*

コーヒーの香りを決めるモノ

実は僕、昔は煙草を吸っていたのです。
島珈琲を開店した当初、ですから2002年までは吸っていました。

 

今はなきCABIN MILD。
開店当初、コーヒー豆が売れなくて、たばこを買うのにも窮する、くらいまぁひどいもんでして、やめてみたのです。

 

もともと嗅覚が強い方ではなかった僕でしたが、たばこをやめてみることで、コーヒーの香りが今まで以上にわかったのですね。
それで、強い決意を思って禁煙し、成功しました。

 

それ以来は吸っておりません。
コーヒーのこと、僕は全然わかってなかったなぁって思い、それが僕の禁煙の原動力となり、いろんな誘惑に負けずに成功することができました。

 

さて、コーヒーの香り。
コーヒーの豆を粉にした時など、コーヒーにはいろんなシーンで香りがついてきますが、今回はカップから立ち上がる香りにフィーチャーし、書いていくことにします。

 

 

一つはコーヒー生豆のポテンシャル

 

コーヒーの香りを決める一つの要素として、コーヒー生豆、つまりコーヒーを焙煎する前の豆ですね。
これのポテンシャル。

 

世界のいたるところでコーヒー豆は生産されていますが、その気候風土や、土地性、など美味しいコーヒーが出来る条件が揃う国や地方では、やっぱり美味しいコーヒーを産出します。

 

育った環境、それからコーヒー品種など、香りの強いコーヒー豆はまず生産国、それと生産する人により決まってきます。

 

お米でもいろんな土地によって、味わいや香りが違うように、コーヒーもまたしかりです。
良い香りのコーヒー豆を選ぶ、のは素材を選ぶ人の目利きになりますね。

 

もうひとつは焙煎の火力

 

コーヒー生豆は、焙煎機で焙煎されます。
もちろんフライパンや手網でも焙煎できますが、商業でする場合、ちょっと無理がありますので、大抵はフルオートやセミオートの焙煎機で焙煎されます。

 

焙煎機の仕様もありますが、その焙煎機の火力、これが強いと香りの出方は強いです。
中華料理でもそうですが、その厨房は家庭のガスコンロではなく、火力の強いバーナーで鍋を振っているのです。

 

だから家庭では出来ない、中に火がちゃんと入っていて、素材がシャキッとしている、そういう調理ができるのですが、焙煎も似たようなところがあります。

 

火力が強い、つまり焙煎機の火力のパワーですね、と香りが強いコーヒー豆ができます。
ただし、やみくもに強いだけがいいわけではありません。
強すぎると火が入りすぎて、とげとげした味わいになります。

 

とげとげした味わいにならずに、そして香りを引き出す火力。
全体のバランスを見ながら、その火力を決定します。

 

高槻店の焙煎機は、いわゆるノーマル2.2倍の火力を持ちます。
だから香りがいいのですね、って手前味噌やんか!

 

とげとげした味わいにせず、優しい味わい、かつ、香りを持たせて。
島珈琲の香り高いコーヒーで引き続き、連休をお楽しみくださいね。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

挽き方で味が変わるの?粗挽き・中挽き・細挽き 正解はどれ?

プロローグ お店でコーヒー豆を購入し、お店で粉に挽いて貰う方はお店の方にお任せになりますが、おうち

記事を読む

愛もないところには、良識もまた育たたない

さて今日は休日です。 本日は実家に遊びに来ています。   娘とカミさんはおばあちゃんと買い

記事を読む

どうして日曜日だけの営業なの?

現在ではそんなに珍しくなくなった週○○日だけの営業。 島珈琲岡町本店が日曜日だけの営業になったのは

記事を読む

コーヒー豆の焦げってなんだ

さて今回は、コーヒー豆の焦げについてのお話です。 コーヒー豆って焦げるのか!と思われたかと思います。

記事を読む

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前、いやもっと前、10年位前にな

記事を読む

美味へのあくなき追求

先日、PayPayという、ヤフーとソフトバンクの合弁会社が運営する、スマホ決済、QRコード決済ができ

記事を読む

小さいお商売を営むものその姿勢

去年の秋ごろから糸井重里さんが毎日書くコラム「今日のダーリン」を読み、それを毎日音読しています。

記事を読む

実は中華料理のコックを目指していた

高校を卒業して就職した会社は、中国料理店。 コック見習いとして勤務し始めました。   お客

記事を読む

20年選手の僕だって焙煎に失敗することがある

昨日は東京からPansonicの荒川さんが御来店。    

記事を読む

家庭用ミルの掃除の仕方~ナイスカットミル・みるっこ編~

プロローグ 家庭用ミルの中で、結構お持ちの方が多いのではないかと思われるカリタ「ナイスカットミル」

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
美味しいテイクアウトコーヒー強化宣言!

前々から言っていたのですが、ついに実現できそうなところまで来ました。

コーヒーのプロの僕がコーヒーを淹れる器具で、一番だと思うもの

一時の事を思うと、随分とコーヒーの抽出器具も多くなったと感じております

コーヒー教室は開催しません、が、

昨日、お客さんとお話していて、コーヒー教室とかは開催されないのですか?

ドリップの方法、人によって言うことが違うのはなぜ?

昨日はお休み。 実家に行き、母と家族で父のいる施設へ。  

星野伸之さんのスタイルの様に

野球選手の中で誰のようなスタイルで生きて行きたいか、という問いがもしあ

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑