*

アイスコーヒーは細挽きで

公開日: : 最終更新日:2020/08/13 coffee, ドリップコーヒー

娘と僕の誕生日は近くて、昨日、合同誕生日会を家族でしました。

 

あっというまに8歳。
スマホに入っているの娘の動画。
2歳、3歳・・・そして今。

 

ほんとうにあっというまですね。
自分の時間もあっという間だけど、同じだけあっという間なんですね。

 

先日、僕の誕生日にプレゼントと一緒にくれた手紙には、コーヒー屋になりたいです、と。
新しいコーヒーを作ります、とも。

 

いつも見れるところに大事にしまってます。
コーヒー屋になってもいいし、別の好きな道ができたら進めばいいし。

 

娘の未来が楽しみです。
振り返れば超特急で過ぎていく時間、だからこそ今、娘と過ごせる時間を大事にしたいなぁと思ってます。

 

さて最近、店頭でアイスコーヒーの淹れ方について聞かれることが、頻繁にあります。
なので今回は、アイスコーヒーの淹れ方について書いていきますね。

 

 

アイスコーヒーは細挽きで

 

写真はコーヒーミルの挽目を調整するダイアルですが、Fineと書かれているのがわかるでしょうか。
Fine=細挽き、の意味で、ほとんどがミルもしくはコーヒーグラインダーの目盛りの若いところ、1に近づいているところになっているはずです。
基本的にミルのダイアルにある挽目の番号が、若いほど細挽き、真ん中あたりが中挽き、番号が大きいほど粗挽きになっている、と理解してください。

 

で、アイスコーヒーの場合、粉にする時は島珈琲では細挽きにしています。
なぜか、それは粉を細く挽けば挽くほど、同じ分量で中挽きなどと比べた時、濃い味わいになるからなのです。

 

アイスコーヒーは冷たーくするので、冷やした時に味わいがぼけないように、濃いめに抽出するのですね。
ですので、粉の量を多く使うという手もありますが、経済的なことも考えて、1杯分なら12グラムのコーヒー豆を細挽きにして、100ccから120ccくらい抽出し、氷で冷やし作りますます。

 

ハンドドリップで淹れる時は、なるべくお湯をゆっくり時間をかけてドリップしてみてください。
お湯と粉の接触時間が長いほど、濃い味わいに出来上がります。

 

細かく挽くことで抵抗ができ、下に落ちるまでの時間がかかる、つまり接触時間を長くすることも細挽きにする理由の1つでもあります。

 

受けポットに氷を入れておくか、それとも出来上がって冷やすか

 

どちらでも構いません。
アイスコーヒーは、ドリップし出来上がったホットコーヒーを急冷する方が、美味しくできると僕は思ってます。

 

その面から考えると、受けポットに直接氷を入れて、ドリップを氷に落とすのは良い手段だと思います。

 

ただドリップをどこで終わらせるのかがわかりにくい、ので何回か試して味見をすることが必要となります。
氷をどの程度入れてどこで終わらせると美味しいのか、など。
そこが唯一のデメリットでしょうか。
でも、それは自分のパターンを作ってしまえば問題のないことですね。

 

出来がってから冷やすのは、氷がパンパンに入った耐熱グラスに出来上がったコーヒーを注ぐのが良い方法ですが、氷がかなり必要となる、ということがデメリットですね。

 

自然冷却、または水をはったボールに付けて粗熱を取り、そして冷蔵庫で寝かせる方法。
これが一番楽なやり方ですが、急冷に比べやや味わいに締まりがなくなってしまう、ように僕は感じています。

 

手間をかけ味わいを取るか、手間を省いて楽を取るか、こればっかりはそれぞれの生活のシーンに合わせて選んでもらえば、と思います。

 

ということで、質問の多かったアイスコーヒーのことに関して、今回はまとめてみました。
素敵なコーヒーライフを過ごしてくださいね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

美味しさをどう探す?コーヒーミルの粉の挽き方の探しかた

僕がコーヒーの味わいをつくるなかで、一番難易度が高いなぁと思うところ、どこだと思いますか? &

記事を読む

いばからチャンネルに出演!動画で語る焙煎アーティスト島規之とは!

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。 今日は「いばからチャンネル」というユーチューブの番組のご

記事を読む

コーヒーにミルクと砂糖を足してどんな味にしたい?

プロローグ あなたはコーヒーをどんな風にして飲みますか? ブラック?ミルク?砂糖?それとも両方?

記事を読む

ええもんをおだししたい!

  お客様にはええもんをおだししたい! いいコーヒーを仕入れたとき 見た時 お客様の笑顔が

記事を読む

広がる香り 広がる幸せ 香りのお届けもの

さて本日はお休みですが、障がい者支援施設とコラボしているカフェ、cafeBeで朝から月イチのミーティ

記事を読む

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰るのですね。  

記事を読む

島珈琲からのクリスマスプレゼントを 今コロンビアがめっちゃいい!

昨晩は実家で、少し早めのクリスマスパーティを。 年末年始はお店がバタバタなので、いつも早めにしている

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深煎りのコーヒー豆なのか?

プロローグ 先日、こんなツィートをしました、僕の中では皆さんからとっても反応があったツィートです。

記事を読む

no image

美味しいいれかた

 こんなんできました http://shima-coffee.com/quick_02.

記事を読む

家庭用コーヒーミルの掃除に持っておきたい2つの道具

プロローグ 最近、おうちでコーヒーを淹れる方が、ちょっとずつ増加しているような傾向を肌で感じていま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑