*

コーヒー豆を粉にした時の表面積のお話 ~だから粉の保存は冷凍庫~

公開日: : coffee

先日、お客さんにコーヒー豆は1粒で何グラムですか?と聞かれ、頭の中の記憶の引き出しから、ダダッと探していって、確か6粒で1グラムだったはず、と思い出す。

 

それをお客さんにお伝えしたのですが、その資料がどこだったかなと探していると、ありました。
開店当初か、それ以前にいろんな本から大事なところを抜粋して書き写し、ノートにしていたんです。

 

これね。

 

 

 

そうそうあったあった、どの本からコピーしてノートに貼り付けたかは、忘れてしまいましたが、これを見ていると非常に興味深いなぁなんて、改めてじっくり見ていた次第です。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

中挽きにした時は216倍の粒子数に

 

写真の資料をよく見てもらいますと、全粒というのが砕いていないコーヒー豆となり、レギュラー用がいわゆる中挽きの粉にしたコーヒーとなると思います。(たぶん。ドリップ用は細挽きのことかなと。)

 

1グラムあたり6粒の豆が、ミルにかけて中挽きにすると1296粒子数となりその数はなんと216倍にもなります。

 

6粒の豆が、中挽きにすると1296粒になるのです。

 

表面積は6倍になり、それだけ空気に触れる面も増えるということです。
ここでは微粉とかかれていますが、エスプレッソなどに使う超細挽きは、1グラムあたり6粒のコーヒー豆が、24572粒になるということを書いています。

 

実際に数えたのどうかは知りませんが、その数が事実だと思うと本当にすごいですよね

 

100グラムの豆を粉にすると粒子数は129600粒

 

100グラムのコーヒー豆をお店で計ってもらい、そしてそれをコーヒーミルにかけて粉にしてもらいました。

 

100グラムは600粒のコーヒー豆で、それを中挽きの粉にするとなんとその袋には、129600粒のコーヒーの粉が入っているということになります。

 

なんかすごい世界ですね。

 

これが表面積はどんなことになるのか、数式はよくわかりませんが、この粒子数を見ただけでも、すごい増えているというのがわかるはずです。

 

先ほども書きましたように、それだけ空気に触れる面積も増えるということ。
それは酸化することで、劣化スピードは?

 

そうです、早くなるのですね。

 

それを食い止めるために有効なのは冷凍保存、コーヒーの粉の場合は必ず冷凍庫で保存をして欲しい、ということなんですね。

 

冷凍保存する場合、使うときは常温に戻す必要はありませんので、そのまま粉をドリッパーなどにセットし、セットしたら直ぐに冷凍庫に直す、この習慣を付けてもらえばオッケーです。

 

数字みると本当にすごいですよね、粉で購入して、おうちでその粉をお使い方は冷凍保存でお願いしますね。
美味しいコーヒーライフ、楽しんでくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

高槻店と岡町本店は通常営業です

お電話やお店ででも、よく聞かれますので、改めてご連絡を。 高槻店と岡町本店は、通常営業しております。

記事を読む

クリスマスケーキにあうコーヒーは何?

プロローグ 月曜日は島珈琲のお休みになりますので、一足お先にクリスマスパーティを家族でしました。

記事を読む

名門コーヒードリッパー、沢山入荷しました

今月の黒板ができました。     僕が一番大好きなキャッチコピー、12

記事を読む

コーヒーメーカーを買おうと思ってます

お花を頂きました。 島珈琲高槻店のお隣さまからです。   朝、焙煎が済んで掃除をしていたら

記事を読む

お店によってコーヒーの味わいの違いがあるのは、焙煎機のせいでもあるのです

プロローグ コーヒーの味わいが違うのは、コーヒー豆の違いでブラジルとかコロンビアとかもありますが、

記事を読む

コスタリカ 来期分を確保しました

昨晩、YouTubeのタイムラインに高橋真梨子さんのソング集のチャンネルが流れてきたのです。 そこを

記事を読む

焙煎する前のコーヒー豆、コーヒー生豆の消費期限は?

プロローグ コーヒーを焙煎する前のコーヒー豆はこんな感じです。   はじめはグァ

記事を読む

100g から販売してくれるって親切ですよね

ブログを書くとき、ネタはお客さんとの会話からヒントをもらうことが多い僕です。  

記事を読む

コーヒーの美味しさはこんなところでも決まるのですというお話

コーヒーの味わいはどこで決まると思いますか。 もちろん、どのパートも大事です。 &nbs

記事を読む

コーヒーを焙煎する焙煎機による味の違い 

プロローグ 今年の夏はちょっと違う。大阪は通年以上に湿度を感じ、同じ温度でも重く苦しい暑さになって

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
テクニックの前にまず保管とか保存が重要なんです

本日、火曜日はYouTube自家焙煎島珈琲chの動画を撮る日です。 火

コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

→もっと見る

PAGE TOP ↑