*

四季による味わいのズレ ブレンドの修正はどうやってるの?

公開日: : coffee

コーヒー豆の配達へ。

 

ご近所のカフェやレストランには、出来る範囲でですが、コーヒー豆の配達をしております。
バイクや徒歩で配達。

 

特に範囲を決めているわけではありませんが、お店が終わったあと、帰宅する前にバイクでお店におうかがいする、または奥さんに自転車で持っていってもらう、わざわざお店に取りに来て頂いている、とこんな感じで緩くしております。

 

配達したときは、時間が許す限り、オーナーさんとお話をさせてもらうのですが、高槻・茨木は6月の地震から災害続き、今回の台風の被害も大きく、話す内容は、下向きになる話題が多くなっています。

 

僕もまったく被害がないわけではありませんが、自分が出来ることはまわりを明るく蘇生することくらい。
一緒にうつむきたくなりますが、まずは笑顔、僕から笑顔で何事にも接すること、心がけています。

 

とりあえず笑顔から。
笑顔でいるからこそ、良いことがある、と信じて。

 

こんにちは、焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

四季による味わいのズレ ブレンドの修正はどうやってるの?

 

ブレンドとは、2種類なり3種類なり、違う産地のコーヒー豆を合わせて、新しい味わいを作ること。
もちろん、2種類とか3種類とか、その数に定義はありません。

 

僕がブレンドするのは、2種類か3種類のどちらかになります。

 

コーヒー豆も農産物です。
同じ国、同じ地方、同じ農園でも年が変われば味わいも違いますし、同じ年のものでも倉庫での管理状態などで味わいは変わってくるものなのです。

 

ですので、同じ味わいというのは基本的に存在しない、と僕は考えます。
もちろん似た味わいではありますけどね。

 

同じ農園ならまだしも、同じ農園のものが何らかの理由で購入することが出来なくなった、ということは多々あります。

 

買い付けは商社さんにお任せしているので、商社さんが買えなかったら、僕も買えないということになります。

 

味わいの調整はブレンドの配合を調整する

 

例えば島珈琲の人気NO.1のブレンド、ブレンド花というブレンドがあります。

 

こちらは中焙煎=中煎りのブラジル50%:コロンビア25%:タンザニア25%で以前は構成しておりましたが、タンザニアが以前使っていたものと少し味わいが変わりました。

 

そうするとブレンドの味わいも微妙に変化するわけで、その時配合を少しいじって、僕の求めるブレンド花の味わいに調整するのですね。

 

今回はタンザニア特有の味わいがわりと強くでるので、それを抑えるのに、タンザニアを20%にしてコロンビアを30%に変更しました。

 

すると、バランスが良くなり、これぞ僕が表現したい味わいのブレンド花になるのですね。

 

といったように、それぞれのブレンドを時々そうして調整しています。
多少、味わいに違いはありますが、それはそれで、その年の、四季の味わいの違いを楽しんでもらうことにしております。

 

ということでですね、手に入る原料のタイミングや、四季によってブレンドの味わいも変化するので、奥が深いです。
美味しいの笑顔がある生活をお届けするために、日夜ブレンドの味わいの調整に励む、島であった。

 

この話、完。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

エクスマで繋がる 塩コーヒーだなんて、そんなバカな!

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生とエクスマの講師、ハッピー薬品の橋本亨さん、佐藤ゆか

記事を読む

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさせてもらいました。  

記事を読む

結婚をお手伝いした、ちょっとイイ話

プロローグ 「先日はありがとうございました。おかげ様で上手くいくことができました!」 満面の笑み

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

コーヒーの粉の微粉とはなんぞや

昨日はお休みで浜松で開催される浜松エクスマLIVEへ、セミナーを受けに行ってきました。 マーケティ

記事を読む

バリスタでもあり、ブレンダーでもあり、ロースターでもあり、そして経営者でもある

よくよく考えたら、いろんなことをしてるんだと思った、そんな今回のお話。   バ

記事を読む

冷凍庫に保存しているコーヒー豆、いつまで大丈夫?

最近、ブログを読んでくださる方のセッションという数字、たぶん訪問者数と同じだと思っているのですが、一

記事を読む

エスプレッソのお湯割りって知ってる?

先日のお休みに、娘の自転車の練習をしました。 娘は今まで「こまあり」の自転車に乗っていて、それを取

記事を読む

コーヒーは1日何杯まで飲んでいいの?

さて、連日フェイスブックやツイッターなどでお送りしている、あの芸能人こと、短パン社長 奥ノ谷圭祐さん

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒー豆・粉を保存する時に注意すること

昨晩は友達と忘年会。 実は僕、牡蠣が食べられないのです、が、今回は牡蠣

まずはウェブから!価格を内税表示にします

最近、娘が将棋にハマっています。 昨晩も一局指しました。  

教えるとは教えられること

昨日は高槻芥川町にある食のセレクトショップ&カフェ テマヒマさんで、ワ

やっぱり質問が多いのはコーヒー豆、粉の保存方法

店頭で販売する楽しさは、お客さんと会話すること。 だいたい天気や気候の

ミルの相談も喜んで!

こう見えて岡町本店、行列が出来たりするお店なんです。 というのも、お店

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑