*

島珈琲のブラジルはクラッシックタイプの味わい

公開日: : 最終更新日:2020/08/13 coffee ,

本日は祝日ですがお休みです。

 

今日は家族でおばあちゃんの家に出向き、おばあちゃんと合流して丹波篠山へお墓参りに。
おじいちゃんが入院していておばあちゃんがお墓参りに行けないので、一緒に行くことにしました。

 

その後は家族でご飯を食べたり、のほほーんとしたり。
休日を楽しみたいと思います。

 

さて今回は島珈琲で扱うブラジルの味わいについて。
島珈琲で取り扱うブラジルはどちらかというと、クラシックタイプの味わいのブラジルです、ということを説明したいと思います。

 

 

クラシックタイプとは

 

写真はブラジルのイグアスの滝、綺麗ですね。

 

13年前になるでしょうか。
農園視察としてブラジルに行きました。

 

ブラジルに着くまでに1日半ほどかかりましたね、そして車で移動して。
なんせ広大、というのがブラジルへ着いた時の感想でした。

 

そしてミナスジェライス州、セラード地区と呼ばれる場所へ。
そこでいろいろな学びを得て、その知識は今でも重宝しております。

 

現在使用しているのは、セラード地区のアグアリンパという農園のものを使っております。

 

味わいは昔からあるブラジルらしい味わい。
このブラジルらしい味わいこそ、クラッシックなタイプ。

 

ブラジルでも様々なタイプの味わいがあり、スペシャリティコーヒーと呼ばれる高品質コーヒーでは、えっ?これ本当にブラジルの味わい?と思うような、素晴らしい風味を持っているものを、手に入れることができるようになりました。

 

でも僕はあえて、ブラジルらしいクラシックな味わいのものをチョイスしています。
それは、なぜか。

 

オールドタイプの味わいを作りたいから

 

インドネシアのスマトラ島のマンデリンもそう、昔からの味わいというのを大事にしたいというのもあるけども、僕の好みがそうだから。

 

僕がコーヒー焙煎に興味を持った時は、スペシャリティコーヒーという高品質コーヒーは、簡単には手に入らなかったのですね。
というか、素人ですとコーヒー生豆を仕入することも難しかったのです。

 

僕自身は最初は趣味からのスタートでした。
家で焙煎していたのですが、その焙煎する前の生豆を手に入れるところを探しまくるところから。
それがまず難関でした。

 

そして手に入れるところをやっと見つけて、それがいわゆるスタンダートなタイプのコーヒー豆で、それをいかに美味しく焙煎するか、焼き上げるか、というところを深く追いました。

 

そうした昔の思い出を引きずっているわけではないのですが、新しい味わいを大事しながら、クラシックな昔からの味わいも大事にしたいなぁというところから、ブラジルはクラシックなものをチョイスしているのですね。
そしてその味わいが僕の好みってのも入って。

 

ブレンドのベースにもなるブラジルの味わいは、クラシックな味わいで作りたいというのもありますね。

 

島珈琲のブラジルは、クラシックな味わい。
よろしければ、お試しくださいね。

 

それでは、休日を楽しんできます!

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

これを知ればブレンドの楽しみ方が広がるお話

今日2月25日、そして明日の26日は高槻天神祭です。   毎年2月25日26日

記事を読む

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳しく測ったことがないので、2倍

記事を読む

お正月におすすめコーヒーと福袋のご案内

プロローグ 今日はご案内です。   まず年末年始の各店舗の営業について。

記事を読む

コーヒーの美味しくいれるコツを一言で言うと?

プロローグ 昨日、お客様の「?」と止まってしまった質問を受けました。 「島さんの言うように、粉で

記事を読む

コーヒー豆が硬いってどういうこと?

昨日12月29日は1人営業で、そこまで忙しくならないだろうという僕の予想を遙かに超えた御来店があり、

記事を読む

今のところコーヒー豆の入庫の遅れは聞いてません

お盆前の最終オーダーが締め切られ、コーヒー生豆がドンドーンと届きました。 持って来てくださる、配達の

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

質問!いつもドリップするとふわっと膨らむのですが、しみる感じで膨らみません。淹れ方がよくないの?

今回は兵庫県美方郡で但馬牛の繁殖をされている、島珈琲のお客さんの田中一馬さんからのご質問におこたえし

記事を読む

コーヒーの豆袋に通気口が付いているのはなぜですか?

昨晩、帰宅すると娘がダダダーッと走ってきて、父ちゃんこれ!と言ってチャンピオンベルトを誇らしく掲げる

記事を読む

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせでした。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑