

星野伸之さんのスタイルの様に

公開日: : 最終更新日:2020/11/24 エッセイ, 焙煎アーティスト

野球選手の中で誰のようなスタイルで生きて行きたいか、という問いがもしあれば、僕は迷わず阪急ブレーブスの星野伸之さんと言うでしょう。

 

プロではありえない、ストレートは最速120~130キロ、持ち球も特に多くもなく、それでもパリーグという力と力がぶつかり合うダイナミックな野球を展開するシーズンの中で、1シーズンに2ケタ勝利をすることが何回もあった選手。

 

プロ野球のピッチャーといえば、140キロから150キロ台の直球を決め球にしたり、野茂や佐々木の伝家宝刀のフォークボールのような、一撃必殺で人を魅了する決定的なボールが誰も持っている中で、星野さんは70~90キロのスローカーブと130キロの速球(速球でない?)で、ボールを速く見せることを武器に、プロの世界を渡っていった人。

 

自分の人生は、たぶんこの星野さんのスローカーブのようだな、と時折思うのです。

 

 

今日の星野は一段と遅かった

 

写真はYouTubeのスクリーンショットです。
今日の星野は一段と遅かった、と普通なら逆ですよね。

 

速さが優位となる世界で、逆に遅さを褒められている星野さん。
スローカーブとストレートの球の速度の差が、40km/hで、強打者たちが星野のストレートはむちゃくちゃ速く感じると証言していたそうです。

 

独特の投球スタイルで、球の出所がわかりにくく、バッターはタイミングを取りにくかったというのも一つあるようです。

 

小さいころ阪急ブレーブスの試合が、関西ではサンテレビという放送局があるのですが、そのサンテレビで日曜日のお昼、今はなき西宮球場デーゲームを放送しており、その星野さんの投球を見て、のらりくらりと打者を翻弄する様子を見ており、目に焼き付いていました。

 

いつしか、星野さんのその投球と自分の人生を重ねるようになっていて、特に人から羨望されるような群を抜いた優れたものがなかったとしても、独自のスタイルを洗練することで自分の世界を作ることができることを教えてもらった、と思っています。

 

どんなことでも磨きまくればいい

 

星野さんは、プロではやっていけないと言われた酷評を、ご自身の努力で払拭し、その位置まで行かれたと思うのです。
見えないところで、ものすごい汗と涙があったことは容易に想像できます。

 

その姿はプロ野球選手になりたい微塵も思ってもない大きくなった時の僕に、なんだろう、人生観というか生き方を教えてくれたのですね。
プロでは、人から笑われるような速さのストレートでも、誰よりも速かったと言わすことができる、その技。

 

道はいくらでもある、と。
時折、星野さんがゲームで投げる勇姿をYouTubeで見ますが、力で押す方法だけが立ち向かう手段ではないことを改めて教わるのです。

 

自分の焙煎も、星野さんの投球の様にありたいと、思ったりしている、今回はそんなお話でした。

 

笑われようが磨いて磨いて磨きまくれば、それはすごいものになる。
僕も自分のスタイルを更に洗練していこうと思います。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

心の財産に

先日、とあるカフェのオーナー様とお話を。 実はカフェの営業が終わったあと、バイトに行っているのです、

記事を読む

僕はどうしてコーヒー焙煎屋を選んだのか

先日、娘に「お父ちゃんはなんでコーヒー屋さんになったの?」と聞かれました。 もうそんな質問をしてく

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

小回りのきくお店、そして人でありたい

昨晩は高槻店を閉店後、バイクに乗って配達を。 まずは高槻芥川町にある、テマヒマさんへ。  

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

焙煎したコーヒー豆を手選別(ハンドピック)する理由

プロローグ ご存じですか、コーヒー豆を焙煎している間は、職人さんは何をしているのか? 他の方は知

記事を読む

バリスタでもあり、ブレンダーでもあり、ロースターでもあり、そして経営者でもある

よくよく考えたら、いろんなことをしてるんだと思った、そんな今回のお話。   バ

記事を読む

娘がコーヒー屋やるいうてききません

昨日はお休みでしたが15時くらいまでは高槻店で仕事をして、その後、コラボしているCafe Beへ行き

記事を読む

自家焙煎コーヒーとは、なんぞや

プロローグ 自家焙煎とは何か。 僕のお店も屋号には、自家焙煎がついており 自家焙煎 島珈琲 とな

記事を読む

ペーパードリップするのに大事な3つの注意点

昨日は仕事もはやく片づき 家路を急ぎまして 晩ご飯を食べてから 2歳の娘と沢山遊びました 娘の笑

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
変化をこわがらない

昨日は冷蔵庫の入れ替えでした。 19時から業者さんが来てくれて、今まで

結果が出るまで時間がかかるもの

そういう気質なんだと思うんだけど、僕は時間をかけて物事をなんとか軌道に

いろいろ飲めるのも面白いですよね

明日は高槻店終了後、冷蔵庫の入れ替え作業です。 3月にドリップコーヒー

今期のマンデリンとコロンビアはごっつええで

コロンビアの銘柄が変わりました。 やっといつものコロンビア・ナリーニョ

娘がコーヒー屋やるいうてききません

昨日はお休みでしたが15時くらいまでは高槻店で仕事をして、その後、コラ

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑