*

良い香りをコーヒー豆から引き出すために

公開日: : 焙煎アーティスト

島珈琲高槻店には、特注の焙煎機があります。
コーヒー焙煎とは、コーヒー生豆に熱をあて、化学変化を起こしあの香りと味わいを作ることです。

 

そのコーヒー焙煎で、コーヒーの旨味であり、香りでありをどう引き出すか。
人の長所を引き出すのと一緒で、持っている特性を焙煎によって引き出すのですね。

 

何でもそうですが、ソフトとハードが必要なわけで、ここでいうソフトとは僕の持っている経験とか、経験から養ってきた直感とか、そういうもの。

 

ハードはそれを引き出すマシン、焙煎機ですね。

 

今回はそのハードである、焙煎機のお話。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

特注の焙煎機は香りをよく引き出す

 

コーヒーの焙煎とは、言わば料理と同じです。
お肉を焼くときに、フライパンを使うか、網焼きにするか、熱はガスか電気か、どんなお肉を使うか、どんな焼き方をするのか、いろんな条件やコトで味わいは変わってきますよね

 

コーヒー焙煎も、コーヒー生豆を焙煎する、焙煎機がどんなものかによって随分と変わってきます。

 

島珈琲高槻店の焙煎機は、熱源であるガスの最大カロリーがノーマルタイプの2.2倍あります。
パワーが2.2倍ということですね、なので非常にコントロールが繊細になります。

 

そしてですね、特別なのは焙煎機の釜、シリンダーとも呼ばれますが、このシリンダーがステンレス製なのです。
一般的にはシリンダーは、鋳鉄が使用されるのですね。

 

ですが、ステンレス製を採用。

 

それはなぜか、というと、鉄は蓄熱しますよね。
フライパンでお肉を焼く場合、ガスの炎の熱でフライパンを熱して、その伝導熱でお肉を焼いていくわけです。

 

ステンレスはその蓄熱が少なく、伝導熱による焙煎の進行が鉄に比べ少ないのです。
ではステンレスの場合、何で焙煎を進行していくのかというと、熱風つまり対流熱です。

 

この熱風で均一に火を通していくことで、コーヒー豆の持っている素晴らしい味わいと香りを引き出しやすくなる、というふうに僕は考えています。

 

なので、島珈琲のコーヒーは美味しいのです!

 

伝わったでしょうか?

 

いやね、たぶん、コーヒーマニアの方か、コーヒーの焙煎を専門職にしている人じゃないと、言っている意味がさっぱりだと思います。

 

つまりです。
こんなことを伝えても、商品は売れないです。

買う動機にはならないのです。

 

だって僕の商品を買ってくださる人の中心は、プロやセミプロじゃないんだから。
僕のコーヒーを購入して頂くのは、普通に家でコーヒーを愉しむ人、なのです。

 

なんか、すんごいマシンがあるんだなぁくらいは伝わっているとは思いますが、お客さんにとって僕の焙煎機のシリンダーがステンレスであろうが、何であろうが、そこはそんなに詳しくは知らなくていいところ、なんですよね。

 

売れてない時は、こんなスペックばかりを自慢してたんですよ、アホやなぁ。笑

 

ほんとに、ね。
伝えるべきことは、お客さんが僕の焙煎したコーヒーを飲んで、どんな気持ちになるか、どんな体験を手に入れることができるか、そしてどんなしあわせな気分を味わえられるか、なんですよね。

 

とにかくです、香りの良いコーヒーで、僕は皆さんの生活に少しでも潤いの時間があればいいなぁと思って、美味しいと思ってもらえるコーヒーを、一所懸命考えて、そして焙煎しております。

 

というお話でした。笑

 

それでは、今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー生豆をお米のように水で研いで焙煎するとどんな味?

以前、タモリの番組でお米は洗うと言うのではなく、研ぐと言うのは洗うのではなく、お米どうしをこすり、そ

記事を読む

それはお客様の笑顔が見たいから。なぜ僕がSNSやブログに夢中になるのか。

プロローグ 僕は月曜日を定休日にして、ブログは1日1記事を。 フェイスブックは、1日にブログのリ

記事を読む

実はスキがあった 僕がスキだらけだから 焙煎機にスキが見つかった

プロローグ 人は完璧よりもスキがあったほうが取っつきやすい 確かに僕もそう思いますし 自分を客観的

記事を読む

外資系コーヒーチェーンが日本のコーヒーの歴史に刻んだこと

職業柄としてどうしても、家族などでお店に行くと店内を見渡してしまいます。 スタッフの動線がどうなっ

記事を読む

コーヒー豆の鮮度って何なのか?

プロローグ 来年にコーヒー本を出版するため、原稿を毎日コツコツ書いています。 そんな中でコーヒー

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

お店のBGMを考える BGMの目的は?

昨日はお休みで、午後からは実家に遊びに行きました。 娘はおじいちゃん、おばあちゃんが大好き。

記事を読む

僕はこんな事を考えて、お店に立つ

プロローグ 僕は職人にもなりたかったし、商売人にもなりたかった。 接客しているのが好きだけど、モ

記事を読む

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
限定ドリンク出来ました!今季はアイスオレンジティー

今回はカフェBeのことについて。 高槻店にこのメニューはありませんから

なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

→もっと見る

PAGE TOP ↑