*

焙煎度合いに対して挽き方を変えるべきか

公開日: : coffee

昨日はお休み。
午後、学校から帰ってきた娘と公園で少し遊び、カミさんのお母さんがスシローで御馳走してくれるとのことで、家族4人で外食を。

 

カミさんは、回転すしのことをクルクルすしと言うのです。
ふふってなるでしょ、確かにクルクル回ってますからね。

 

娘は年齢を重ねるごとによく食べるようになり、時々びっくりさせられることも。
美味しそうに、そしてもりもり食べている様子を、なんとも嬉しく思う僕です。

 

さて、今回は焙煎度合いと挽き方について。

 

 

焙煎度合いによって挽き方を変えるべき?

 

実際に僕はどうしているかと言われると、僕は焙煎度合いによって挽き方を変えます。
中焙煎=マイルド、深焙煎=ビター、と2種類の焙煎度合いが島珈琲のラインナップにはありますが、マイルドの味わいはよりマイルドに、ビターな味わいはよりビターに、表現したいのですね。

 

ですので、挽き方は1段階だけ差をつけています。

条件を同じにして、粉を細かく挽くと濃い味わいに、粉を粗く挽くとあっさりした味わいになります。

 

ですので、深焙煎のコーヒーはより濃く深い味わいにしたいので少し細かく、中焙煎はあっさりしたいので少し粗めに、そうして挽いてドリップしたり、コーヒー豆を購入されるお客さんのコーヒーを挽くときにそう調整をしています。

 

使うコーヒー器具などにも挽き方は合わせて

 

例えば、アイスコーヒーのブレンドでアイスコーヒーを作る時は、更に細かい目に挽き、味わいを更に濃くだすようにしています。

 

冷やした時にキュッと苦みが引き立つようにしたいので、挽き方は細かく。
基本的に僕はコーヒー器具によって挽き方はあまり変えませんが、お客さんのご要望があればそのようにさせてもらってます。

 

コーヒーは同じ豆でも挽き方でも、随分と味わいの出方がかわってきます。
コーヒーミル、またはコーヒーグラインダーとも呼ばれていますが、その道具も違えば、出来るコーヒーの味わいにもまた違いがあります。

 

コーヒーはほんとうにデリケートですね。
シンプルだけど奥が深い、いやシンプルだからこそ奥が深い、のでしょうか。

 

何十年コーヒーと向き合っていても、まだまだ楽しい、面白いことがあるのがコーヒーです。

興味が尽きません。

 

今回は挽き方についてのブログでした。
皆さんもよろしければ、中焙煎=中煎りはちょっと粗い目に、深焙煎=深煎りはちょっと細か目に挽いて、その味わいを楽しんでみてください。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップ加糖が出来るまでの道のり

明日、日曜日はコーヒーシロップ加糖の仕込み焙煎を行います。 コーヒーシロップとは、コーヒーの濃縮液で

記事を読む

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

布施弁天へ行こう!

 と言っても 千葉なので僕は行けそうでなかなか行けません 何を隠そう 千葉 柏市の布施弁天

記事を読む

コーヒーの香りについて調べてみた

プロローグ 僕がこうして自家焙煎珈琲店をするまでは、所謂コーヒーオタクでした。 東京の有名店など

記事を読む

ドリップしたとき水はけのよくないのは、エチオピアモカ

ブログのネタのほとんどは、お客さんとの会話から生まれております。   コーヒー

記事を読む

焙煎したてのコーヒーをドリップするとどうなるか?

プロローグ 昨日の月曜日はお休みを頂きまして、娘と公園で遊んだりし家族でゆっくりと時間を過ごしまし

記事を読む

コーヒーの木

 すくすく育ってます! 実をつけるのはいつの日だろうか 今日はお疲れなので日記はこれまで

記事を読む

1粒のコーヒー豆の重さは、中煎りの方が重い 何に意識しておくか

お店のレジのことで、迷っています。 お隣の新しくオープンしたイタリアワイン専門店のオーナーさんに、先

記事を読む

好みのコーヒー豆の探し方

プロローグ コーヒーには沢山の種類があって、どれが、どんな味わいをしているのか、を例えばお店で言葉

記事を読む

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳しく測ったことがないので、2倍

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ドリップコーヒーについて 知りたいこと

僕 島規之が、コーヒー基礎講座の講師を務めることになりました。 久しぶ

通販 店頭 税込表示に変更します!

昨晩は帰宅すると、娘が玄関までお出迎え。 元気な声で、おかえりーと。

ブレンド桜ふぶき ネット販売開始です!

昨日はお休み。 家族で伊丹にあるプラネタリウムへ行き、その近所にある伊

1回の焙煎時間はどれくらい?

岡町本店では、営業時間内でも焙煎をしていることが多々あります。 岡町本

開業17年 コーヒーの価格の流れ

島珈琲が開業したのは2002年3月29日。 次の3月で開業18周年とな

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑