*

2月恒例!コーヒーシロップ無糖の仕込みがはじまるよ!

コーヒーシロップとは。
コーヒーシロップ1に対し4倍くらいの牛乳でわると美味しいミルクコーヒーができる、濃縮コーヒーのボトルです。

 

島珈琲には2タイプあって、加糖と無糖。
加糖は通年販売していますが、無糖は毎年2月中旬くらいから発売し10月くらいまでの期間限定での販売。

 

今日はこの無糖の仕込み焙煎をおこないました。

 

仕込み焙煎とは。
コーヒーシロップを作るのに1ロットが252本の製造、180リッターのコーヒー濃縮液を必要とします。
180リッターを一石(いっこく)っていうんです、一升とかの単位ですね。

 

これは業者間でのやり取りの言葉なんでどーでもいいことですが、180リッターのコーヒー濃縮液を700mlのビンに詰めてもらいます。
そうすると252本が出来上がるわけです。

 

さて、質問です180リッター252本のコーヒーシロップを作るのにコーヒー豆は何キロ必要だと思いますか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

焙煎豆は38キロ必要になります

それではこちらのツイッターをどうぞ。

 

 


 


アイスコーヒーに使うくらいのきわめて深い焙煎のコーヒー豆をコーヒーシロップには使用します。
一回4キロのコーヒー豆を投入し、焙煎でだいたい20%の水分が消失しますので、出来上がりのコーヒー豆が3.2キロになります。

 

1回15分くらいの焙煎と3~5分の冷却で1クールが20分。
これを12回しますので、大方4時間を焙煎に費やします。

 

プラス本日分の焙煎がありますので、60キロくらいのコーヒー豆を5時間半くらいかけて焙煎しております。

今日は6時半からスタートして12時くらいに終了しました。

 

焙煎が終わると

1週間寝かすのですね、このコーヒー豆を。
コーヒーの抽出とビン詰めは工場にしてもらうのですが、工場でのコーヒー抽出は水蒸気の力を使って、コーヒーの粉に力をかけて抽出するのですね。

 

簡単に言うと、ぎゅうっと「ところてん」みたいに押しだすのです。
コーヒーは鮮度が良いとガスを沢山持っているのですが、焙煎したてだとそのガスが反発して抽出がスムーズに行かない、と思っています。(実際に見たわけではなく、工場の方の話を聞いてそう想像しているのですね)

 

ですので、1週間寝かすとガスも落ち着き、抽出もスムーズになるだろうと信じているわけです。
それが寝かす理由です、かっちょよく言えばエイジングです。

 

そして1週間後に工場に発送して、ビンに詰められて戻ってくるそんな行程になります。

 

ただビンだけを見るとコーヒーシロップが入ったビンですが、こうした行程を知ると「沢山乗り越えてきたんだね」と飲むのも楽しく、そして愛おしくなりませんか。(笑)

 

そんなこんなで、来週に工場に発送してコーヒーシロップ無糖今年の販売は2月17日からになります、チェケラッチョ!

 

島珈琲で大人気のアイツは2月17日に帰ってくる、今回はそんなお話でした。

 

明日はお休みですので、娘と遊んでもらいますね。
それでは、また。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

なぜ島珈琲はコーヒー教室をしないのか

本日、5月20日はお休みですが、8時からカフェBeにあるエスプレッソマシンの点検をしてもらう為、朝早

記事を読む

夏のコーヒー豆・粉保存方法

プロローグ お客さまからのご質問で一番多いのが、コーヒー豆・粉の保存方法。保存方法においては定期的

記事を読む

そのパック 真空パックじゃないんです

明日、3月10日日曜日、高槻店のお隣のお店 イタリアワイン専門店エノテカ イデンティタ さんがオープ

記事を読む

普通のコーヒーがレベルアップしている現状に思うこと

18日の朝に高槻で地震がありました。   その日は定休日、19日20日と以前か

記事を読む

コーヒー豆はぱくぱく食べられるのか?

プロローグ 今日は岡町本店からこんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 岡町本店はコーヒー

記事を読む

焙煎したてのコーヒーをドリップするとどうなるか?

プロローグ 昨日の月曜日はお休みを頂きまして、娘と公園で遊んだりし家族でゆっくりと時間を過ごしまし

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかしたら若い人に通じなくなっている

記事を読む

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。   いつも日々のパタ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のホウシン

日本語って面白いなぁって思います。 ブログのタイトルを考えていて、やっ

なぜ島珈琲はコーヒー教室をしないのか

本日、5月20日はお休みですが、8時からカフェBeにあるエスプレッソマ

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒー

日持ちがするコーヒー豆ってなんだ?

落ち着いた日々、というのを望むのですが、自営業というかどんな仕事でも一

コーヒーは水でも変わる

さて、今週から高槻店の喫茶コーナーは、6席から現在4席に変更になりまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑