*

焙煎機のメンテンナスが味わいを決める

公開日: : 焙煎アーティスト

娘はニンテンドースイッチのマリオオデッセイが好きで、毎晩ゲームをしています。
カミさんと僕は、毎晩ではなく1日おきで交代している感じなので、娘がどんどん先に進んでいきます。

 

娘に、ここどうしたらいいの、と聞きながら進んで行き、時々にそうしてアドバイスを持ってます。
私、名人やからなぁ、というのが最近の娘の口癖で、時々、達人とも言うのですね。

 

名人と達人はどっちのすごいの?と聞くと、それらしいことを答えていて、みんなで笑っていました。
調べてみると、名人の上が達人で、より極めた人が達人と呼ばれるそうです。

 

僕も焙煎の達人になれるように、まだまだ精進であります。

 

さて今回は、その焙煎のメンテンナスについてのお話を。

 

 

焙煎機のメンテンナスは味わいつくりにおいてとっても重要なのです

 

だいたい僕は4か月を一つ目安にして、焙煎機の大掛かりなメンテンナスを行っています。
部品をばらし、焙煎機の内部を徹底的に掃除します。

 

なぜ、それが味わいにおいて重要なことなのか、というと焙煎している時、コーヒー豆からは煙がでます。

 

その煙に脂分が含まれており、煙の温度が下がるとその脂分が煙を抜けていくダクト、それからそれを引きこむ送風のファン、そして煙突とそれぞれに付着していくのですね。

 

これは、ばらさないと目には見えません。
ですが、味わいを見ていると、その脂分がダクト内に付着することにより、煙が流れにくくなってできる味わいというのがあって、それをキャッチすると期間に関係なく、メンテンナスをすることにしています。

 

だんだんと味わいにシャープさがなくなってくるのですね。
キレがなくなってくるのです。

 

なので、皆さんが美味しいって喜んでもらえるよう、メンテンナスは定期的に行っています。

 

わりと重労働なのです

 

僕の場合は、幾日かにわけて作業をします。

 

焙煎機のバーナーの掃除、風量を調節するダンパー付近の掃除、冷却する装置付近の掃除、煙突の掃除、それぞれ閉店後に少しずつやって、最後に本体の焙煎機とダクトをばらし、モーターを外してファンを取り出して、機械内部を掃除します。

 

最後の焙煎機の掃除は、半日かかるので、だいたいはお休みの日の午前中にやっています。

 

今月は前回、メンテンナスしてからの4か月目。
夏場は冬場よりも焙煎量が少し減るので、焙煎機の調子はまだ良いのですが、これから繁忙期に突入するので、今のうちに綺麗にして万全を期しておきます。

 

今月は、高槻店のお店の修繕が入り、22日か23日のどちらかを臨時休業しなければなりません。
ですので、焙煎機のメンテンナスの日程をどこに入れようか、まだ迷っていますが、今月中にはやってしまいます。

 

やっぱり、皆さんの美味しいって笑顔で喜んでもらいたいのでね、ハードスケジュールですがやります!笑

 

美味しいコーヒーの裏には、こんな作業があるんですよーというお話でした。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそうではなく、なんかバタバタしてい

記事を読む

短所より長所を伸ばしてみる 好きこそものの上手なれ

昨日、僕と同い年で、僕と同じ様に自営業をしている友人と電話で話していたんです。 彼には島珈琲のホー

記事を読む

繁盛するお店

半分、職業病だと思うんだけど、それ以上かな、例えば帰り道、僕はバイクで通っているのですが、その時必ず

記事を読む

焙煎中にイメージしているのはこんなこと

僕の中ではコーヒーの焙煎って、皆さんに分かりやすく例えると野球のボールの遠投みたいな感じだと考えてま

記事を読む

モカ、モカって何でいろんな種類があるの?

少し肌寒くなって来た、ここ高槻です。 いかがお過ごしでしょうか。   少し寒

記事を読む

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。   いつも日々のパタ

記事を読む

僕はこんな事を考えて、お店に立つ

プロローグ 僕は職人にもなりたかったし、商売人にもなりたかった。 接客しているのが好きだけど、モ

記事を読む

どんなふうにできるの?コーヒーシロップ180リッター分、仕込みの流れとは!

プロローグ 今朝はコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎でした。 仕込み焙煎=コーヒー豆を工場で加

記事を読む

僕はどうしてコーヒー焙煎屋を選んだのか

先日、娘に「お父ちゃんはなんでコーヒー屋さんになったの?」と聞かれました。 もうそんな質問をしてく

記事を読む

出版する僕のコーヒー本 校正が上がってきました!

このところいろんな良いことがあって、運がいいなぁって思っている僕です。 これも皆さんのおかげです、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

味わいつくりは煙突の先まで

連日、焙煎機のメンテナンスが続いております。   今までは一

香りの大切に 島珈琲は禁煙です

実はですね、僕は昔スモーカーでした。 岡町本店を開業した当時、たばこを

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑