*

コーヒーにも日本の東と西とで、味わいの好みは違うのか

公開日: : 最終更新日:2017/11/05 coffee ,

最近、誤字脱字が多くてすみません。

 

パソコンでブログを書き、プレビューでチェックして、アップした後スマホで見てもう一度チェックしているのですが、それでも家に帰ってから何気なくブログを読んでいたら、誤字・脱字があるあるある。

 

恥ずかしくなるし、ボタンの掛け違いのように、自分が伝えたいことと違い、読み手が受け取る意味も変わるのではないか、そんなことを思ったりして反省しております。

 

ちょっと気を引き締めたいと、改めて思っております。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

うどんの出汁のように関東と関西、東と西でコーヒーも好みは違うのか?

 

今日は割とどうでもよいお話ですね。(笑)
さておかげ様で、沖縄から北海道と通販で全国へ発送するようになりました。

 

ほんとうにありがたいお話です。
島珈琲の様な夫婦でこじんまりと営業しているコーヒー豆屋が、全国のお客さんからご支持を頂ていること、心から感謝しております。

 

そうして全国に発送するようになりまして、コーヒーも地域によって好みの傾向があるのかということをちょっと考えてみたのです。

 

あると思いますか?
うどんの出汁などは、薄いとか濃いとか地域によって差がありますよね。

 

コーヒーはどうなのか。
うーん、そうですね、通販で見ている限りわかりません!

 

あっさり中焙煎、苦味とコクの深焙煎。
お店で立っていると、関西圏は(業務用卸しも含めて)やや深焙煎の方を選択される方が多いかな、と感じたりしています。

 

今年10月に、東京で短パンコーヒーツアーを連れて行って頂いたときは、去年に比べ流行であるサードウエーブの影響は、少し変化があったように感じました。

 

特に中煎り浅煎りだけ、という感じがしなかったように感じました。
一部分だけを見て決めることは出来ませんので、あくまでも僕の主観ということになること、ご了承を。

 

こういう違いはありますね

 

商社さんからの話を聞き売りになりますが、関西ではアイスコーヒーなど液体なった加工品はよく売れるそうですが、関東の方では関西ほど売れない、と聞いたことがあります。

 

リキッドアイスコーヒーとかのことですね。
これも好みや地域の傾向ですね。

 

僕が15年前に開業した頃は、関西ではコスタリカはあまり売れないと聞きました。

 

これは当時のコスタリカの知名度の問題だと思うのですが、近年ではサッカーやスポーツでもコスタリカという国の名前は聞くようになりましたし、コーヒーの銘柄でもよく聞くようになりましたからね。

 

はっきりした味わいで別れている、ということはないように思います。

でも東北や北海道など北の冬が寒い地域などは、深煎りの苦味のあるコーヒーの方がお好み、という方がひょっとすると多いかも知れません。

 

寒い土地、暑い土地で料理の味付けが違うので、気温による味わいにおける別れ、はあるかも知れませんね。

 

答えになっておりませんが、地域で好みの味わいは違うのか、そんなことを考えたブログでした。

 

今日も1杯のコーヒーに癒されてくださいね。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

プロが見る!おうちで美味しくコーヒーを飲むために1番大切なことは何?

先日、たこ焼きを買い娘へのお土産にしたところ、えらく喜び、先日から「父ちゃん たこ焼き買って来たの?

記事を読む

ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社会貢献部の話です。 「高槻店

記事を読む

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さんでお使いくださる、コーヒーの

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

コーヒーを淹れるお湯の温度

 たまにはコーヒー屋らしく コーヒーの記事を今日は コーヒーを入れるお湯の温度はいったい何

記事を読む

焙煎度合いの異なる同銘柄のコーヒーを飲み比べると、違いがわかる

昨晩テレビを見ていました。 それはアメリカの不動産の女王が、女王まで登りつめ、そして転落していくス

記事を読む

コーヒーメーカーとハンドドリップ、同じ味わいにならないのはなぜ

僕のフェイスブックのコメント欄に、タイトルのような質問をお受けしましたので、今回はこのテーマ、コーヒ

記事を読む

味覚は皆一緒? 実は性別年齢別に味の好みは違うんです

大阪は心地良い天気で行楽日和 自転車で来る道は風が気持ち良く 今朝の焙煎も気持ち良くはかどりました 

記事を読む

コーヒーのブレンドとは、チームワークです

プロローグ コーヒーブレンドとストレート、違いは何か?ストレートとはブラックで飲む事もそう呼ばれま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

億劫になる前に

最近、糸井重里さんのほぼ日刊糸井新聞の今日のダーリンを読んでいます。

コーヒーミルを手入れするのに役立つ道具たち

昨日から高槻店の焙煎機のメンテナンスに入りました。 と言っても、営業

→もっと見る

PAGE TOP ↑