*

中煎りの魅力 深煎りの魅力

公開日: : coffee ,

本日は僕自身の定休日。
朝、娘が学校へ行くのをお見送りし、その後パソコンに向かい、このブログを書いています。

 

今日は本当は、ヤマハのバイクショップYSP門真さんへ行き、僕のバイクの1年点検をしてもらう予定でしたが、あいにくの雨の為、予約を延期してもらいました。

 

いや、別にね、近くのバイク屋さんででも点検ができないわけではないのです。
高槻からですと、バイクで30分ほどかけて、YSP門真さん(場所は守口)へ行くわけですが、やっぱりね信頼しているショップで見てもらいたいですからね。
ちゃんと見てもらえるという、安心感をも買っているのですね。

 

実はお商売のヒントってこういうところにあるんじゃないかなぁ、なんて思ったりしています。

 

ただ、今日を逃すと、次に行けそうなのが9月で・・・。
娘が夏休みに入るので、休みの時は娘の為に、となると夏休み明けまで、となります。笑

 

それでも、僕はYSP門真さんで、点検をしてもらいたいのです。

 

ということで、本題へ。

 

 

中煎りの魅力

 

中煎り=中焙煎とは焙煎度合いの真ん中あたりの豆をそう呼びます。

 

焙煎度合いとは、プロは焙煎を焼くとも言い換えるのですが、中焙煎とはやや焼き、深焙煎とは、よく焼き、みたいな感じです。
焙煎度合いが進むことにより、酸味が苦みと変わっていきます。

 

中煎りの魅力は何と言っても甘みと酸味。
良いコーヒーはそれこそ、果物のような素晴らしい酸味があります。

 

コーヒーの酸味と言うと、酸っぱい嫌な酸味を思い出す方もおられると思うのですが、それは焙煎してから時間が経った劣化から生じた酸味、であることが多いです。

 

本来持つ中煎りのコーヒー酸味は、先ほども書いたように果物のような甘みを伴う酸味です。
口の中に残る甘みは、中煎りの方が僕は上だと感じています。
飴をなめ終えたあとに残る、甘い余韻と同じような感じですね。

 

一方 深煎りの魅力とは

 

深煎り=深焙煎の魅力は、やっぱり苦みとコク。
焙煎が進むとコーヒー豆の色は、茶色からこげ茶、更に黒色がかかっていきます。

 

色が濃くなる従い、味わいにおける苦みの支配が高くなります。
コクの強弱は、コーヒー豆のそのもの潜在能力となりますので、個々により違うのですが、全般的にはコクも深くなっていきます。

 

一般的なコーヒーらしい味わいは、深煎りかと思います。
ミルクや砂糖を加えるなら、僕は深煎りもしくは中深煎りの方が、副材料にコーヒーが負けず、コーヒーらしさが残るので、ミルクなどを入れて飲まれる方には深煎りをおススメしています。

 

甘みと酸味を取るなら中煎りを、苦みとコクを取るなら深煎りを。
お好みを知るのに参考になればと思い書きました。

 

僕は、そうですね、若い頃は深煎りが好きで濃いコーヒーを好んでいましたが、最近は、どっちも好きですが、飲む比率は中煎りの方が少し多いかなぁって感じになっています。

 

爽やかな酸味、深みのあるコク、どちらもコーヒーの魅力。

 

そう言われると、迷っちゃいますね。笑
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ソロかバンドか  ストレートかブレンドか

最近 コーヒー生豆 焙煎する前のコーヒー豆ですね こちらを販売していますか? とお問い合わせが多くな

記事を読む

こんな事でもコーヒーの味わいが変わるんです!コーヒーの精製について

プロローグ コーヒー豆はコーヒーチェリーというサクランボのようなコーヒーの実からタネを取り出し、そ

記事を読む

コーヒーの美味しい順番は?

プロローグ コーヒーの淹れ方は難しいと言われ、美味しいコーヒーの淹れ方がクローズアップされています

記事を読む

使い終わった麻袋はどうしているのか

昨日はお休みで、完全オフ日にしました。 カミさんとニトリとコーナンに買い物へ行き、ジョリパでランチデ

記事を読む

おうちで美味しいコーヒー飲むのにかかせないこと

次の月曜日は、高槻芥川町にあるテマヒマさんで、コーヒー講座を開催します。 定員は12名様で、現在はい

記事を読む

同じブラジルでもお店によって味わいが違うのはなぜでしょう

プロローグ コーヒーの味わいってわかりにくいですよね。 どうしてわかりにくいのか。 &nb

記事を読む

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

SNSのおかげで通販は昨年より270%の成績になりました

SNSのおかげ、エクスマのおかげ、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のおかげ、なんです。 エクスペ

記事を読む

G.W前だ!春のドリップバッグコーヒー祭り

さて今回は、島珈琲が製作にご協力させてもらいました、ドリップバッグをご紹介したいと思います。 &n

記事を読む

教えて!ドリップのお湯の温度は何℃がいいのでしょうか?

プロローグ 自転車で風を切って走っていると、春から初夏に移り変わっていきそうな新緑の薫りが所々で感

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
気分よく帰ってもらえばいい

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て焙煎そして営業してお

ブレンド花 ~味わいの構成~

高槻店での焙煎はいつも早朝に行っています。 朝、お店に来るとまず焙煎機

次のお休みには今年最後になるであろう、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です

さて今日は金曜日。 金曜日は僕が楽しみにしているYouTubeの配信が

何回もしつこいですが・・このコーヒーメーカーは非常にいい

通りを見ていると、男性も日傘を利用されている方が増えたように思います。

7月、8月の島珈琲は通常営業です!

昨日、今日は発送が沢山でした。 おかげ様です、感謝です。  

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑