*

大手コーヒーメーカーと島珈琲はいったい何が違うのか

公開日: : coffee

今、この問題と向き合っています。

 

問題というと、質問に対する答えという問題と、ピンチの時の目の前の壁みたいな問題と、2つあると思うけど、僕が今、言いたいのは前者の方なのです。

 

この今回のブログタイトルにある、その問題の答えをどう答えるか。

 

答えはいっぱいあるんだけど、何かこう、的を射てないようなものが頭の中にいくつも浮かぶわけです。

 

どれにしようか、どう表現しようか、書きながらまだ模索しているところです。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

作りたてを提供できる

 

島珈琲のコーヒー豆の原料の仕入れ、それから焙煎、そして味作り、それとブレンド、僕が一貫して全て行っています。

 

コーヒー豆の仕入れは、味わいと販売価格と照らし合わせながら、高い品質のコーヒー生豆をチョイスしています。

 

その仕入れたコーヒー生豆をよく吟味し、焙煎を考えます。
焙煎とは、料理みたいなもので、どう調理するのか、下味をつけたり、煮込んだりするわけではないけども、コーヒー生豆の香りをかぎ、状態を見て、確認して、どう焙煎するのがベストか、を考えます

 

つまり全て僕の目が届いている、ということになります。
コーヒー大好き人間、島が選んだ皆さんに飲んでもらいたい、香りを楽しんでもらいたい、香りで癒されてもらいたい、と思うコーヒー豆を焙煎しているということです。

 

そして愛情の入りかたがハンパではない、というところですね。

 

思いをこうして伝えていることも、違いなのかな

 

技術的なこと、美味しさが違うってのもありますが、そうなんだけど、もちろん美味しさには自信をもっていますよ。
他と違うと自信はもってます、だけど僕がなんかここで伝えたいのはそれじゃないんだなぁ、と思ってたら、見えた!

 

こうして、伝えていること、が大きな違いじゃないでしょうか。

 

どんな思いを持ってコーヒー豆をお届けしたいのか。
どんな人が、どんな思いで、どんなことを考えて、そしてお客さんに何を届けたいのか、どんな体験をしてもらいたいのか、ということを作った本人がこうして、ブログやSNSで届けている。

 

ここまでしてるコーヒー屋さんは、そう多くはないはず。

 

なので、島珈琲の他の大手を含むコーヒー屋さんとの違いは、コーヒーを作る人間が放つ、生の情報の発信量の多さだと思います。

 

そうか、そうだな。

と、書きながら自分を見つめ直した次第です。笑

 

だから、そうだ、発信する質や量をもっと考えていこう。
お客さんに喜んでもらえる情報発信を更に考えよう、そう思う島であった。

 

よい問題を頂きました、感謝。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

エスプレッソ

エスプレッソマシンを使い出して 4年くらいになりますが やっとなんとなくわかってきました ドリップで

記事を読む

コーヒーギフトを作るのに心がけている1つのこと

プロローグ 最近、ほんとにありがたいことにギフトのご注文が増えてきました。内祝、御中元、御歳暮、父

記事を読む

焙煎機をメンテナンスをすると、コーヒーの味わいがどう変わるの?

昨日、一昨日と高槻店業務終了後、焙煎機のメンテナンスをしました。 1日は焙煎機をバラし、内側につい

記事を読む

いつも同じですか?

有名なコラムを書いている人が、コラムを読んでもらうために、面白くするために、こうすると良いということ

記事を読む

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて思っている僕です。 &n

記事を読む

厚手のカップ 薄手のカップ どっちがいいの?

プロローグ 寒いのが苦手の僕です こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 三寒四温の時季が近づ

記事を読む

薫るアイスコーヒーを作ろう!

プロローグ アイスコーヒーが薫るというと、「ん?」ってなりますよね。 コーヒーの香りはどちらかと

記事を読む

100g から販売してくれるって親切ですよね

ブログを書くとき、ネタはお客さんとの会話からヒントをもらうことが多い僕です。  

記事を読む

カッターマン!

  気がつけば自分が保持するコーヒーカッター  (グラインダーとも言うし ミルともいいます

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
限定ドリンク出来ました!今季はアイスオレンジティー

今回はカフェBeのことについて。 高槻店にこのメニューはありませんから

なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

→もっと見る

PAGE TOP ↑