*

良い香りをコーヒー豆から引き出すために

公開日: : 焙煎アーティスト

島珈琲高槻店には、特注の焙煎機があります。
コーヒー焙煎とは、コーヒー生豆に熱をあて、化学変化を起こしあの香りと味わいを作ることです。

 

そのコーヒー焙煎で、コーヒーの旨味であり、香りでありをどう引き出すか。
人の長所を引き出すのと一緒で、持っている特性を焙煎によって引き出すのですね。

 

何でもそうですが、ソフトとハードが必要なわけで、ここでいうソフトとは僕の持っている経験とか、経験から養ってきた直感とか、そういうもの。

 

ハードはそれを引き出すマシン、焙煎機ですね。

 

今回はそのハードである、焙煎機のお話。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

特注の焙煎機は香りをよく引き出す

 

コーヒーの焙煎とは、言わば料理と同じです。
お肉を焼くときに、フライパンを使うか、網焼きにするか、熱はガスか電気か、どんなお肉を使うか、どんな焼き方をするのか、いろんな条件やコトで味わいは変わってきますよね

 

コーヒー焙煎も、コーヒー生豆を焙煎する、焙煎機がどんなものかによって随分と変わってきます。

 

島珈琲高槻店の焙煎機は、熱源であるガスの最大カロリーがノーマルタイプの2.2倍あります。
パワーが2.2倍ということですね、なので非常にコントロールが繊細になります。

 

そしてですね、特別なのは焙煎機の釜、シリンダーとも呼ばれますが、このシリンダーがステンレス製なのです。
一般的にはシリンダーは、鋳鉄が使用されるのですね。

 

ですが、ステンレス製を採用。

 

それはなぜか、というと、鉄は蓄熱しますよね。
フライパンでお肉を焼く場合、ガスの炎の熱でフライパンを熱して、その伝導熱でお肉を焼いていくわけです。

 

ステンレスはその蓄熱が少なく、伝導熱による焙煎の進行が鉄に比べ少ないのです。
ではステンレスの場合、何で焙煎を進行していくのかというと、熱風つまり対流熱です。

 

この熱風で均一に火を通していくことで、コーヒー豆の持っている素晴らしい味わいと香りを引き出しやすくなる、というふうに僕は考えています。

 

なので、島珈琲のコーヒーは美味しいのです!

 

伝わったでしょうか?

 

いやね、たぶん、コーヒーマニアの方か、コーヒーの焙煎を専門職にしている人じゃないと、言っている意味がさっぱりだと思います。

 

つまりです。
こんなことを伝えても、商品は売れないです。

買う動機にはならないのです。

 

だって僕の商品を買ってくださる人の中心は、プロやセミプロじゃないんだから。
僕のコーヒーを購入して頂くのは、普通に家でコーヒーを愉しむ人、なのです。

 

なんか、すんごいマシンがあるんだなぁくらいは伝わっているとは思いますが、お客さんにとって僕の焙煎機のシリンダーがステンレスであろうが、何であろうが、そこはそんなに詳しくは知らなくていいところ、なんですよね。

 

売れてない時は、こんなスペックばかりを自慢してたんですよ、アホやなぁ。笑

 

ほんとに、ね。
伝えるべきことは、お客さんが僕の焙煎したコーヒーを飲んで、どんな気持ちになるか、どんな体験を手に入れることができるか、そしてどんなしあわせな気分を味わえられるか、なんですよね。

 

とにかくです、香りの良いコーヒーで、僕は皆さんの生活に少しでも潤いの時間があればいいなぁと思って、美味しいと思ってもらえるコーヒーを、一所懸命考えて、そして焙煎しております。

 

というお話でした。笑

 

それでは、今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

焙煎アーティストレター

月刊 焙煎アーティストレターを発刊しました! 手書きで毎月毎月いろんなネタを駆使して  皆様の脳の保

記事を読む

モノも人も大事な事は「聞く」こと

プロローグ 最近、ツイッターをめちゃめちゃ楽しんでいます。 文字数が140字と決まってい

記事を読む

今日から新しいブログに移転します!

今朝は5時に起き 自転車で高槻店に向かっていましたが 朝の風は冷たく 半袖半パンが寒く感じるほどで

記事を読む

コーヒー豆の脂ってナニ?というお話

長くブログを続けていると、ブログのタイトルを見つければその日のブログはもう書いたも同然、な感じになる

記事を読む

お客様からの質問シリーズ コーヒーメーカーとドリップコーヒーはどちらが美味しくできるのか?

「ヤンキースの黒田投手 古巣広島カープに復帰」というニュースを見て 黒田さんはめっちゃ男前だ と心熱

記事を読む

コーヒーが好きなあなたへ 僕がブログを書きたい理由

日曜日は、日曜日だけが営業の岡町本店へ。 ここに来ると、開業して駆け出しの時のことをよく思い出しま

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

ビジネスに愛は必要か

ブログを始めようと思ったきっかけは、コラムを読むことが好きだったから。   コ

記事を読む

no image

プロ焙煎士から焙煎アーティストへ脱皮!

そうです 今まではプロ焙煎士 島 規之 と申していましたしかし AMMの岡田先生に15時間くらいのヒ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑