*

新しいエチオピアモカ イルガチェフにチェンジしました

公開日: : coffee ,

娘は夏休みを終え、昨日から小学校へ。
12時過ぎに「とうちゃーん ただいまー!」と元気な声。

 

今どきは始業式とかなくて、いきなり授業が始まるんですね。
12時まで何してねんやろ、と娘の時間割を見ると国語とか算数とか、書いてありました。

 

土曜日が休みになってるから、そうなっているんやなぁって。
僕がまだ小学校の頃は、土曜日は半日授業。
公務員の父も土曜日は半日出勤。

 

土曜日は家族で、吉本新喜劇をテレビでよく見ていました。

 

時代が変われば、いろいろ変わって行くものですね。
さて今回は、新しいエチオピアモカの銘柄に切り替わりましたよ、というお話です。

 

 

上品な味わい

 

エチオピアモカは、イルガチェフ村のコーヒー豆をいつも使用しております。
独特のフレーバーを持つこの村のコーヒー。

 

ナチュラルとウォシュと2つの精製法があり、同じ豆でも精製が違えば、味わいもガラッと変わるのですが、僕はウォシュを選んでいます。

 

ナチュラルの味わいが個性的でワイルドなら、ウォシュは奇麗で上品、という感じでしょうか。
僕の好みはウォシュなので、そちらをチョイスしております。

 

今回は「イルガチェフ アジャレ」という銘柄をチョイスしました。

以前は、イルガチェフ アリチャという銘柄でしたが、今年は味わいの評価を商社さんから聞き、こちちらをチョイス。

 

ご安心ください、島珈琲で年間使用する分をキープしてもらってます。

 

味わいの特徴は?

 

エチオピアモカの中でも、とても個性的な味わいを持つイルガチェフ。
その個性的な味わい、ちょっとソムリエな感じで表現すると、カシスとオレンジなどの柑橘系の味わいがあります。

 

そしてこのアジャレは、コクがあってとろみがあるという感じですね。
しっかりしている感じがします。

 

僕の経験から、エチオピアモカは時間が経つにつれて、グッと味わいの力が出てくる豆だという考えを持っています。
新豆と呼ばれる頃よりも、3ヶ月、半年くらい経った時に個性的な味わいが、突出することがあるのですね。

 

今の段階でも、かなり味わいの個性がはっきりでているので、時間が経ったときの変化する味わいも楽しみです。

 

ということで、個性的なエチオピアモカ、切り替わりました。
まずは深焙煎からスタートしてます。
よろしければ、通販はこちらからどうぞ。

 

https://www.shima-coffee.com/drs-0005/

 

秋に向かって、美味しいコーヒー豆たちが続々と入荷してきますよ!
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

容量の分からないカップに、適量のコーヒーの粉を知る方法

昨日は高槻店終了後、10月1日に高槻芥川町にオープンする、セレクトショップ&カフェ テマヒマ

記事を読む

焙煎機 焙煎人

コーヒー屋をやっているのは コーヒーの焙煎が楽しいから他ならない 仕事であり 楽しみであり 喜びであ

記事を読む

コーヒーの味わいのチェックはどうしているの?

今日、舞鶴のお客さんにお電話をかけ通販のご注文の確認をしたあと、電話の先からこう言われました。

記事を読む

コーヒーと相性の良くないモンはなんだろ?

娘からすると、ひいおばあちゃんが2日前に旅立たれました、92歳でした。   以

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり得意ではないから、かなぁ。

記事を読む

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と言って、中に進んでこられます。

記事を読む

「美味しい」と感じるメカニズムを考える

「美味しい」を作る側の人間ですので、「美味しい」を感じる力を鍛え続けることが大事です。 &nb

記事を読む

店頭で一番聞かれるコーヒーのこと

日曜日は岡町本店の営業日でした。 初めてのお客さんは、なぜ日曜日だけなのかが不思議なようですね。 &

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

スタッフ同士のありがとうのやりとりは、お客さんの心を温める

昨日は2回目のワクチン接種からの1日目で、接種した側の左腕が痛かったの

言葉は相手に伝えるためにある

昨日は2回目のワクチン接種、14時半に予約している集団接種会場へ14時

→もっと見る

PAGE TOP ↑