*

お客さん目線になるということは、どういうことか

公開日: : 焙煎アーティスト

「焙煎アーティスト」とは何かの資格ではなく、登録商標したものなんですね。

 

日本で唯一人、っていえるのも登録商標したからなんです。
焙煎士には特に国家資格はなく、いわゆる業師(わざし)にあたるのですね。

 

業師とは技を持っている人のことを意味し、何年やったとか、陶器などの焼き物をされている方などは作品などで評価される感じで、その資格の基準のようなものはなく、あいまいです。

 

焙煎アーティストというのも業師にあたります。
アーティストです、表現者ですね。

 

それでその登録商標は10年が期限で、なんとか料を10年分一括に支払うこともできれば、5年ごとに料金を分割できたりもします。

 

僕は5年ごとを選び、その5年がもうすぐなんです。
なのでお支払いを忘れないように、その登録商標証をフレームに入れて飾りました。

 

なんか資格みたいになったでしょ(笑)

 

 

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

登録商標証を飾ってふと気づいたこと

 

上の写真をよく見て頂きたいのですね。

 

どの名前が一番大きいですか?
そうなんです、特許庁長官のお名前がデデーンとあります。

 

皆さん、これをどう思われますか?
僕はこれは違うのでは、むむむと思いました。

 

あくまでもお商売目線で言うと、この場合商標を受けた「焙煎アーティスト」やその商標登録をした僕、島規之の名前の方が大きくするのが、その登録商標証を手にした人が喜ぶのでは、と思うのです。

 

特許庁長官のお名前が大きいの何故か?
何ででしょうね、ここは皆さんの思うところにお任せします。

 

誰のための証なのか、誰が喜ぶ証なのか、証を出すならばここのところを考えるのが、お客さん目線だと思うのですね。

 

これは自分たちが扱う商品だって同じこと、と僕は考えます。

 

誰が喜ぶのか、が大事

 

好きな人が笑ってくれたら嬉しいじゃないですか。
その好きな人を笑顔にしよう、笑ってもらおう、といろいろ工夫したこと、過去に皆さんあるかと思います。

 

お商売だってそう、誰かを笑顔にしたいでしょ、喜んでもらいたいでしょ、これはお商売だけでなくお仕事全般に言えることですよね。

 

自分だったらそれをしてもらったり、もらったり、買うときにどうあったら嬉しいか。
この視線が僕は大事と考えて、お店に立っています。

 

決して自己満足ではなく、相手が喜ぶことを想うこと、これが大切。

登録商標証を見て、そんなことを考えておりました。

 

といっても、僕もまだまだ。
というより、お客さんが喜ぶこと、お客さんが笑顔になること、は僕のお商売の中での「永遠のテーマ」 頑張ります。

 

自戒も込めて書きました。

 

それでは。

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎したコーヒー豆を手選別(ハンドピック)する理由

プロローグ ご存じですか、コーヒー豆を焙煎している間は、職人さんは何をしているのか? 他の方は知

記事を読む

モノも人も大事な事は「聞く」こと

プロローグ 最近、ツイッターをめちゃめちゃ楽しんでいます。 文字数が140字と決まってい

記事を読む

日本で唯一人 焙煎アーティスト 島規之

先日、島珈琲の会計をお願いしている、犬飼会計事務所の犬飼さんとご飯をご一緒しながら、島珈琲の法人化に

記事を読む

なぜコーヒー豆は購入する都度に挽くのか?

プロローグ コーヒー屋、コーヒー専門店にとって基本中の基本であり、その都度挽かないってどうなん?と

記事を読む

技術がモノになるとき

島珈琲高槻店は、2012年11月21日にオープン。 高槻店にも新調した焙煎機を設置。  

記事を読む

味覚の仕事をしている方にオススメ!シャボン玉せっけんハミガキがいい!

実は僕、9年前くらいになると思うのですが、下顎に腫瘍ができて取り除く手術をしたのです。 &nb

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

厚手のカップ 薄手のカップ どっちがいいの?

プロローグ 寒いのが苦手の僕です こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 三寒四温の時季が近づ

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

ブレンドの作り方 考え方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 高槻店での喫茶部門 夏のナ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ぺーパードリップとフレンチプレス どっちがいいの?

昨日はお休みでした。 家族で娘が観たいという、プリキュアの映画を観に行

趣味を仕事に生かすには、を考えた (3093)

さて本日は、お休みです。 火曜日から土曜日までは高槻店。 高槻店は日曜

マンデリンをハンドドリップするとき、なんでフワッとしているのか(3092)

実は、って大したことないけどですね、コラムが好きなのです。 読むのが好

小さいお店のキャッシュレス化の未来について考えた

昨日はお休みを頂きありがとうございます。 とっても良い卒園式でした。

あなたは、あなたらしくいること

本日は高槻店臨時休業を頂きまして、娘の幼稚園の卒園式へ行ってまいりまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑