*

お客さん目線になるということは、どういうことか

公開日: : 焙煎アーティスト

「焙煎アーティスト」とは何かの資格ではなく、登録商標したものなんですね。

 

日本で唯一人、っていえるのも登録商標したからなんです。
焙煎士には特に国家資格はなく、いわゆる業師(わざし)にあたるのですね。

 

業師とは技を持っている人のことを意味し、何年やったとか、陶器などの焼き物をされている方などは作品などで評価される感じで、その資格の基準のようなものはなく、あいまいです。

 

焙煎アーティストというのも業師にあたります。
アーティストです、表現者ですね。

 

それでその登録商標は10年が期限で、なんとか料を10年分一括に支払うこともできれば、5年ごとに料金を分割できたりもします。

 

僕は5年ごとを選び、その5年がもうすぐなんです。
なのでお支払いを忘れないように、その登録商標証をフレームに入れて飾りました。

 

なんか資格みたいになったでしょ(笑)

 

 

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

登録商標証を飾ってふと気づいたこと

 

上の写真をよく見て頂きたいのですね。

 

どの名前が一番大きいですか?
そうなんです、特許庁長官のお名前がデデーンとあります。

 

皆さん、これをどう思われますか?
僕はこれは違うのでは、むむむと思いました。

 

あくまでもお商売目線で言うと、この場合商標を受けた「焙煎アーティスト」やその商標登録をした僕、島規之の名前の方が大きくするのが、その登録商標証を手にした人が喜ぶのでは、と思うのです。

 

特許庁長官のお名前が大きいの何故か?
何ででしょうね、ここは皆さんの思うところにお任せします。

 

誰のための証なのか、誰が喜ぶ証なのか、証を出すならばここのところを考えるのが、お客さん目線だと思うのですね。

 

これは自分たちが扱う商品だって同じこと、と僕は考えます。

 

誰が喜ぶのか、が大事

 

好きな人が笑ってくれたら嬉しいじゃないですか。
その好きな人を笑顔にしよう、笑ってもらおう、といろいろ工夫したこと、過去に皆さんあるかと思います。

 

お商売だってそう、誰かを笑顔にしたいでしょ、喜んでもらいたいでしょ、これはお商売だけでなくお仕事全般に言えることですよね。

 

自分だったらそれをしてもらったり、もらったり、買うときにどうあったら嬉しいか。
この視線が僕は大事と考えて、お店に立っています。

 

決して自己満足ではなく、相手が喜ぶことを想うこと、これが大切。

登録商標証を見て、そんなことを考えておりました。

 

といっても、僕もまだまだ。
というより、お客さんが喜ぶこと、お客さんが笑顔になること、は僕のお商売の中での「永遠のテーマ」 頑張ります。

 

自戒も込めて書きました。

 

それでは。

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

週1回の営業で宣伝もせずお客さんが増える理由

島珈琲の開業は2002年3月29日。 スタートは岡町本店からでした。   開

記事を読む

不器用だっていいじゃあないか

新しいブログに引越してからしばらく経ちました 本心は引越しても今までのお客様が 変わらずに読んで

記事を読む

コーヒー焙煎を、ものつくりを成功させるために、僕がやっていること

ほぼ毎日、こうしてブログを書くことが好きで、仕事の一環としてやっているけども、実は趣味性が高かったり

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

お店によって贔屓にしているコーヒー豆の銘柄ってあるの?

島珈琲のような個人店の場合のお話。   大手などはあまりこういうことはないかと

記事を読む

コーヒーの苦味には2種類あって、焦げた苦味も存在する

プロローグ ブリュレのキャラメリゼ つまり焦がしアメですね、これを作っている時にふとコーヒーに置き

記事を読む

ひとこと あるかないか で 人は変わる

ブログを移転して2回目 スマートフォンでは見やすくなったと思います スマートフォンとパソコンの画

記事を読む

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ 今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。 どうした

記事を読む

お店によってコーヒーの味わいの違いがあるのは、焙煎機のせいでもあるのです

プロローグ コーヒーの味わいが違うのは、コーヒー豆の違いでブラジルとかコロンビアとかもありますが、

記事を読む

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそうではなく、なんかバタバタしてい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
汝の今いる所が汝の世界である

地震があって、大雨があって、猛暑があって、台風があって。 なんか今年

出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

→もっと見る

PAGE TOP ↑