*

中煎りの魅力 深煎りの魅力

公開日: : coffee ,

本日は僕自身の定休日。
朝、娘が学校へ行くのをお見送りし、その後パソコンに向かい、このブログを書いています。

 

今日は本当は、ヤマハのバイクショップYSP門真さんへ行き、僕のバイクの1年点検をしてもらう予定でしたが、あいにくの雨の為、予約を延期してもらいました。

 

いや、別にね、近くのバイク屋さんででも点検ができないわけではないのです。
高槻からですと、バイクで30分ほどかけて、YSP門真さん(場所は守口)へ行くわけですが、やっぱりね信頼しているショップで見てもらいたいですからね。
ちゃんと見てもらえるという、安心感をも買っているのですね。

 

実はお商売のヒントってこういうところにあるんじゃないかなぁ、なんて思ったりしています。

 

ただ、今日を逃すと、次に行けそうなのが9月で・・・。
娘が夏休みに入るので、休みの時は娘の為に、となると夏休み明けまで、となります。笑

 

それでも、僕はYSP門真さんで、点検をしてもらいたいのです。

 

ということで、本題へ。

 

 

中煎りの魅力

 

中煎り=中焙煎とは焙煎度合いの真ん中あたりの豆をそう呼びます。

 

焙煎度合いとは、プロは焙煎を焼くとも言い換えるのですが、中焙煎とはやや焼き、深焙煎とは、よく焼き、みたいな感じです。
焙煎度合いが進むことにより、酸味が苦みと変わっていきます。

 

中煎りの魅力は何と言っても甘みと酸味。
良いコーヒーはそれこそ、果物のような素晴らしい酸味があります。

 

コーヒーの酸味と言うと、酸っぱい嫌な酸味を思い出す方もおられると思うのですが、それは焙煎してから時間が経った劣化から生じた酸味、であることが多いです。

 

本来持つ中煎りのコーヒー酸味は、先ほども書いたように果物のような甘みを伴う酸味です。
口の中に残る甘みは、中煎りの方が僕は上だと感じています。
飴をなめ終えたあとに残る、甘い余韻と同じような感じですね。

 

一方 深煎りの魅力とは

 

深煎り=深焙煎の魅力は、やっぱり苦みとコク。
焙煎が進むとコーヒー豆の色は、茶色からこげ茶、更に黒色がかかっていきます。

 

色が濃くなる従い、味わいにおける苦みの支配が高くなります。
コクの強弱は、コーヒー豆のそのもの潜在能力となりますので、個々により違うのですが、全般的にはコクも深くなっていきます。

 

一般的なコーヒーらしい味わいは、深煎りかと思います。
ミルクや砂糖を加えるなら、僕は深煎りもしくは中深煎りの方が、副材料にコーヒーが負けず、コーヒーらしさが残るので、ミルクなどを入れて飲まれる方には深煎りをおススメしています。

 

甘みと酸味を取るなら中煎りを、苦みとコクを取るなら深煎りを。
お好みを知るのに参考になればと思い書きました。

 

僕は、そうですね、若い頃は深煎りが好きで濃いコーヒーを好んでいましたが、最近は、どっちも好きですが、飲む比率は中煎りの方が少し多いかなぁって感じになっています。

 

爽やかな酸味、深みのあるコク、どちらもコーヒーの魅力。

 

そう言われると、迷っちゃいますね。笑
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

あの芸能人へ会うために東京へ行ってきます!10月18日は高槻店臨時休業します!

タイトルなが~!(笑)   さて来る10月18日水曜日は、近く発送される、あの

記事を読む

コーヒー器具は個人のコーヒー専門店で買う方が良いのでしょうか

先日、家族で晩ご飯を食べながら、娘に大きくなったらどんなお仕事をしたいの?と聞くと、娘は「お父ちゃん

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

コーヒー豆の保存方法と真空パックのお話

最近、ほんとうに多くの方が遠方から、岡町本店や高槻店へコーヒー豆を買いに来てくださります。 &

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

カフェで使える全自動コーヒーマシンを見てきました

昨日は月曜日ですので僕自身の定休日。 お休みの時間を利用して、なんと新潟からお客さんをお迎えし、ア

記事を読む

中煎りと深煎りのコーヒーの粉の膨らみ方の違いはなんでなん?

次のお休みは、高槻店の雨漏り補修工事前の確認作業。 高槻店の雨樋や、地震が原因で倉庫の屋根とビルの間

記事を読む

ひとりワイン勉強会

昨日の朝はまだ涼しいなぁと思ったのでしたが、今朝は昨日よりは暑く感じる朝でした。 焙煎している時の汗

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑